FC2ブログ

SHEPのメンテナンスをしました



2020年1月も後半になりました。今日は東京もかすかに雪が降っています。

さてまたご縁があってSHEPのメンテをさせていただきました。
IMG_5712.jpg

1073ぽいのですがどこにも1073と書かれていません。
機能も大まかには似ていますが、EQが1バンドLowMIDが追加されています。その代わりHPFがロータリースイッチからプッシュスイッチになってポジションが簡略化されています。
HPFは30Hz、100Hzのスイッチがあり両方押すと300Hzになります。HPFにうるさい私もこれなら大丈夫そうです(笑)

さて、メンテ内容です。ご依頼はトグルスイッチのガリが出る、あとは全体的にということでした。
やった内容は

つまみの清掃、
スイッチなどの接点の洗浄
HPFのチェック、ツマミが逆になっており変更。1ch目(上のch)は配線間違いにより変更
EQアンプ部分のフィルムコンデンサがオリジナルと違う種類がついていたため変更
発熱部分周辺の電解コンデンサの劣化が確認されたため合計8個新品交換
2ch目(下のch)のトグルスイッチ不良のためフェイズ、EQスイッチの新品交換
f特測定

などなど、、

HPFに関してはツマミは30と100がついていますが、まさかの逆についていました、、、
f特を見ていて気づいたのですが30を押すと100Hz、100を押すと30Hzになります、、
とりあえずツマミを入れ替えて解消しましたが、1ch目はどちらを押しても100Hzになります。
2ch目と見比べると配線が違うようでどうやら間違えている印象。2ch目と同じに直して問題解決!これはいつからなのでしょう。出荷当時かな?

NEVEと言えどもSHEPはまだ新しい方なのかな?電解コンデンサはそんなに死んでる印象はありませんでしたが出力段のパワートランジスタの発熱部分付近のコンデンサは容量が減っていたため交換。

トグルスイッチは2ch目がガリが出ていたので日本製のものに交換。

f特測定。2ch目が80Hzくらいから6dB/octのフィルタが入っていたので部品の劣化かなと思って外しては測定を繰り返しましたがそのうち正常になってしまいました。おそらく半田の不良だったのだと思います。

f特は全ての条件で測りましたが一部をこちらに載せます。
200115_SHEP_2chMic.png
まずmic preのf特です。たしか600Rの負荷だったと思います(笑)
f特は下から20dB、、、上が55dBです。おおむね600R負荷で60kHzまで伸びているかと思います。

200115_SHEP_2chLowMID.png
次は足されたLow MIDのf特
ピーキングEQは基本的にハイの周波数をコイル(インダクタ)で、ローの周波数をコンデンサで決めますが、6ポジションのうちコイルが共通になっている部分があります。つまりコンデンサのみで中心周波数を変えています。

カーブの山を見ればわかりますが、カーブの左部分の肩はポジションと同じく6本ありますが、右部分の肩は4本です。つまり2本が共通ということですね。
これはどういうことかというと、ポジションによってQが違うということです。それも見ればわかります。これは1073も一部そうです。これがNeve EQの特徴の1つかもしれません。

SSLはコイルを使わずにシミュレーテッドインダクタと言ってオペアンプでコイルの代わりをしています。全帯域でコンデンサの要素とコイルの要素を同時に動かしているので、周波数を動かしてもQが綺麗についていきます(笑)

半田付け好きな方はこの半田ごてを買いましょう。
こちらは温調なので昔は20W、40W、60Wと持っていましたが、これ一本で基板からケーブルまでなんでもいけます。「こて先」は適宜変えてください。



BAE 3405のメンテをしました。



おかげさまで、最近メンテナンスの依頼も増えてきました。
と言っても知り合いが多いのですが。

今回はBAE 3405です。
BAE_3405.png
BAEは名前が変わりましたがBrent Averill(ブレント アベリル?)というやつです。
あーこれよく見るやつだ!使ったことある!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、有名なのは1272というモデルでNeveのオリジナル1272をノックダウンしたものだと思います。

見た目は全く同じですが、今回は3405というモデルでどちらもNeveのコンソールのどこかのラインアンプ部分かと思います。入力トランスと出力トランス、ディスクリートのゲインアンプと出力段のバッファアンプという感じです。

今回の依頼はフロントのフォンジャックの接触不良ということでしたが、チェックして見るとゲイン用のロータリースイッチに割とガリがありました。

フォンジャックはぼちぼち特殊で基本はモノジャックで端子は2つですが、差し込まれるとさらに2つある端子が離れるという仕様。特殊ですがメーカーのラインナップ品なので需要はあるのでしょう。
IMG_4990.jpg
付いていたものです。端子が4つあります。

ゲインスイッチは2回路11接点でこちらも少々特殊。
IMG_4989.jpg
右がついていたもの(安そう)で、左が今回交換したもの(写真は1回路11接点)。
交換したものは以前Neve系の製作用にヨーロッパから取り寄せたものの残りで、オリジナルの1073とかにも使われています。先日の33115にも使用されていました。

メンテというとコンデンサ交換が思いつきますが、コンデンサは交換されていました。
そしてもちろんf特や電源波形をチェック見ましたが特に問題なさそうでした。

接点系も重要です。できれば交換するのがいいですが、交換が難しい場合は接点を洗浄するのもやらないよりはましです。
アウトプットボリュームは密閉型の割と良さそうなものが使われており、ガリもありませんでした。

これでまた活躍してくれます。

一点気になったのはフロントの入力はハイインピ受けというわけではなさそうで繋げられるのはシンセとかかなと思います。エレキをつなぐ場合はアクティブのものか、バッファをかますか、DIをマイクインで受けた方が良さそうです。

Urei 1178のメンテをしました。



ご縁があってUREI 1178のメンテナンスをさせていただきました。

IMG_5530.png

症状は以下
○各部ガリが出ている
○メーターの調整
○その他全体的なチェック

ガリはボリュームとスイッチ類ですが、ボリュームは変なものをつけるとカーブが微妙に違ったりしますので互換品に交換。ないものは洗浄します。
スイッチ類も洗浄。

メーターは内部で調整します。外のメーターのトリムは触ってはいけません。
調整で使用する内部トリムはいくつかあります。
FETのバイアス調整、トラッキング調整、CMRRの調整(同相ノイズを下げる)など。
全体的に調整が終わってからGRメーターのゼロを調整します。

全体的なチェックは主にコンデンサが死んでないかです。
電源波形をオシロでみたり、f特と位相、歪率を200kHzあたりまでみます。オーディオインターフェースでは無理です。
その他汚れていたら洗浄など。

今回は部品交換などはあまりなかったので数万円でした。

メンテ、MODに興味のある方はご相談ください。
修理は基本的にまずは正規代理店にご相談ください。修理するには回路図、部品、ノウハウなどが必要です。
治らない場合、悪化した場合も工賃、送料が発生します。
発送される際は故障のないよう厳重に梱包ください。梱包不良による破損は発送者側で負担となります。


Neve 33115のメンテナンス+MODをしました。



ご縁があってNeve 33115のメンテナンス+MODをさせていただきました。

IMG_5515.jpg

見た目は上の画像です。ご相談内容は
○2台のうち1台が電源が入らない。
○両方ともガリが出ている。
○内部のチェックを全体的に
○電源ケーブル直だしをインレット化したい
○できればファンタムをつけたい
○せっかくなので2chのミックスを出力できるようにしてほしい。
というもの。

Neveの個々の歴史はあまり詳しくありませんが33115は1073のあとくらいに出たものかと思います。
そのあとに50シリーズ、ついでV1~V3,VRとなっていくのかと。

結果的に行ったのは
○外側をきれいに清掃、洗浄。ツマミの修理。
○内部も接点系を洗浄。
○ネジを締め直し。
○電源基板をやり直し+ファンタム電源追加+ファンタムスイッチを追加。
○ミックス回路も追加+ミックススイッチも追加。
○電源インレット化
○33115の電解コンデンサーは基本的に1度全て外し、測定後ダメなものは交換。大丈夫なものは元に戻す。
○全て終了後、F特測定、ガリチェック、EQカーブ測定
○1台はもともと配線ミス?で位相がおかしかったので配線やり直し。
などなど。

音が良くてもファンタムがなければ使えるものが限られてきます、、
電解コンデンサーは周辺温度と電源投入時間により寿命が左右されます。
接点系は高価なものほど長持ちする傾向です。

EKY1iS3VAAAbkk0.jpg

本来はメンテ自体なら数万円なのですが、2台ということと、板金+特注基板が必要なこともあり割といいお値段に、、、

メンテ、MODに興味のある方はご相談ください。
修理は基本的にまずは正規代理店にご相談ください。
発送される際は故障のないよう厳重に梱包ください。


高額機材を発送される方へのお願い



最近、他社製品の修理や自社製品のModなどで機材を受け取ることが増えてきましたが、梱包状況が要因の一つとなり機材がダメージを受けていることが多いので今回の記事で発送される方へ梱包についてのお願いを書こうと思います。

まず梱包でやってはだめなこととして
○機材より長さが足りていないダンボールを使う(もしくは機材が直接ダンボールに触れている)
○ダンボールの中で機材が動く
○19インチラックの機材をラックケースにいれてそのまま送る。

上記の場合、万が一ではなく高確率で機材がダメージを受けています。


宅配業者を使う場合、ダンボールを落とさずとも輸送時に他の荷物とあたったり振動したりします。
外からの振動、衝撃が直接機材に加わると板金が曲がったり内部の部品が壊れたり、、、

修理となった場合まず、宅配業者の補償が効くか確認しますが梱包が悪い場合は補償を受けられない場合もあります。その場合修理費用は送り主様にご負担いただきます。
そもそも修理となると双方いろいろ手間がかかりますし、機材を壊すのは機材販売をしているものとしては悲しいです、、、

修理をする場合板金と工賃のみで数万円しますし、ビンテージ機材の場合治りきらないこともありますよね。部品も海外取り寄せとなると送料だけで数千円します。

梱包材はその数十分の一の価格2、3千円で足ります。
大抵配送業者の補償は30万円までですのでそれ以上の機材を送る場合は追加で補償をつけることをお勧めします。
ゆうパックは現在380円追加するセキュリティーサービスで50万円まで補償されます。
ヤマト運輸はヤマト便というサービスで機材代1万円につき10円で補償がつけられます。
佐川急便も1万円につき10円です。

30万円というと関係ないと思われる方もおられるかもしれませんが10万円越えのランチボックスユニットを複数台同時になども考えられます。

ここでShinya's Studioがラック機材を送るときの梱包画像をお見せします。
IMG_2577.png 

皆様も他社製品でよく見るものだと思いますがダンボールから完全に浮いた状態で梱包しています。
(これは仮なので本来はさらに商品を専用ポリ袋などで梱包しています)

この内部の梱包材は2015年にShinya's Studioの機材で輸送事故があって以来特注しました。発泡スチロールに見えますが精密機器専用の梱包材で業者に特注してもらいました。型代だけで数万円+材料費がかかっています。
さらにダンボールは写真のものから改良し5mm+3mm厚の二重構造+表面が強化されたもので特注しています。

機材を発送される場合は、上記のように機材用に設計された純正の梱包材を使用されるのが一番おすすめです。

Shinya's Studioの機材はお買い得ではありますが10万円を超える商品がメインです。
梱包材にもかなりお金がかかっていますのですぐに捨てずにメンテ時などにご利用ください。
捨ててしまわれた場合で不安な方は梱包材を送りますのでご相談ください。梱包材代2,500円+送料です。機材が壊れて修理することを考えたらかなり安いのがご理解いただけると思います。

高額機材を送りたいけど梱包材がないからそこらへんのダンボールで、、、、

絶対ダメです!!!


できるだけ配送による事故の確率を減らしたい。
送り主、受取人、配送業者、すべてに嫌な思いをして欲しくない。
万が一事故が起こった時に梱包によるものではなくしっかりと補償をうけて修理をしたい。

そう思います。