FC2ブログ

AMEK 9098CLを解析その1



最近新しく測定器を買った影響でいろいろ解析したい衝動に駆られておりましてSNSで皆様のお持ちの機材を送っていただくよう募集させていただきました。あまり期待もせずに地道に中古やジャンクを買っては研究していこうと思っていましたがなんとAMEK 9098CLを送っていただけることになりました。本当にありがとうございます!

60650677051770331.jpg 
©SweetWaterさんから拝借

さてAMEKについてですがレコーディング界では有名なブランドの「NEVE」を作ったNEVEさんの会社です。調べてみると80年代に作ったforcusriteを離れて90年代にAMEKをつくったようです。9098はAMEKのコンソールですがそのコンプとリミッターをラック化したのが9098CL(正式名称ではないようです)。

まず測定をする前に音やかかり具合をチェックしてみます。9098CLはかなり昔に使ったことがあったのですがもう印象とか忘れてしまっています。測定を先にしてしまうと先入観が入ってしまいます。でも測定後に特性が分かって聞くのも勉強になります。

音の感じは、家のヘッドホンでチェックしたので皆さんの印象と違うかもしれませんが割とフラット。かかり具合もすごく綺麗で優秀にかかります。内部回路はSSL BusCompと同じTHATのVCAでコンプレッションされているようですがSSLよりは綺麗な印象です。回路図がないのでなんとも言えませんが中を開けてみるとVCAは各ch2つずつ使用されています。SSLは大抵8パラか4パラなのでここが分かれ目なのでしょうか。またVCAの制御もSSLとは違いデジタルのCPUが組まれており高級感があります。

VCAというのはVoltage Controlled Amplifierというやつで電圧でアンプを制御します。コンプの他にはよくあるのは卓のフェーダーですね。卓だとVCA通ると音が悪くなるとかなんとかで悪者にされることもあります(笑)あとはアナログシンセですよね。電気やっている人はシンセか無線からほぼ入ると思っていますが僕はシンセ派です。アナログシンセはVCなんとかというのが多くて電圧でオシレーターとかアンプとかを制御します。VCO、VCF、VCA。。。VCOは基本垂れ流しなので鍵盤押したらアンプが開いて音が出るみたいな感じです。

入出力はトランスですが太くなるような印象はなく(ヘッドホンが死んでいるのかも、、、)フラットな印象です。ナチュラルにかけたいソースにはいいと思います。もちろんアタック、リリースを早くしてレシオをMAXにすれば強めにかけられますが歪んだりすることはないようです。

内部は入出力トランスですがどちらも磁性体でシールドされています。向かって右側には大きめの電源用トロイダルトランスがありますがこちらも2重に磁性体でシールドされているようです(分解していないので分かりません)。試しにノイズを見てみましたがハムどころかホワイトノイズすらほぼ皆無。普段1176で慣れていると特性の良さに驚きます(笑)平滑コンデンサは両電源で1個ずつ。最近の機材はパラる傾向にありますが昔の機材は大きいのが1個というのが多いです。入出力のバッファはディスクリートのオペアンプみたいなものが見えます。APIのような四角いタイプではなくGMLとかAVALONみたいな基板タイプです。出力トランスの前には大きめのトランジスタが2つずつ実装されているのでプッシュプルだと思います。

さて特性ですが長くなりそうなので何回かに分けようと思います。今回は周波数特性(f特)、歪率、位相です。
追記:測定の仕方が間違っていたようなので改めて測定して記事を書きます。グラフも変更になります。

まずはf特と位相です。サイン波をスイープして測定しています。出力は1kHzで+2dBu程度、負荷は5kΩくらいです(オーディオインターフェースのマイク入力につなげました)。
実線がf特、点線が位相です。f特の上は50kHzくらいまで綺麗に伸びています。意外にローが上がっていて20Hzで4dBほど上がっています。測定ミスかもしれませんが50Hzで1,5dB程度なので許容範囲だと思います。
9098CL-phase.png 

次にTHDです。実線はそのまま、点線がTHDです。THDの説明などこちらで何度も出てきているものは割愛します。20Hz以下はさすがにぶっちぎっていますが全体的に低歪みです。
9098CL-THD.png

とりあえず今回は長くなったのでこの辺にしておきます。優秀なコンプなので2MIXとかピアノとかにいいと思います。どうしたいかによりますが、、、コンプで音の印象をあまり変えずに叩くのにいいのかなと思います。

ちなみにShinya's Studioとしてはあまり中を見られたくないので分解しないようにお願いしていますがNeve氏の設計となると話は別です(笑)かなり有名な名機ですので公表しても問題ないと勝手に解釈しています。

またShinya's Studioでは他にも機材の解析を行いたいと思っています。ビンテージ機材を中心にやっていきたいですが輸送に気を使います。現状の希望は1073,EQP-1,V72,1176のいろいろなリビジョンなどなど、、、ご協力いただける方は是非ご連絡ください。


コメント

非公開コメント