地元の御朱印その1



いつも機材のみの話題のブログですが今回は全く違います。
先日まで遅めの夏季休暇ということで地元に帰っていました。その時に御朱印を5ついただいたので5回に分けて書いていこうと思います。

まず御朱印についてですが神社、お寺でもらえる「参拝した証明」みたいなものです。
御朱印は参拝した神社、お寺特有のハンコと習字で書いて頂くので多少時間がかかります。僕はまず御朱印をお願いしている間に参拝して最後に御朱印帳をいただくという形をとっていますが間違っているかもしれません。

御朱印は御朱印帳という本に書いていただきます。御朱印帳はだいたい1000円程度で御朱印は1回300〜500円です。僕はまだ始めたばかりなので1冊目ですが東京の富岡八幡宮の御朱印帳を使っています。

そしてやっと今回いただいた1つ目の御朱印についてですが僕の地元は兵庫県姫路市でしてその姫路市のお寺「円教寺(圓教寺)」の御朱印です。「えんぎょうじ」と読みます。
IMG_1074S.jpeg IMG_7648E.jpeg

IMG_7614E.jpeg

摩尼堂付近では山菜そばやお餅なども食べられます。
IMG_1101S.jpeg  IMG_1110S.jpeg

ちなみに御朱印については性質上画像を撮ってアップするということはあまりしたくないので興味のある方は調べてみてください。

円教寺は割と地元で書写山という山の上にあります。小さい時に行ったみたいですが小さすぎて全く覚えておらず、今回は新鮮に観光、参拝できました(笑)円教寺を参拝する理由は地元で数十年ぶりに参拝ということもありますが、世間的には映画「ラストサムライ」、や大河「軍師官兵衛」などで有名になったこともあり行ってよかった神社仏閣ランキングで割と上位に来ていたので最近参拝にハマっている身として地元に帰ったら行っておかないとと思っていました。

円教寺は山の上ですがそこまではロープウェーで行きます。
IMG_7667E.jpeg 
山頂は割と広く有料バスもでています。お年寄りや雨で地面がぬかるんでいるときは傾斜もありますのでバスのほうがいいかもしれません。

円教寺の御朱印はお堂によって確か4種類ほどいただけますがそれぞれ300円必要ですので今回はその中でも主要な摩尼堂の御朱印をいただきました。摩尼堂は西国三十三所の1つです。

他にも書くことはいろいろありますが長文になってしまいますので興味のある方は是非調べてみてください。

コメント

非公開コメント