FC2ブログ

Brexitの件



イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が先日行われてまさかの離脱派が多数となりましたね。
投票締め切り直後は世論調査で残留が多数となっており離脱派が敗北宣言をしていましたが、、、

BrexitというのはBritain(イギリス)のExit(離脱)ということだそうで、これを機にフランス、オランダ、スウェーデンのフレクジット、、、なども起こるのではとされています。

レコーディング業界に関係するとすれば輸入系だと思います。プラグインや機材の直接購入などでしょうか。Shinya's Studioでは海外から部品などの買い付けを行っていますが一度に購入するのはせいぜい500通貨単位(USD,AUD,GBP,EUR)程度です。今回は最大でポンドが30GBPほど動いていますが、前後上げ下げしているのでクレジットカードに影響があるのは最大でも現状1GBP/15円ほどだと思います。つまり500GBPで7,500円程度の利益ということなのでイギリスー日本間の送料が2回分無料という感じでそんなにお得感はまだないかなと思っています。USDにおいては最大でも1USD/6円程度なので3,000円ほどです。

将来必要なものを見越して大量に買えばお得感はさらに増えますが、余裕資金を使わない限り例えばカードローンなどで購入してしまうと数ヶ月〜数年先まで使わないかもしれない部品に対して金利が発生していますし、これ以上円高になる可能性もありますので必要以上のものを買うこともどうかとなります。

特に部品は物によっては保管に場所を取りますし電解コンデンサなどは電気的には製造からなるべく新しいものがいいので1年以内に消費できるものを基準に10〜100個単位くらいで購入しています。(抵抗、コンデンサは為替にほとんど影響しませんが、、)

数年前の1USD/80円まで下がってくれば買い時なものが増えてくると思いますが、各国介入の噂もあるので現状は必要なもの+α程度の気持ちでいます。

というわけで今回は珍しく世界経済についてでした(笑)

ちなみに日本では1ドル◯円と言っているのに対し円高、円安というのは慣れないなと思っています(さすがに慣れますが、、、)。1個100円のりんごが90円になったらりんごが安くなったと言いますが、1ドル110円から100円になったら円高というのは普段から為替にあまり関係がない日本人にはしっくりこないというか頭で変換が必要な気がします。。。

半田を購入



半田ごてに続いて半田を購入しました。

購入当時は一生ものだと思っていた1kgの半田も皆様のおかげでわずか数年で消費しプラスチックリールの重さを含め残り70gを切りました(笑)。企業にしてみたらかなり長いとは思いますが。

数年前は6000円くらいだったはずですが、今回は10,000円もしました。商品は以前のものと同じくNASA公認の半田です。音質もそうですが信頼性が違います。ちなみに日本の企業でMade in Tokyo Japanだそうです。前回は細さが1mmでしたが1段補足した方が使いやすいかなと思い今回は0.8mmにしてみました。内容量は長さではなく重さですので変わらないはずです。細い分無駄遣いが減るかもしれませんね。

他の半田は0.8mmを使っていますが1mmと0.8mmではかなり違いがあります。1mm基準で0.8mmでは0.5mmくらいに感じます。

買いなおした60Wの半田ごてですが素晴らしく半田のノリがいいです!皆さんもこて先がボロボロになってきたらすぐにこて先を捨てて新しいものに交換することをお勧めします。軽く紙やすりの1000番とかでこすれば復活するようですが僕のものは手遅れでした、、、

半田ごてを購入



今回は半田ごてについてです。
半田ごて関連はとくに意識していないのですがHakkoでそろっています。
25Wのセラミックヒーターの単体タイプと60Wのニクロムヒーターの単体タイプ、リワーク(吸い取り機)もHakkoでこちらも単体タイプです。25Wは主に基板と1/4Wくらいの抵抗、コンデンサなどの半田付け用で60Wはコネクタなど面積の広い部分用です。

最近60Wのこて先がボロボロで半田が乗りづらくなってきました。半田ごてのこて先は大抵交換できるようになっていますので交換しようとしたのですが、こて先ごと「半田ごて」にくっついて取れなくなっていました。そこで今使っている60Wの半田ごての価格を調べてみたのですがAmazonで送料無料でこて先が200円弱(こちらはあわせ買い)で本体(こて付き)が700円弱でした(笑)というわけですぐに本体ごとポチッとしてしまいました。今はすごいですね。アキバにいくだけでも片道300円はかかるのに。別のものも合わせて買いましたが。

また25Wの半田ごても確認すると外せなくなっていました。こちらは保護パイプとこて先がくっついていて本体からは外せました。保護パイプは200円程度こて先は900円程度です。今回はまだ交換する必要がないので次回何かのついでに購入する予定です。

HakkoさんもAmazonさんもヤマトさんもこんなので儲けがでているのでしょうか。

半田ごてもリワークも時々こて先などを緩めてやって固まるのを防いだ方がいいみたいですね。リワークは部品の足の太さによって先を変える必要があるのでちょくちょく変えているため固まりづらいのですが半田ごては今回どちらもだめでした。

ちなみにプラスドライバーは有名メーカーのものですが六角レンチなどは100均のものです。現状精度を必要としない作業ですし、必要としない工具だとおもいます。それに無くしやすいということもあります(笑)

El Capitan



最近、家のMac miniとMac Book Airをついに両方ともEl Capitanにしたのですが対応していないソフトがちらほらと。。

一番ダメージだったのがMOTU 896mk3 firewire (USBがついていないモデル)ですが、今日本家英語サイトを見ているとどうやら対応しているようなことが書かれてあります。Mac miniはYosemiteからそのまま上げたのですがそのときに怒られて以来ほったらかしてきました。最新ドライバーの対応状況もYosemiteまでとなっていますが試しに最新ドライバーをインストールし直して再起動すると無事にCapitanで認識してくれました。

これでtools 12も使えるようになります!その他you tube, itunesの音など普通に聴けるようになる!

あとは1つを残してほぼ対応しました。早く最後のソフトも対応していただきたいところです。もうCapitanが登場して4ヶ月が経ちます。最後の1つもインストールし直したら動いたりして、、、

希望としてはTrackball worksの前身のmouse worksが復活してくれればコマンドとかをボタン一つで出来るようになって便利なのですが、、(ずっと言ってますw)もしくはtrackball worksでそのような機能を復活させて欲しい。
今はCommand+Vみたいな簡単なものしかできないのですが昔は(Command+C+tab+Command+V)みたいなことができてスネア貼るのとか一発でできて便利でしたw