FC2ブログ

SHEPのメンテナンスをしました



2020年1月も後半になりました。今日は東京もかすかに雪が降っています。

さてまたご縁があってSHEPのメンテをさせていただきました。
IMG_5712.jpg

1073ぽいのですがどこにも1073と書かれていません。
機能も大まかには似ていますが、EQが1バンドLowMIDが追加されています。その代わりHPFがロータリースイッチからプッシュスイッチになってポジションが簡略化されています。
HPFは30Hz、100Hzのスイッチがあり両方押すと300Hzになります。HPFにうるさい私もこれなら大丈夫そうです(笑)

さて、メンテ内容です。ご依頼はトグルスイッチのガリが出る、あとは全体的にということでした。
やった内容は

つまみの清掃、
スイッチなどの接点の洗浄
HPFのチェック、ツマミが逆になっており変更。1ch目(上のch)は配線間違いにより変更
EQアンプ部分のフィルムコンデンサがオリジナルと違う種類がついていたため変更
発熱部分周辺の電解コンデンサの劣化が確認されたため合計8個新品交換
2ch目(下のch)のトグルスイッチ不良のためフェイズ、EQスイッチの新品交換
f特測定

などなど、、

HPFに関してはツマミは30と100がついていますが、まさかの逆についていました、、、
f特を見ていて気づいたのですが30を押すと100Hz、100を押すと30Hzになります、、
とりあえずツマミを入れ替えて解消しましたが、1ch目はどちらを押しても100Hzになります。
2ch目と見比べると配線が違うようでどうやら間違えている印象。2ch目と同じに直して問題解決!これはいつからなのでしょう。出荷当時かな?

NEVEと言えどもSHEPはまだ新しい方なのかな?電解コンデンサはそんなに死んでる印象はありませんでしたが出力段のパワートランジスタの発熱部分付近のコンデンサは容量が減っていたため交換。

トグルスイッチは2ch目がガリが出ていたので日本製のものに交換。

f特測定。2ch目が80Hzくらいから6dB/octのフィルタが入っていたので部品の劣化かなと思って外しては測定を繰り返しましたがそのうち正常になってしまいました。おそらく半田の不良だったのだと思います。

f特は全ての条件で測りましたが一部をこちらに載せます。
200115_SHEP_2chMic.png
まずmic preのf特です。たしか600Rの負荷だったと思います(笑)
f特は下から20dB、、、上が55dBです。おおむね600R負荷で60kHzまで伸びているかと思います。

200115_SHEP_2chLowMID.png
次は足されたLow MIDのf特
ピーキングEQは基本的にハイの周波数をコイル(インダクタ)で、ローの周波数をコンデンサで決めますが、6ポジションのうちコイルが共通になっている部分があります。つまりコンデンサのみで中心周波数を変えています。

カーブの山を見ればわかりますが、カーブの左部分の肩はポジションと同じく6本ありますが、右部分の肩は4本です。つまり2本が共通ということですね。
これはどういうことかというと、ポジションによってQが違うということです。それも見ればわかります。これは1073も一部そうです。これがNeve EQの特徴の1つかもしれません。

SSLはコイルを使わずにシミュレーテッドインダクタと言ってオペアンプでコイルの代わりをしています。全帯域でコンデンサの要素とコイルの要素を同時に動かしているので、周波数を動かしてもQが綺麗についていきます(笑)

半田付け好きな方はこの半田ごてを買いましょう。
こちらは温調なので昔は20W、40W、60Wと持っていましたが、これ一本で基板からケーブルまでなんでもいけます。「こて先」は適宜変えてください。



BAE 3405のメンテをしました。



おかげさまで、最近メンテナンスの依頼も増えてきました。
と言っても知り合いが多いのですが。

今回はBAE 3405です。
BAE_3405.png
BAEは名前が変わりましたがBrent Averill(ブレント アベリル?)というやつです。
あーこれよく見るやつだ!使ったことある!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、有名なのは1272というモデルでNeveのオリジナル1272をノックダウンしたものだと思います。

見た目は全く同じですが、今回は3405というモデルでどちらもNeveのコンソールのどこかのラインアンプ部分かと思います。入力トランスと出力トランス、ディスクリートのゲインアンプと出力段のバッファアンプという感じです。

今回の依頼はフロントのフォンジャックの接触不良ということでしたが、チェックして見るとゲイン用のロータリースイッチに割とガリがありました。

フォンジャックはぼちぼち特殊で基本はモノジャックで端子は2つですが、差し込まれるとさらに2つある端子が離れるという仕様。特殊ですがメーカーのラインナップ品なので需要はあるのでしょう。
IMG_4990.jpg
付いていたものです。端子が4つあります。

ゲインスイッチは2回路11接点でこちらも少々特殊。
IMG_4989.jpg
右がついていたもの(安そう)で、左が今回交換したもの(写真は1回路11接点)。
交換したものは以前Neve系の製作用にヨーロッパから取り寄せたものの残りで、オリジナルの1073とかにも使われています。先日の33115にも使用されていました。

メンテというとコンデンサ交換が思いつきますが、コンデンサは交換されていました。
そしてもちろんf特や電源波形をチェック見ましたが特に問題なさそうでした。

接点系も重要です。できれば交換するのがいいですが、交換が難しい場合は接点を洗浄するのもやらないよりはましです。
アウトプットボリュームは密閉型の割と良さそうなものが使われており、ガリもありませんでした。

これでまた活躍してくれます。

一点気になったのはフロントの入力はハイインピ受けというわけではなさそうで繋げられるのはシンセとかかなと思います。エレキをつなぐ場合はアクティブのものか、バッファをかますか、DIをマイクインで受けた方が良さそうです。

ちょっとしたProToolsのオフラインバウンスの速度検証



みなさま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

twitterでは割と暇っぽく書き込み多めでやっておりますが、blogは意外と更新できておりません。
今年はblogも多めでいきたいと思います。

さて今回はprotoolsのオフラインバウンスの速度について検証して見ました。
エンジニア仕事では意外と2時間とかのライブものも多く、ラフとかチェックではオフラインでやってますが速いに越したことはありません。

そこでざっくりと検証して見ましたのでメモ程度に残しておきたいと思います。

IMG_5705.jpg
※イメージ

最近mac pro 2019が出て最高500万円とかで話題になっていましたが、あれにするとオフラインバウンスも早くなるのかなと思っていました。
ただ押さえるべきポイントを押さえると今の環境でも速くなったり、ポイントを間違うと500万円mac proでも遅いままだったりすると思い、今回ライブミックス仕事のついでに少し実験して見ました。

環境はスタジオのmac pro 2012(Xeon,メモリ32GBくらい)+HDXだったり、
家のmac mini2012(Core i7 2.6Ghz,メモリ16GB)+Protoolsノーマルだったりします。

速度は意外と家の方が速かったです。スタジオが2,8倍くらいで家が3,3倍くらいでした。
スタジオはmac pro自体にUSB3,0がついておらず拡張PCIでUSB3,0になっています。protoolsのセッションを入れているワークHDDは持ち運びできるようにポータブルのUSB3,0ケース+2,5"HDD 7200rpmなのでUSBの相性なのかなと思います。
またはHDX環境ではHDXで動くプラグインは勝手にAAX HDXに置き換わるのでそこがネックになっている可能性もあります。UADもオフラインバウンスは遅いイメージです。

どちらにせよあまり速い印象ではないので2つに共通しているHDDがネックになっているのではないかと思ってきました。
家で作業するときにMac miniのOSが入っているシステムディスクはSSDなので(mac miniに内蔵)そちらに40GBほどの同じセッションデータを移してみて再度検証するとなんと8倍まで速くなりました。

HDDの時も最初は8倍程度まであがりますが数秒で3倍くらいまで落ちました。
SSDは落ちることがほぼなく7倍くらいの速度で終わりまで行きました。この差は割と大きいと思います。2時間のもので20分以上変わってきます。これを何度か繰り返すと思うと数時間節約になります。

Mac純正のアクティビティモニタというappでCPU使用率も見ていましたがHDDの時は100%前後しかいかず真価を発揮できていない印象(8スレッドなので800%まで行きます)。
SSDにすると300%まで上がりました!

SS20200110.png
アクティビティモニタ

ちなみにマスターにOzone8 advを入れていましたが、オフにするとオフラインバウンス速度は10倍に、ディスクの動作はあまり変わらずCPU使用率は500%まであがりました(笑)
Ozone8自体はディスクではなくメモリに依存しているのかもしれないです。
FG-Xも遅くなる印象です(何に依存しているのかは検証していません)。

今回のセッションはトラック数が60くらいあったのでもう少しすくないと結果が変わってくるのかもしれないですね。

ということで速度を上げたい場合は
○システムに限らずワークもSSDにする(接続も速いやつ、トラック数が多いとなおさら)
○軽めのプラグインを使う。

プラグインが2択でどちらでもいいなんて時は速度を気にしつつ選ぶのもいいかもしれません。普通の5分くらいの曲であればなんでもいいですが、、、
500万円のMacproを買ったところで今回のワークHDDを使ってしまうとあまり意味がなくなってくるかもしれないです。
CPU、メモリ、HDD、どれも最強にするのが一番ですが、状況によってはHDDが重要なんだなと思いました。

できれば60倍くらい目指したいですね!!(笑)

DBXのコンプの違いを整理しておきたい!(2019.12.29書きかけ)



ヤフオクでDBXのコンプをよく見るのですが違いがいまいちよくわからないので、よく見るものだけでも整理しておきたいなと思います。

その他は公式をご覧ください。
現行機種
https://dbxpro.com/en/product_families/dynamics-processors
ディスコン機種
https://dbxpro.com/en/discontinued_products

初めからすべて書くのはやる気が持たないので徐々に。。。
希望などありましたらお気軽にコメントなどください。
ちなみに私は166Aというモデルをヤフオクで買って見たのですが、こだわりはありません。。
並び順は年代、型番、種類などを考慮してます。

160 VU COMPRESSOR/LIMITTER
DBX160VU.jpg
1976年発表
wavesでも有名な2Uハーフラックモデル。
スレッショルド、レシオ、アウトプットゲインのみ。

162 STEREO COMPRESSOR/LIMITTER 
2U 2ch
スレッショルド、レシオ、アウトプットゲインをステレオで1つのツマミ。

165A OVER EASY COMPRESSOR/LIMITTER 
2U 1ch

160SL COMPRESSOR LIMITTER
DBX_160SL.jpg
2U2ch Blue 定価50万円弱?
Jensenの出力トランス。専用のVCA「V8」

162SL COMPRESSOR LIMITTER
DBX_162SL.jpg
2U2ch Violet 定価30万円?
Jensenの出力トランス。

160X
1U1ch 定番のコンプ
アタック/リリースなし。GRメーターとレベルメーター独立。
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。
日本版とUS版?がある。メンテした時は電源トランスの違いで日本版の方がノイズが少なかった印象。

160XT COMPRESSOR/LIMITTER
DBX_160XT.jpg
1U1ch
特徴は160Xにほぼ同じ。

160A COMPRESSOR/LIMITTER
dbx_160abb_la.jpg
1U1ch 実売45,000円
特徴は160Xにほぼ同じ。

166
1U2ch

166A COMPRESSOR LIMITTER
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター
OverEasyある。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースなし。

166XL Compressor/Limitter/Gate
DBX_166XL.jpg
1U2ch エキスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 定価 約25,000円
OverEasyあり。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースあり。

166xs Compressor/Limitter/Gate
DBX_166xs.jpg
1U2ch エキスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 実売2万円前後
OverEasyあり。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?

262 Compressor/Limitter
1U2ch

266XL Compressor/Gate
DBX_266XL.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、 定価3万円弱?
コンプ部アタック/リリースあり

266xs Compressor/Gate
dbx_266xsdd_la.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ 実売1万円前後
リミッターなし、コンプ部アタック/リリースあり。現行品

1046 Quad Compressor/Limitter
DBX_1046.jpg
4ch コンプ、リミッター 実売6万円前後
OverEasyある。LEDのGRメーターとレベルメーター独立。
コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。

1066 Compressor/Limitter/Gate
DBX_1066.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 実売6万円前後
OverEasyある。LEDのGRメーターとレベルメーター独立。
コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。

903
DBX900シリーズ規格1ch

560A
DBX_560a.jpg
APIランチボックス規格1ch 実売2万5千円前後
基本的に160Aのランチボックス版。現行品

Urei 1178のメンテをしました。



ご縁があってUREI 1178のメンテナンスをさせていただきました。

IMG_5530.png

症状は以下
○各部ガリが出ている
○メーターの調整
○その他全体的なチェック

ガリはボリュームとスイッチ類ですが、ボリュームは変なものをつけるとカーブが微妙に違ったりしますので互換品に交換。ないものは洗浄します。
スイッチ類も洗浄。

メーターは内部で調整します。外のメーターのトリムは触ってはいけません。
調整で使用する内部トリムはいくつかあります。
FETのバイアス調整、トラッキング調整、CMRRの調整(同相ノイズを下げる)など。
全体的に調整が終わってからGRメーターのゼロを調整します。

全体的なチェックは主にコンデンサが死んでないかです。
電源波形をオシロでみたり、f特と位相、歪率を200kHzあたりまでみます。オーディオインターフェースでは無理です。
その他汚れていたら洗浄など。

今回は部品交換などはあまりなかったので数万円でした。

メンテ、MODに興味のある方はご相談ください。
修理は基本的にまずは正規代理店にご相談ください。修理するには回路図、部品、ノウハウなどが必要です。
治らない場合、悪化した場合も工賃、送料が発生します。
発送される際は故障のないよう厳重に梱包ください。梱包不良による破損は発送者側で負担となります。