FC2ブログ

1176のRevisionについて



おかげさまでShinya's Studioではご注文いただいているものを含めてこれまでに63台の1U76を販売してきました。

本業は一応エンジニアではありますので僕に限らずこの職業に関係のある方は数え切れないほど1176に触れられていると思いますが、昨年ごろから研究用としてオリジナルの1176を持っておいたほうがいいなと思うようになりました。そこで色々アンテナを張っていたのですがついにヤフオクで購入してしまいました。今回もとりあえず入札しておいてダメなら今年中をめどに再検討しようかと思っていたのですが、競うことなく落札となりました。

1176ln_front_hq.jpg 

今回落札できたものは復刻の1176です。というわけで今回は復刻の1176について少し解説していこうと思います。復刻ではない1176については各種サイトで色々解説されており、こちらでも以前したように思いますので今回は割愛させていただきます。

まず復刻の1176は1176のC、D、Eあたりを元に製作されているようです。最近出たものの仲間として有名な1176AEですがこちらはAとEを元に製作されています。DとEはほぼ同じですので細かいことを除けばベースはほぼ同じだと思います。

復刻とそうでないオリジナル(A〜Hなど)の見分け方はメーター付近にあるロゴです。
メーターの上にUA Classicsと書かれている場合は復刻(AEも含めて)となるようです。

ただこの1176の復刻に関して、復刻のなかでバージョンがあります。これはあまり知られていないことではないしょうか。1176はA〜Hなどをリビジョンと読んでいますがシリアルナンバーでそのリビジョンを判別することができます。復刻の1176では特にリビジョンというものはありませんがシリアルナンバーはもちろん存在し、そのナンバーによって若干内部が違うようです。それは本家サイトに詳細が書かれています。
http://www.uaudio.com/blog/1176-la2a-hardware-revision-history/
A〜H(マニュアルにはJなどもありますが)やLA2に関しても載っていますので興味のある方は是非。

上記サイトの復刻1176を指すReissue 1176の欄をみると3つのバージョンが存在することがわかります。これを関西弁で訳すと(突然?w)こうなります。

Serial Numbers 101-1959 一番好きなC、D、Eを元に作ったねん。
SN; 1960-2946 アッテネーターが手にはいらんくなったから変えたで。だからインプットトランスも変えたで。
SN; 2947- アッテネーター作ってくれるとこ見つかったから戻したで。

こんな感じです(笑)
つまりオリジナルに似ているのはSN;が真ん中以外のバージョンですが、この真ん中のバージョンも長所があります。
この点はずっと言っている部分ですがオリジナルは入力端子から直でアッテネーターに来ています。アッテネーターは直流(DC)に弱いので入力にDCがのっているとダメージを受けガリの原因になります。またDCがのったまま動かしてもガリのようなノイズが出ます。そしてバランス接続のままアッテネーターを可変にしているため2〜3連になっておりどれか1つでもダメージを受けるとガリっぽくなります。

ちなみに今回落札したものは800番代で初期の復刻?(笑)でした。

真ん中のバージョンはこの点が改善されトランスのあとにアッテネーターを入れることでDCを遮断し、アンバラで可変することで単連になりすべて問題が物理的にクリアしています。

ちなみにShinya's Studioの1U76もノイズ問題を解決するため結果的に真ん中のバージョンに近い形となっていますがこのいいとこ取りをしており(詳しくは秘密ですが)さらに2;1やその他の部分でも色々調整しています。Rev.Hのようなトランスレス入力と切り替えるオプションも選択可能です。

というわけで今回も1176を購入時にはそれを踏まえて検討していたのですがどちらがいいというわけではなくできればA〜H、復刻の2バージョンすべて研究してみたい気はします。海外では復刻の真ん中のバージョンは一部で邪道とされているような記事もありますが、ガリの件では有利ではと思っています。

このアッテネーター問題はわりと有名で1176に限らずこの600Ωアッテネーターを採用している機種特有の問題です。バランスのままレベルが変更できるのと、入出力ともにインピーダンスが変わらないため割と簡単に設計が可能です。

というわけでもし復刻の1176をお持ちの方は是非チェックしてみてください。
代理店が世界に複数あるため必ずしも購入時期とSN;は比例しないとは思いますがSerial Numberと仕様は一致しているかと思います。

またこれから中古で購入を検討されている方はShinya's Studioの1U76の新規購入を含めてご検討ください(笑)1U76もRev.Dを元にしていますがいろいろ工夫が詰まっています。
http://store.shinya-s-studio.com/ca2/1/p-r2-s/
1176_40th_F.jpg 


コメント

非公開コメント