FC2ブログ

2017年の抱負



少しはやいですが今月分の受注生産品の納期はすでに年をまたいで2017年になりつつあります。
そこで2017年の抱負を書きます。もちろん2017年の年始には変更点、追加点は出てくると思います。

まず2016年はおかげさまでいろいろと前進しました。
年始の「キャンプファイヤー」という協力者を募って資金を集めるクラウドファンディングは全敗でしたが強引に500 BusCompとLunchBoxの製作を開始することができました。
受注いただいた方には2ヶ月という期間をお待たせしてしまいましたが無事に完成しました。
IMG_5531.jpg 
おかげさまで500 BusCompとLunchBoxは現状数点部品のストックが切れているだけで割と早めに次回ロットの出荷が可能になりました(自宅の面積を圧迫していますが、、、)。

500 OptoCompもやや不発に終わった感がありますがこちらも割と早く再始動が可能です。
500 Opto F 

Nutubeに関しては第一弾はEQPへと変更になりましたが年内の出荷予定は現状変更ありません。
Nutube.jpg 
真空管に対する知識も一層深まりNutubeの知識も同様です。Nutubeで作る予定だったHAを後回しにした意味も十分にありました。懸念材料の1つだったマイクロフォニックノイズも使用に耐えられるレベルに近づいています。

そして部品に関してもいろいろと新たな入手ルート、互換品がみつかり、アイデア先行の当方としては製作の制限がかなり緩和されました。

さて2017年も開発に関してはいろいろと考えております。
まずNutube関連です。後回しにしたHAを優先的に、1U76型コンプ、OptoComp、その他人気機材のアンプ部の差し替えなど。その他Neve系のつまみの入手のめどが立ちそうですのでNeve系のものも製作していきたいと思っています。

次に動画です。今年のブラックフライデーはソフト音源を軸にいろいろと購入しました。
そのソフト音源を活用しより一層参考用動画を増やしていこうと思っております。撮影機材も開発費を考慮しつつ順次照明、カメラ、レンズなど増やしていっております。できれば現状のAPS-C一眼からフルサイズ一眼へ移行したいと思っております。

そして、デモ機に対しても緩和していこうと思っております。Shinya's Studioは現状10万円を超える機材を中心としております。部品代など以外に広告費、開発費、測定器材や照明器材代、補償費その他などを計算して価格を設定しておりますがやはり金額的には大きな買い物ですのでできるだけデモ機が出せるよう対応させていただく予定です。ただデモ機を利用して盗まれる案件もたまに起きているようで緩和の方法なども含めて検討させていただきます。

ただ上記内容は残念ながらほぼ売り上げに関係してきます。
現状では妄想に近い形ですが売り上げを考慮して順次検討できればと思っております。

最後に最近Shinya's Studioとして「LINE」を始めました。
友だち追加
上記内容をご覧になり今後の製品化への相談や動画の希望、デモ機の相談などにご利用ください。
もちろんFaceBook,Twitter,Instagram,こちらのBlog,WebStoreのお問い合わせからでも構いません。
リンクは全てWebStoreの左側中心「リンク」に集約しております。
http://store.shinya-s-studio.com/ca2/1/p-r2-s/
注文に関する氏名、住所登録など重要事項はログ管理のためWebStoreを通していただければと思います。

いつもながらの長文でしたが最後までご覧いただきましてありがとうございました。
2017年もよろしくお願いします。

コメント

非公開コメント