FC2ブログ

高額機材を発送される方へのお願い



最近、他社製品の修理や自社製品のModなどで機材を受け取ることが増えてきましたが、梱包状況が要因の一つとなり機材がダメージを受けていることが多いので今回の記事で発送される方へ梱包についてのお願いを書こうと思います。

まず梱包でやってはだめなこととして
○機材より長さが足りていないダンボールを使う(もしくは機材が直接ダンボールに触れている)
○ダンボールの中で機材が動く
○19インチラックの機材をラックケースにいれてそのまま送る。

上記の場合、万が一ではなく高確率で機材がダメージを受けています。


宅配業者を使う場合、ダンボールを落とさずとも輸送時に他の荷物とあたったり振動したりします。
外からの振動、衝撃が直接機材に加わると板金が曲がったり内部の部品が壊れたり、、、

修理となった場合まず、宅配業者の補償が効くか確認しますが梱包が悪い場合は補償を受けられない場合もあります。その場合修理費用は送り主様にご負担いただきます。
そもそも修理となると双方いろいろ手間がかかりますし、機材を壊すのは機材販売をしているものとしては悲しいです、、、

修理をする場合板金と工賃のみで数万円しますし、ビンテージ機材の場合治りきらないこともありますよね。部品も海外取り寄せとなると送料だけで数千円します。

梱包材はその数十分の一の価格2、3千円で足ります。
大抵配送業者の補償は30万円までですのでそれ以上の機材を送る場合は追加で補償をつけることをお勧めします。
ゆうパックは現在380円追加するセキュリティーサービスで50万円まで補償されます。
ヤマト運輸はヤマト便というサービスで機材代1万円につき10円で補償がつけられます。
佐川急便も1万円につき10円です。

30万円というと関係ないと思われる方もおられるかもしれませんが10万円越えのランチボックスユニットを複数台同時になども考えられます。

ここでShinya's Studioがラック機材を送るときの梱包画像をお見せします。
IMG_2577.png 

皆様も他社製品でよく見るものだと思いますがダンボールから完全に浮いた状態で梱包しています。
(これは仮なので本来はさらに商品を専用ポリ袋などで梱包しています)

この内部の梱包材は2015年にShinya's Studioの機材で輸送事故があって以来特注しました。発泡スチロールに見えますが精密機器専用の梱包材で業者に特注してもらいました。型代だけで数万円+材料費がかかっています。
さらにダンボールは写真のものから改良し5mm+3mm厚の二重構造+表面が強化されたもので特注しています。

機材を発送される場合は、上記のように機材用に設計された純正の梱包材を使用されるのが一番おすすめです。

Shinya's Studioの機材はお買い得ではありますが10万円を超える商品がメインです。
梱包材にもかなりお金がかかっていますのですぐに捨てずにメンテ時などにご利用ください。
捨ててしまわれた場合で不安な方は梱包材を送りますのでご相談ください。梱包材代2,500円+送料です。機材が壊れて修理することを考えたらかなり安いのがご理解いただけると思います。

高額機材を送りたいけど梱包材がないからそこらへんのダンボールで、、、、

絶対ダメです!!!


できるだけ配送による事故の確率を減らしたい。
送り主、受取人、配送業者、すべてに嫌な思いをして欲しくない。
万が一事故が起こった時に梱包によるものではなくしっかりと補償をうけて修理をしたい。

そう思います。

Manley ELOP 修理報告



お久しぶりです。
特に忙しいわけでもないですが、前回のblog更新から3ヶ月以上も経ってしまいました。。。
この間年が明けたかと思いましたが、4月になり元号も発表されましたね。

さて最近縁があってManleyのELOPを修理させていただきましたので軽くご紹介します。

ELOPはいろいろ種類があるようでLangevin社のものやManleyの1Uタイプなどがあるようですが、今回のものは2Uタイプで入出力トランス+真空管回路+動作はオプトというものでした。

修理依頼内容は使っているとボソボソとノイズが乗るということとメーターのランプが片ch切れているということでした。

IMG_4820.png 

ランプはまだ販売されているようですが、若干特殊で日本では手に入らず海外だと10個単位で送料込みで1万円弱するということでご相談の上断念しLEDにしました。せっかくなので他の機種のように青色LEDでも試してみると良さそうだったので電球色から青色にしました。

IMG_3629.png

ノイズの件は、真空管B電源フィルタ用と思われるコンデンサが寿命だったようで、電解液が下から漏れていたので取り外し、清掃後、新品に交換しました。
 IMG_4869.png

その後全体的な動作チェックをし、F特、歪率測定、オシロなどによる各部電源のSN測定をし終了です。
「とりあえずよくわからないけどこの部品を変えたら症状が出なくなったかも!?」ではダメです。
F特もオーディオインターフェースで測定できなくはないですが最大でもサンプルレート192kHzとかなので測定器の数百MHzなどとは遠く及びません。
サンプルレート192kHzだとギリギリ96kまで録音できますが測定として信用できるのはサンプルレートの1/100Hz程度で、サンプルの都合上、周波数が上がるほど信頼性はなんちゃってになります。
測定には測定器数種類とノウハウが必要です。

今回の機種は真空管+入出力トランス構成でしたが100kHzまで伸びていて優秀でした。マスタリング用途なのか、がっつり色をつけるようなものではないかなと思います。

他にも修理を検討されている方も、まずは正規代理店、メーカーにご相談いただきどうしても見込めない場合はご相談ください。
機材の設計製造と修理は似ているようでかなり異なり、修理をするには回路図、パターン図、調整方法が載ったマニュアル、修理用部品が必要です。

1176 Rev.Dを修理しました。



こんにちは。2日前にブログを書いたばかりですがまた書きます。やる気がありますね!(笑)

Shinya's StudioはSNSを数年前からやっていますが、最近リアルで知り合いのエンジニアさんと繋がって1176の修理を依頼されました。よく私がアシスタント時代にお世話になった方です。
当方の1U76ではないです。それもちょっと特殊でpurple audioのものとureiのいわゆるrev.Dというビンテージものの合計2台です。

せっかくなので一緒に写真を撮りました!
IMG_4277.png 

上から
Shinya's Studio EQP-Nutube(出荷前)
Shinya's Studio 1U76(在庫品)
Shinya's Studio 1U76 ChStrip(出荷前)
Universal Audio 1176(現行品、研究用私物)
Purple audio MC76
Urei 1176 rev.D
です。

パープルはプラグイン(bomb factory)でしか見たことない方も多いのではないでしょうか?
protoolsを使われていない方はそれすらないかも?

purpleのmc76は基本的にrev.dと同じですがサードパーティ製で今76のコピーが流行っていますがそれの走りかと思います。

修理の依頼内容は
mc76は正しく動作しない、
1176rev.dは動作しているっぽいけどメーターが動かない。
という感じ。

さてみなさんはどっちが重症だと思いますか?(笑)

実はrev.dが重症なんです、、、
mc76は内部調整だけで終わったのでレポートは割愛します。

rev.Dはメーターが壊れていました、、メーター自体を分解したり測定したり色々調べましたがダメでした。
試しにsifamのメーターに変えるとしっかり動作します。が物理的にいろいろ問題があるのでこれは使えません。
しかもこの元のメーターmodutecというメーカーで手に入れるには少し厄介。日本のいろいろなところに聞きましたがどこも在庫を抱えておらずアメリカはLAから輸入しました(有名なリペアパーツ屋さんです)。そのお値段送料のみで6000円、本体はsifamの5倍!!まだ作っていると思いますが、新品は見当たらず、いわゆるNOSというものを手に入れました。

それでは修理過程をざっくり公開しましょう。特別だぞ!?(笑)

まず故障しているメーター(左)と届いたメーター(右)です。
IMG_2979_20180916133908bc9.jpg 

メーターは全く同じですがパネルのロゴが現行のUAになっています。ureiに付ける場合は元から取って変えてくれとのこと。
IMG_2980_2018091613390942b.jpg 

メーターのベゼルを慎重に開けてパネルを外します。パネルは金属製(多分アルミ)でした。sifamはプラです。
IMG_2982_20180916133911f11.jpg 

そして元の壊れたVUからパネルを取り外し新しいVUに取り付けます。
若干パネルのサイズが違ったので加工しました。
IMG_2987_20180916133911f7e.jpg 

1176から壊れたメーターを外した状態。
IMG_2978_20180916133907d77.jpg 

新しいVUメーターにランプを固定するためのブラケットなどを移植し、76にはめます。
IMG_2990_20180916133913204.jpg 

ランプは最初つかなかったので切れているのかと思いきや入ってすらなかったです(笑)
なので新しいランプを取り付けました。
IMG_2991_20180916133914c9e.jpg IMG_2993_20180916133916839.jpg

無事に光ってメーターも0まできています。
IMG_2995_20180916133918be2.jpg 

あとは内部の再調整、測定器でいろいろな箇所を測定し問題がないことをチェックして終わりです。
個人的にf特や歪率なども気になるのでいろいろ測定して自分用に資料を作りました(笑)

基本的に他社製品の修理は受け付けていませんが、知り合い限定、できそうなもの限定でやっています。76系は何十台と作ってきたのでさすがにできます。目をつぶって逆立ちしても小指でできm(ry
部品の入手には苦労しますが、、、

有名スタジオの機材だったものですが内部回路は色々改造されていてメンテの方の思想が見えて面白かったです。

シルバーとか他のリビジョンもまた機会があればブログ書きたいですね。

Shinya's Studioの76たちも是非。
http://store.shinya-s-studio.com/?ca=2

1176ブラック系のランプの交換方法はこちらの記事

1176のメーターのランプを交換しよう!!



久しぶりに日記を書きます。
今回は1176のメーターのランプ交換の仕方を書きます。
少し前にUniversal Audioの復刻版1176をゲットしましたがランプが切れていました。そして交換用のランプをゲットしたので交換手順を書きます。
ちなみに作業自体は数分で終わる簡単なものですが中を開けると保証外になる場合がありますので自己責任でやってください。また今回はRev.Hなどシルバーフェイス以外のランプ交換についてです。シルバーは違うランプ、構造ですのでまたの機会にします。

さて今回購入したランプですが、ただ交換しても面白くないので電球型LEDにしました(笑)
ランプ自体は電球タイプでもLEDタイプでも数百円くらいです。
IMG_3323.jpg 

最初から付いていたものは電球にも回路図にも1819という型番が書かれています。28Vの電球ですが今回は24V用のLEDを使用しました。本来はBA9SとかG14とかいう名前で車用で売っています。

さて交換の仕方ですが
IMG_3317.jpg 
上カバー、赤マルのネジ7箇所を外します。リビジョンによるかもしれませんが大抵マイナスドライバーで外れます。1/4inchのボックスドライバー、スパナ、ペンチとかでもいいです。

外すとすぐにメーター部分が見えます(赤矢印部分)。
IMG_3318.jpg 

近くで見るとランプを固定している金具が分かると思います。
IMG_3319.jpg 
ランプは合計2つで、1つずつ金属板に固定されています。これを矢印の方向に押して外します。

外れました。電球を止めている部品の内部はバネがあるので奥に押して反時計回りに回すと電球が外れます。
IMG_3320.jpg 

外した電球(1819)です。
IMG_3321.jpg 
2つの電球は直列につながっています。構造的にはヒューズみたいなものです。どちらか一方が切れると電流が流れなくなりますのでもう片方は生きているかもしれません。ただ、この際両方交換した方がいいかもしれませんね。

あとは逆の手順でランプをつけて完成です。カバーを閉める前に光るかチェックした方がいいです。
IMG_3322.jpg 
この電球は直流(DC)で動作しています。LEDには方向があるものがありますので使用するLEDによっては配線を逆にする必要があります(素子としてのLEDはもちろんすべて方向がありますが、LED電球には中の回路によってどちらにつないでも光るようになっているものもあるようです)。

LEDは電球と違い拡散しないのでちょっと暗いです。ただ電球の寿命は数千時間ですので、ずっとつけていると1年(24x365=8760時間)も持ちませんがLEDは数万時間なので先にコンデンサーなどの寿命が来るかと思います。

というわけで交換したい方は是非。
Shinya's Studioの1U76のGRメーターはLEDです。