FC2ブログ

VUメーターの使い方、調整の仕方



お待たせしました!
前回
http://blog.shinya-s-studio.com/blog-entry-920.html
はVUメーターがなんなのかに付いて触れましたが今回はVUメーターの使い方、調整の仕方について書きます。

VU2018_F.png 
VUメーターは前回の記事にも書きましたがアルバムの中で曲ごとの音量感を揃えたり、目安とする音源の音量感を参考にする時など音量感を見る時に使いますが今回は後者で説明していきたいと思います。

VUメーターは目盛りが-20〜+3までありますが見る場合の目安としてゼロ付近で振っているのが理想です。
+3VUで振っているとそれ以上がわかりませんし-10VU付近で振っていると細かい数値がやはりわかりづらいです。そこでまずご自分の環境に合わせて大体0VUで振ってくれるようにVUの調整をする必要があります。

単位


調整の前に今から出てくる2つの単位について解説します。一気に難しくなります(笑)

dBFS[デシベルフルスケール]
これはデジタルでの単位です。デジタルの最大であるゼロからどれくらいかというものです。
ゼロまたはマイナス何dBかになります。ゼロからの相対値になります。

VU
これはVUメーターの目盛りの単位です。

調整

Shinya's StudioのVU Boxを例に説明していきます。
http://store.shinya-s-studio.com/ca8/84/p-r8-s/

その前にVUメーター本体についているトリムですが下記写真の赤矢印のトリムは絶対に触らないでください。VUメーター自体の振れ方を調整しているものですのでその調整が変わってしまいます。

VU2018_F_B1.png 
ダメゼッタイ!

それでは調整の仕方を順を追って解説します。長文ですがお付き合いください。。。
読みながらやるというよりは1度全て読んでから順にやってみてください。

1、まず接続します

VU2018_R.png 
オーディオインターフェース等のアウトからVUメーターの入力に接続します。入力はメスです。オスのコネクタを差し込みます。
ACアダプターも接続します。必ず付属のものをご使用ください。
スルーアウトを使用される場合は調整する前に接続してください。接続先の危機に影響を受けて接続する、しないでレベルが変わる場合があります。

2、とりあえず目安の音源を再生してみる

ここからDAWを使って調整していきます。
雑ですがDAWに音源を取り込んでとりあえず目安の音源を再生してみましょう(笑)

VUメーターの針が振れなかった方は接続を確認してください。電源は入っていますか?

針がぶっちぎりに触れた人は再生をやめてマイナスの精密ドライバーでトリムを下げてください。再生したままだとVUメーターがダメージを受けます。
VU2018_F_B2.png 

調整トリムはL、Rそれぞれに4つあります。4つは中心のツマミで選択できます。
ツマミを一番左に回すと一番左のトリム、右に回すと右のトリムです。
トリムはメーターの針と同じで反時計回りでマイナス方向へ、時計回りでプラス方向へ触れます。
ぶっちぎった人は反時計回りへ回してください。これを繰り返して再生、停止を繰り返しながら大体0VUが触れるように調整してください。Shinya's StudioのVUは針を見ながら前から調整ができます。

逆に少ししか触れなかった人は再生しながら時計回りへ回して大体0VU振らせてください。

3、信号を入れてみる

上記2で既にいい感じになったかと思いますが音源で針を振らしながら完璧に調整するのは無理なので基準となる信号をいれてみましょう。

ここからはProtoolsでの説明です。シグナルジェネレーター(以下SG)というプラグインを使います。
SGは信号を発生させるプラグインで調整に必要な信号を出すことができます。
マルチモノプラグイン-Otherに入っています。
使用する信号はサイン波の1kHzです。サイン波の1kが出ればなんでもいいです。
(サイン波は一番シンプルな波形、1kHzは可聴帯域の中心に近く機材の測定で頻繁に使用します。
SSLなどのレコーディングコンソールでもセンターセクションに1kHzを基本に数パターンの周波数のサイン波を出せるSGがついています。)

先ほど使用した音源のトラックの横にステレオトラックを作ってSGプラグインを挿します。
かならず音源と同じ環境で信号を出してください。
20180424.png 
モノラルトラックでステレオ出力にするとLRそれぞれレベルが下がります。
モノラルトラック、モノ出力2つでLとR2つ出力してもいいですが作業が倍になります。

SGを立ち上げると最初にサイン波が-20dBで出力されます。
20180424-2.png 
これが-20dBFSという基準になります。

この状況でまずVUを見ます。
この時針が0VUよりぶっちぎって入ればミュートしつつSG側を-22,-24dBと下げていき、
0VUより低ければ-18,-16dBと上げていって0VU付近まで出力を近づけます。

20180424-3.jpg 
(大体合った状態)

0VU付近まで近づいたら最後にVU側のトリムで微調整を行い左右バラバラの針を0VUまで合わせてください。
これでSGの出力が-10dBFSの場合、-10dBFS=0VUになったということになります。

調整後の使い方

ここで目安にした音源がCDなどマスタリング後の音源の場合かなり音圧が高い状態のものになり、
これからする作業がレコーディングやミックスの場合は0VUまで上げる必要はありません。

今調整したトリムが一番右の場合、残りの3つに例えば2dBずつ低い基準信号で設定しておいてミックスでは大体-14dBFS、録りでは-16dBFSくらいで振らすという具合に使ってください(あくまでもレベルは1例です)。

この調整で基準レベルをどれくらいにするかはジャンルやトラック数、トラックの内容にかなり影響しますので初めての方は是非ご自分で研究して見てください。

dBFSは共通言語になりますので自分はミックスまででマスタリングは他の人という場合、マスタリングされる方とか周りに相談して見てください。
「今度のミックス-10dBFS=0VUでだいたい0VU振ってるくらいで渡すけど」
「それでかすぎじゃね?」
こんな感じです(笑)

最後に

今回は単位など専門的な用語が多かったですが慣れれば割とすぐに調整できます。1度調整すればインターフェースが変わらない限り基本毎回する必要はありません。VUへの出力にボリュームが付いている場合はボリュームを動かすたびに調整してください。ボリュームが小さすぎるとメーターも0VUまで振れません。

最悪、音源だけで調整してもいいですが基準信号がないと大体どれくらい振らせているのかわからなくなります。

CD等の音源をDAWに取り込んでいろいろとVUを眺めて見てください。
itunesなどDAWと同じレベルで出力できるのであればそれでもいいです。
この音源は大体-10dBFSだなとか、これは-8dBFSまでつっこんであるなとかわかります。
CDは通常プロのマスタリングエンジニアがプロの機材を使ってマスタリングしていますので、安易に同じくらいVUを振らそうとすると音が破綻します(笑)くれぐれも突っ込みすぎにはご注意ください。。。

http://store.shinya-s-studio.com/ca8/84/p-r8-s/

なにか質問がありましたらコメントかDMなどお気軽にお寄せください。

VariNuってなんなの?



Varinu180206.png 
今回はShinya's Studioの新商品VariNuについて解説していきます。
VariNuはKORG製の新型真空管Nutubeを使ったVariMu動作型の真空管コンプです。

「VariMuってManleyのVariMuでしょ?」と思われた方、惜しいですが違います!

まずVariMuというのは真空管の種類です。バリミュー管という真空管を使ったコンプをVariMuコンプと分類します。Manleyは製品名にVariMuと入っているのでVariMu=Manleyという印象が強いですが分かりやすくいうとLA2をオプトコンプ、1176をFETコンプという感じですね。

music_shinkuukan.png 

ManleyのVariMuは割と新しめの機材でして昔からあるVariMu型のコンプといえば

Fairchildの660/670
TelefunkenのV73
UniversalAudioの175,176(今はRetroが有名ですかね)
Altecの436
など、、、

上記の機材はまだFETやVCAが部品として出る前にVariMu管を使って製作されたものです。
ちなみにVCAはOpampの様な集積回路でしてDBXのディスクリートVCAを分解すると中にFETが入っているなんてこともあるのでFETとVCAは似た者通しです。

VariMuというのはMu(増幅率)がVariable(変化)する真空管ということで真空管に加えるバイアスを変えると増幅率(ゲイン)が変わりコンプさせることができるという仕組みです。670などは真空管が20本以上挿さっていますが、実際音が通っているのはバリミュー管だけであとは検出回路や電源に使用されています。

今回はいわゆる真空管のバリミュー管を使う代わりにKORG製Nutubeを使ってコンプさせるVariNuというものを商品化しました。本来Nutubeはバリミューとして使用することを前提とされていませんが試行錯誤の上ようやくコンプ化することに成功しました。しかも今回はマスタリング仕様で全てステップ式、かつスレッショルドとアウトは0,5dBステップです。
Nutubeの増幅率を変化させるということでVariNuと名付けました(笑)

全く革新的なものかというとそういうことではありません。

心臓部のNutube部分はFairchild 670を、
検出回路はBusCompを、
出力回路は1073を、
それぞれ参考に組み上げています。

現在まだ製作中ですが製作が完了次第動画をアップする予定ですので是非ご覧ください!

History of recording gear



History of recording gearと題して今回は有名なレコーディング機材の年表をまとめて見ました。
自分用でもあります。
追加希望のものがあればコメント下さい。または情報がありましたらソースを添えてコメント下さい。
一応1970年あたり〜現状までとしていますが書き換えやすいように画像ではなくテキストにしていますので60年代やそれ以前もまた気が向いたら追加します。


         
SSLNEVEOther
1970---1073/1066/336091176 Rev.C
1971API 550A
19731176 Rev.D.E.F
19741081
1980---SL 4000E
1986V1U87 Ai
1987V3
1988VR
1989SL 4000GSONY 3348
1990---
1991VR LegendProtools 1
1994SL 9000JAMEK 9098
1997Protools 24
2000---1176 Re-Issue
200188R
2002XL 9000KProtools HD
2004AWS900
2006Duality
20081176 AE/TLM67
2010---
2011Protools HDX
 

プラグインとアナログ機材で何が違うか。



お久しぶりです(笑)
今日はよく議論されているプラグインとアナログ機材で何が違うかを書いてみようかと思います。
思いつきでその都度更新します。

まずデジタルのハイレゾについてざっくりと。ハイレゾを知らない人はググってください。
ハイレゾのメリットについてまだ「20kHz以上が収録される」ということを強調して書かれているものが多いですが20kHz以上はわりとどうでもいい気がしています。歳をとるにつれ可聴帯域は減って来ますが年配の方はハイレゾの違いがわからないかというとそういうことではないです。

MP3で考えれば簡単ですが、128kbpsと320kbpsの音の違いは帯域幅だけでしょうか。
サンプリングレートが下がるとあの独特のシュワシュワ感などもありますよね(笑)可聴帯域においても情報量が全く違うわけです。それのMaxがアナログなわけです。wavでいうところの無限大kHz、無限大Bitなんです。デジタルで処理しようとすると無限大バイトのHDD、CPU、メモリが必要です、、、

アナログにおいてSNは通した分悪化していきますが、デジタルでも通した分SNだけでなく情報量が劣化していきます。サンプリングレート、ビットレートをあげれば劣化がマシになるだけです。
96k/32bitだったらいいでしょと思うかもしれませんが100MHz以上のオシロでみるとカクカク具合に驚きます。オーディオインターフェースでオシロ機能などもありますがアナログの測定器としては使えたものではないです。

20170109-3.png 

上の画像は以前の記事で紹介したものですが5kHzの矩形波をオシロ(黄色)でみたものと、96kでAD/DAしたもの(青)です。全く違います。周波数が上がるほど(10kHzとか20kHzとか)もっとやばくなります。
詳しくはこちら
http://blog.shinya-s-studio.com/blog-entry-870.html
上で20kHz以上は割とどうでもいいと書いたわりに矩形波だと倍音が影響して20kHz以上も関係してくるので後日倍音がないサイン波で検証した記事を書きます。ちなみに20kHz以上もどうでもいいわけでないです。すみません(笑)

デジカメでも800万画素あればいいとされていますが、それは切り取って拡大しないことを前提とした話。音に関してもデジタル領域においてコンプで叩いて大きくする。EQでゲインを上げるなどするとどんどん荒くなって来ます。もちろんマイクレベルを直で録音してデジタルで上げるようなことはしません。録音においてマイクプリだけは必須です。

もちろんプラグインを使わないでミックスしている音源はもはや0に近いでしょうしデジタルを否定しているわけではないですが、音以外にもメリット、デメリットが違うので用途がかなり違うということです。

結局プラグインとアナログ機材でどう違うんだ、という方もいらっしゃるかもしれませんが答えは簡単。

アナログ機材でアナログ的にゴリゴリのバキバキにしたいときはアナログ機材、
プラグインでデジタル的にパキパキのバキバキにしたいときはプラグインでやってください(笑)

当たり前ですがアナログシミュレート系のプラグインよりかはアナログ機材の方がいい場合が多いです。

「アナログのバスコンプよりプラグインのOzoneやL3の方が良いよ!」とかだめです。
焼肉よりスイーツが好きというようなものです(違うかな、、、

録りからミックスまで自分がやる場合は、、、
こりゃマイクを変えようとか
こりゃ楽器を変えようとか
こりゃ録りの時にアナログ機材でやろうとか
こりゃアナログ機材でやるけどミックスでやろうとか
こりゃミックスでプラグインでやろうとか
考えながらやりますよね。

プラグインは1つ買えば修理も必要なく、コピペもできて、リコールも簡単。是非使い分けてください〜。そしてミックス用にもShinya's Studioのアナログ機材を検討してください(笑)

連続可変とステップ式の機材は何が違う?



おはようございます。もう11月ですね。早いです。今年はInter BEEに久しぶりに参戦します。もちろん出展ではないです(笑)

さて今回は「連続可変とステップ式の機材は何が違う」かの記事です。最近ステップ式についてのお問い合わせをいただく機会が増えました。そこでその違いを書きます。価格の話も入れます。

まず今回の記事は「抵抗値を切り替えている部分の話」というのが大前提です。回路の中にはコンデンサーやその他回路自体などを切り替えている場合もあります。

連続可変とステップ式の違いですが、まず機材のつまみの後ろには電子部品が必ずくっついています。
連続可変の場合は可変抵抗という可変できる抵抗器が付いておりそれを回すことで抵抗値が変わります。
$_57.jpg 
それに対し、ステップ式はロータリースイッチというスイッチがついておりそこに抵抗器などを半田付けして切り替えることで抵抗値を切り替えます。
6089-7497105.jpg
というわけでまず部品が違うわけです。

可変抵抗からスイッチへの変更は可能な場合がありますがステップ数によってかなり価格が変わってきます。可変抵抗自体の価格は500円〜2,000円程度が一般的ですが、ロータリースイッチはステップ数と回路数によってかなり変わります。
ステップ数は大体1step36度、30度、15度、とありますが一般的な30度で最大12Stepまで(360÷30)、その他24、48までとなります。48Stepまで行くと1万円以上、2回路以上では数万円となる場合があります。

さらにこれは部品代のみの話で可変抵抗はもともと抵抗ですが、スイッチは切り替えるのみなので抵抗を半田付けしないといけません。抵抗は都度選別し、48stepだと最低48箇所、2回路だとその倍となり工賃もかなり上がります。Bカーブだと同じ抵抗をつければいいですがlog系だと抵抗をそれぞれ変えないといけません。

中には可変抵抗にクリック感がついているだけのものもあります。こちらは安い(可変抵抗+α)ですが可変抵抗並みの誤差が出ますのであまり変更する意味はないかなと思います。これの一番メジャーなのがEQのゲインセクションでよくあるセンタークリック(真ん中のゼロの時にクリック感があるもの)です。

ロータリースイッチによるステップ式の良さは色々とありますが、カーブをどんなものでも作ることができるということだと思います。可変抵抗はJISで言うA、B、Cカーブなど色々ありますが回路によってAでもえぐったほうがいいとかBに近いほうがいいとか、定数によって計算である程度カーブの理想が出ますのでステップ式だと理想に近づけられます。

上記の金額は1箇所ですのでステレオで数カ所となるとかなり高額になりますがこのような感じです!