FC2ブログ

Canonのミラーレス一眼買いました!



今回はShinya's Studioの機材ではなく、Canonのカメラについての記事です。機材についてのみ興味のある方はスルーしてください(笑)今回はカメラについてのみ書きます!

さてついにCanonのミラーレス一眼を買いました!


私の一眼レフ歴としては
Canon EOS kiss F
Canon EOS kiss X6i
そして今回のCanon EOS kiss Mとなります。

電気屋さんで見た時は白のモデルしかなくボディはプラスチックで光沢仕様だったのでしょぼかったのですが、黒はマットでかっこいいです!

ミラーレス一眼といえばソニーの一択となりつつありますが理由をお聞きください(笑)
今回カメラを買った理由は旅行など外出時に軽いカメラが欲しかった。そしてCanon EF-M 22mm f2.0というレンズが個人的にかなり前から気に入っていました。そこでボディもCanon一択だったわけです。

SONYのミラーレスのα7シリーズはいいのですがやはり高いのと、フルサイズなのでセンサーが大きくて綺麗なのですがレンズも大きくなり重くなります、、、

EF-M 22mm f2.0はパンケーキレンズということですごく薄くて軽い!EOS kiss Mもミラーレスで軽いので全部で超軽い!
22mmという割とAPS-Cでは使いやすい広さでF2.0という明るさは個人的には神レンズです。
他にEF 50mm F1.8という安いレンズがありますがAPS-Cで50mmはかなり望遠です、、、
このレンズはそれこそカフェでシャレオツなカプチーノを撮る女子に向いています!(笑)

というわけで早速写真を撮って見ました!
IMG_1583.jpg 

実はレンズ自体気に入っていてすでにレンズだけ買っていました。ボディは当時まだいいのが出ていなくてM2とかM3という以前のモデルをレンタルして試していました。なのであまり感動はありません。

今回購入に至ったわけはkiss Mになって液晶がバリアングルになったこと。
以前のミラーレスモデルは液晶が動くものでもチルト式というタイプで上下にしか傾けられませんでした。今回はX6iと同じく左右にもできます!

あとミラーレスのデメリットであるファインダーがないのでEVF搭載な点。ついていないモデルorオプションのモデルもあります。

そして一眼の心臓部である映像エンジン(パソコンで言うCPU?)がDIGIC8になりました!
X6iはDIGIC5です(一気に3つ上がりました)。
DIGICが新しいとどうなるかというと連写性能があがったり、暗い時にゲインを上げた時のノイズが少なくなったり、動画だと今回ついに4Kに対応しています(なんちゃってではありますが、、、)。

先代のX6iと今回のkiss Mを比較をしました。
 
[ kiss X6i ] [ kiss M ]
映像エンジンDIGIC5DIGIC8
動画FHD 30p4K 24P
連写性能5コマ/秒10コマ/秒
最高ISO2560051200
Wifiなしあり
電子水準器なしあり
重量(バッテリー+カード有り)575g387g

ミラーレス用のマウントEF-Mと普通のマウントEF/EF-Sのアダプターも買ってあるのでこれまでのレンズも使えます。重いですが、、、

そして今回買った最大の理由は分割払いです!!(笑)
今回はマップカメラさんで買いました。人気のモデルのようでどこも品薄でしたがマップカメラさんでは在庫がありました。そして48回まで金利手数料無料!さすがに定価6万円なので12回の月5千円で買いました!(笑)一気にハードルが下がりますね!!
マップカメラさんは以前もレンズ?を買いました。なんかおしゃれなコースターが付いてきて好印象だったのですが今回はありませんでした、、、(笑)

ミラーレスはデメリットもあります。

ミラーがないのでファインダーは電子ファインダーになります。液晶をちっちゃくしたやつを覗くだけです。常になにかしらの液晶をみているのでミラーあり一眼より電池を食います、、、

あと電子ファインダーでも本体液晶でも照明がフリッカーを起こしていると撮る時邪魔です(笑)
ミラーあり一眼は撮る時はファインダーでみて撮った確認は静止画なので動画を録る時以外はフリッカーを目視することはないです。

そして一眼レフのいいところはレンズを変えられる点なのですが、ミラーがないためセンサーむき出しになりレンズ交換の時にセンサーに傷がつく確率がぐっとあがります。センサーに傷がついたらカメラとして終わりです、、、普通の一眼レフの場合はミラーがありセンサーの前にカバーがついています。シャッター押した時だけミラーが上がりカバーが開くので2重で防げますがCanonのミラーレスにはカバーすらありません。。。

あと今回のEOS KISS Mになって本体のダイヤルが1つ減りました、、、撮る時にいろいろな設定を各ダイヤルで調整するのですが、ダイヤルの機能を別ボタンで切り替えないといけなくなりました。

と、ミラーレスにはデメリットも多いですが仕事でなにか動きの速いものを撮るわけではないので、それ以上のメリットで今回購入になりました!

世間的にはSONY一択な感じですが個人的にはCanonさんはいいところを言っていると思います。重量的にミラーレスに近いKiss x7とかx9もいいですね。EF-M 22mm F2.0が使えてセンサーが同じだったら欲しかったです。

あとはセンサーにフタをつけてもらってダイヤルを増やしてもらって4Kの60Pに対応していただければ完璧です!APS-Cでお願いします!

持ち歩かずに機材紹介の動画専用ということであればSONYのα7シリーズも欲しいですがレンズを持っていないのでなにかしら合わせて買わないといけません。

というわけでこの日を境にもう少しましな商品画像、商品動画になるかなと思います!
今後とも宜しくお願いします!
ひきつづき動画用の音源募集しております!

電圧電流電力計 PR10-E 購入



こんにちは。今回は商品レビューです。
PR10-Eという測定器を購入しました。まだあまりレビューがないようでしたのでこちらで紹介します。

IMG_0424.jpg 

まず今回の商品は交流100Vの電圧計、電流計、電力計などが同時に見られる測定器です。
実はずっと前からShinya's Studioの商品開発用に電流計を探していたのですがあまりいいものが国内で見当たりませんでした。そこで海外に目を広げてみるとaliexpressという中国マーケットでいいものを見つけました。

IMG_0415.jpg IMG_0414.jpg

このaliexpressはアリババグループが運営する日本でいう楽天みたいなものだと思います。
アリババ自体も商品購入できますがおもにロット1000とか業者向け、aliexpressは個人向けの印象です。当方もすでに何回か利用しておりアメリカでいうeBay的な感じで特に違和感などもありません。

自分的に必要だったのは

1、電圧計、電流計、電力計がついていること
2、それらが全て同時に見られること
3、電圧計は1V単位、電流計は0,1A単位、電力計は1W単位でそれぞれ十分

という内容でした。日本のアマゾンや楽天、ヤフーその他では見つけられませんでしたがaliexpressでようやく見つけました。価格は送料無料、45USDだったかと思います。

この製品は上記の希望を満たすどころか分解能はもっとあります。精度はまだわかりませんが20Wの電球で20Wと出ているので実用十分です。あと説明を読むとパワーレコーダーということで記録してくれたり、電気料金を計算できるそうですがそんな機能は不要です。用途としては機材を製作する上で電源トランスの容量を決定するときの目安にします。

メーカーもZHURUIという中国メーカーっぽいです。中国製というとあまりいい印象ではない方もおられるかもしれませんが、最近の電化製品は中身が中国製ということはよくあると思いますしカメラの機材なども台頭してきています。最初商品画像を見たときにあまりに綺麗だったのではめ込み合成かなと思っていたのですがそのままでした。綺麗な液晶です。日本のサンワサプライとかより全然クオリティが高いです。

型番PR10-Eの末尾「E」はどうやらプラグの種類で決定するようでヨーロッパ向け等にPR10-A,PR10-B,PR10-C,PR10-D,PR10-Fなどもあります。日本向けのものはなくアメリカ仕様の3芯となっています。メス側はそのままで使えますが、オスは変換する必要があります。アースはねじ式で取れますがオスネジが本体側に残る仕様で少し怖いです。取ることは想定してないような気がします。

ただ、3芯のオス側、アースは本体の上にくるのでそのまま壁コンセントにさせるアメリカ本国では、壁コンセントに刺そうとすると本体が上下逆さまになるので不評なようです(笑)そこは中国クオリティなのでしょうかね。

今回はあまりレビューがない中で人柱的に購入してみましたがShinya's Studio的には現状で大満足です。技適やらそこらへんは微妙だと思いますので販売代行業などはしません(笑)購入される方は自己責任でお願いします。

Media Composer First



Media Composer Firstをインストールしてみました。

Shinya's Studioはレコーディング用の機材を製作していますが、一応僕の本職はレコーディングエンジニアですのでAVID ProToolsは普段仕事で使用しています。

Media ComposerというのはProtoolsの動画版でMedia Composer Firstはそのフリー版となります。2017年6月に発表されたようです。Protools Firstというのも同じような感じでフリーでありますので似たような感じで出されたのだと思います。

Media Composer自体使ったことがありませんのでまだ何も把握できていません。実際には動画を作っていく上で理解していくのだと思いますので何回かに分けてレビューできればと思います。ちなみに今まではiMoiveで機材紹介用動画を製作していました。環境はMacMiniでOS10.11(2017/7現在)となります。

Media Composer Firstが発表される前まではiMovie出身者としては将来的にFinalCut Proに移行するか、AdobeのコンプリートにしてPremierでやるかという2択だったのですがProtoolsを使用していますのでMedia Composer Firstが発表されたことで特に抵抗もなくMedia Composer Firstを導入してみました。

iMovieでも動画編集素人としては特に問題なかったのですがあえて不満を書くとすると文字の位置がある程度決められたところにしか打てないということでしょうか。これはMedia Composer Firstをざっくり触ってみたかんじではかなり細かくできそうですが全体の統一を図るには逆に大変そうです。

Media Composer FirstではMedia Composerと違いAVCHDなどはインポートできないようですが、僕は普段からCanon EOS Kiss X6iでMOVでしか撮影してませんので問題ありません。
ただAVIDでAAXプラグインが使えるようですがWavesなどの3rdパーティ製のものは制限されていて使えないようです(通常版では使えそうです)。ちなみにAAXは「Avid Audio eXtention」の略だそうでオーディオ用のプラグインとなりますがビデオ用のプラグインはAVXというものが存在するようです。AVXというと個人的にコンデンサのメーカーかな?と思ってしまいます。

次の動画から支障がなければMedia Composer Firstでいきたいと思っていますがiMovieから素直に移行できるでしょうか。初めてソフトウェアを導入するときはファイル管理が1番重要だと思っています。Protoolsもよくわかっていない方をよく見かけて一部のファイルだけいなくなっていることがたまにあります。今回のMedia Composer Firstもファイル管理がまだよくわかっていません。

YoutubeをみるかぎりFinalcutかPremierが2強だと思いっていましたがMedia Composerも割と業界的には標準のようですね。早く慣れたいと思います。Media Composer Firstに詳しい方、是非基礎を教えてください!(笑)

Nutubeの歪みを動画でチェック!



Nutube関連が多くてすみません、、、

Nutubeの歪みチェック動画を作ったのでこちらに載せておきます。
外国の方にもわかりやすいように英語を混ぜているのでちょっとあの芸能人っぽくなっています(笑)

電源は歪みがわかりやすいように16Vとしました(評価ボードでは30Vまで問題ないです。それ以上でも工夫すれば使えますが出力が1.7mWまでなのであまり意味がありません)

バイアスは一番歪まないところを調整してNutubeへのツッコミ具合でどう変わるかというチェックにしました。歪率は適当に計っていますが0.1%以下になっています。特に歪ませる目的で機材を作るわけではないのですが歪みというか倍音のイメージはしやすいと思います。

波形はこんな感じになりました。
スクリーンショット 

上からInput Feder -8dB(一番突っ込まない状態),-5dB,-2.5dB,0dB(一番突っ込んだ状態)となります。-5dBでも波形的には結構潰れていますね。

音源がオルガンなのでそれっぽいです(笑)

本気で充電します!



タイトルの充電についてですが最近iPhoneの充電器を買いました。
iPhoneは4、5、6と購入してきましたのでイヤホンも充電器も複数個所有していますが、充電器でも容量の大きなものを購入すると急速充電になるということで前から興味がありました。

今回別件でAmazonで購入する必要が出てきたのですがプライム会員ではないので2000円以下は送料が発生してしまいます。同じお金を払うなら送料より必要なものをということで急速充電器を購入してみました。価格は1500円程度です。

メーカーはその世界では割りと有名なAnkerというところです。残念ながら充電ケーブルが急速充電に対応してないようなのであまり変わらないかもしれませんが昨日の朝購入して昨日の夕方届いたので早速使ってみました(プライム会員でもないのにすごく早いです。配達はAmazonの車ではなく普通のヤマトでした)。体感的にはやはり早めな気がしましたが時間など正確に測っていないので、単純に時間が過ぎていっているだけかもしれません。前述のとおりケーブルにネックがあるので大容量充電器だけでは変わらないかもしれません。

しかし、同時にUSB電流計というものを注文してあります。こちらはUSB経由で流れる電流を測れるものです。オスメスのUSBコネクタがあり充電器と負荷の間に挿して使います。
iPhone純正の充電器+ケーブルは1A程度までで実測ではその半分ほどのようですが、大容量充電器+対応ケーブルでは最大2.4Aで実測でも1Aは超えるだろうと思われます。充電中に流れている電流と充電時間は直線的に比例するわけではないかもしれませんが影響はかなりあると思われます。
USB機器はその他にもモバイルバッテリーなどを持っていますが、こちらの方が容量が大きい分充電も遅いのでこちらも含めて充電時間が早くなることを望んでいます。

ちなみにモバイルバッテリーはmicroUSBケーブルなので別途対応したものを用意しなくてはいけません、、、外出の時に限ってiPhoneのバッテリー残量が少ないことが多く、前もって充電しておけば問題ないのですが"time is money"ということで少しでも早く充電できればと思い今回の検討に至りました。また機会があればその後のレビューをしたいと思います。