FC2ブログ

Transbox比較音源



Transboxの新ロットが完成しました!

Transbox_2nd_F.png 
NeveでおなじみイギリスのCarnhill製のトランスを使用しています。
トランスを使っていない機材の前後に入れてトランス感を出すことができます。

比較音源も作りました!リンクをWebstoreにそのまま貼りたかったのですが表示がうまくいかないのでのこちらからリンクします。
インサーションロスは負荷によって約0〜3dBありますが、今回は比較用にBypassとの音量差がゼロになるようにレベルを調整しています。

新ロットから600オームトランス受けでない機材用に600オームターミネーションスイッチもつけました。
今回はI/Oの行って来いなのでスイッチはオンにしています。





是非よろしくお願いします!

1176 Rev.Dを修理しました。



こんにちは。2日前にブログを書いたばかりですがまた書きます。やる気がありますね!(笑)

Shinya's StudioはSNSを数年前からやっていますが、最近リアルで知り合いのエンジニアさんと繋がって1176の修理を依頼されました。よく私がアシスタント時代にお世話になった方です。
当方の1U76ではないです。それもちょっと特殊でpurple audioのものとureiのいわゆるrev.Dというビンテージものの合計2台です。

せっかくなので一緒に写真を撮りました!
IMG_4277.png 

上から
Shinya's Studio EQP-Nutube(出荷前)
Shinya's Studio 1U76(在庫品)
Shinya's Studio 1U76 ChStrip(出荷前)
Universal Audio 1176(現行品、研究用私物)
Purple audio MC76
Urei 1176 rev.D
です。

パープルはプラグイン(bomb factory)でしか見たことない方も多いのではないでしょうか?
protoolsを使われていない方はそれすらないかも?

purpleのmc76は基本的にrev.dと同じですがサードパーティ製で今76のコピーが流行っていますがそれの走りかと思います。

修理の依頼内容は
mc76は正しく動作しない、
1176rev.dは動作しているっぽいけどメーターが動かない。
という感じ。

さてみなさんはどっちが重症だと思いますか?(笑)

実はrev.dが重症なんです、、、
mc76は内部調整だけで終わったのでレポートは割愛します。

rev.Dはメーターが壊れていました、、メーター自体を分解したり測定したり色々調べましたがダメでした。
試しにsifamのメーターに変えるとしっかり動作します。が物理的にいろいろ問題があるのでこれは使えません。
しかもこの元のメーターmodutecというメーカーで手に入れるには少し厄介。日本のいろいろなところに聞きましたがどこも在庫を抱えておらずアメリカはLAから輸入しました(有名なリペアパーツ屋さんです)。そのお値段送料のみで6000円、本体はsifamの5倍!!まだ作っていると思いますが、新品は見当たらず、いわゆるNOSというものを手に入れました。

それでは修理過程をざっくり公開しましょう。特別だぞ!?(笑)

まず故障しているメーター(左)と届いたメーター(右)です。
IMG_2979_20180916133908bc9.jpg 

メーターは全く同じですがパネルのロゴが現行のUAになっています。ureiに付ける場合は元から取って変えてくれとのこと。
IMG_2980_2018091613390942b.jpg 

メーターのベゼルを慎重に開けてパネルを外します。パネルは金属製(多分アルミ)でした。sifamはプラです。
IMG_2982_20180916133911f11.jpg 

そして元の壊れたVUからパネルを取り外し新しいVUに取り付けます。
若干パネルのサイズが違ったので加工しました。
IMG_2987_20180916133911f7e.jpg 

1176から壊れたメーターを外した状態。
IMG_2978_20180916133907d77.jpg 

新しいVUメーターにランプを固定するためのブラケットなどを移植し、76にはめます。
IMG_2990_20180916133913204.jpg 

ランプは最初つかなかったので切れているのかと思いきや入ってすらなかったです(笑)
なので新しいランプを取り付けました。
IMG_2991_20180916133914c9e.jpg IMG_2993_20180916133916839.jpg

無事に光ってメーターも0まできています。
IMG_2995_20180916133918be2.jpg 

あとは内部の再調整、測定器でいろいろな箇所を測定し問題がないことをチェックして終わりです。
個人的にf特や歪率なども気になるのでいろいろ測定して自分用に資料を作りました(笑)

基本的に他社製品の修理は受け付けていませんが、知り合い限定、できそうなもの限定でやっています。76系は何十台と作ってきたのでさすがにできます。目をつぶって逆立ちしても小指でできm(ry
部品の入手には苦労しますが、、、

有名スタジオの機材だったものですが内部回路は色々改造されていてメンテの方の思想が見えて面白かったです。

シルバーとか他のリビジョンもまた機会があればブログ書きたいですね。

Shinya's Studioの76たちも是非。
http://store.shinya-s-studio.com/?ca=2

1176ブラック系のランプの交換方法はこちらの記事

mouse works復活?



今回は機材と違ってトラックボールのお話です。今回もニッチな話になります(笑)

Mouse works

mouse worksというソフトをご存知でしょうか?レコーディング業界標準、みんな大好きケンジントンのトラックボール用の設定ソフトでした!過去形なのは今はtrackball worksというものに変わっています。たしかMAC OSの10,8くらいで変わったかと?

私が使っているケンジントンのトラックボールはこのタイプです。

今安いですね、、、買った当時は15,000円はしていたかと、、、

Trackball worksとの違い

普段、Protoolsでたまに複雑な複数のショートカットを1つのボタンで実行したい衝動に駆られます。例えば編集画面で「下、ペースト、上、tab」というようなこと。
これは主にドラムトラックの差し替えの時に使用します。
参考にするトラックを用意しておき、差し替えるための空トラックをその下に。
あらかじめコピーしておいた素材を貼り付けて参考トラックに戻り次の波形まで行くというものです。これでクリックするたびに素材が貼られていきます(笑)。

ご存知の方もおられると思いますが、昔は上記の内容が「mouse works」でできていました。ところが「trackball works」というソフトに変わってできなくなってしまいました。そこでいろいろ探していてようやくKarabinerというソフトで出来ることがわかりました。今回は自分のためにもその方法をここに書いておこうと思います。当方環境がMacなのでMacでの解説となります。

Mouse works復活まで

さて、まずTrackball worksでボタンの設定をします。
設定したいボタンを分かりやすく変更します。
スクリーンショット 2018-08-24-1 

ここではあまり使わない左上のボタンを参考に「ボタン4」へ変更しました。
「ボタン4」は「追加」→「マウスとキーボード」の中にあります。

次に「Karabiner」というアプリをインストールします。
最新のver12では仕様が変わったようでやり方がわからないためver10.22.0を使います。
(ご存知の方は教えて下さい。mac os 10.12 sierraでは動きました。)
https://pqrs.org/osx/karabiner/

インストールが終わったら「Karabiner」を開いて設定をします。
開くと「Misc & Uninstall」というタブの中に「Open private.xml」というボタンがあるのでクリックします。

するとFinderに「private.xml」が出てきますのでテキストエディットとかのアプリで開きます。
最初は以下のようになっているかと思います。

<?xml version="1.0"?>
<root>
</root>

そこにとりあえず下記のようにコピペして下さい(笑)。

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <item>
    <name>Change button4 to the past</name>
    <identifier>remap.button4_to_p</identifier>
    <autogen>
      __KeyToKey__ 
      PointingButton::BUTTON4, 
      KeyCode::SEMICOLON, KeyCode::V, KeyCode::P, KeyCode::TAB,
    </autogen>
  </item>
</root>

name欄は分かりやすければなんでもいいです。
意味は「ボタン4」を「;」「V」「P」「TAB」へ変えるぞ!ということなので必要に応じて適宜変えて下さい。これでprivate.xmlを保存して閉じる。

そしてKarabinerアプリのChange keyタブのReload XMLをクリックすると
「Change button 4 to the past」が出てくるのでこれをチェック。これで完了です。

使ってみる

お待たせしました。さてこれでprotoolsで使って見ましょう。
コマンドは「下」「ペースト」「上」「タブ(次へ)」なので適当にスネアトラックとその下に貼り付けるための空トラックを用意して、クリップボードには貼り付けたいオーディオをコピーしておきます。

あとは最初にカーソルを貼りたい波形の頭に持ってきてポチポチすると高速で貼られていきます(笑)
たまにゴーストノートとかキックのカブリで引っかかるのでTabで飛ばして下さい。
20180824blog.gif 

最後に

以上でmouse works復活です!あまりプログラミング系は詳しく無いのでもっと簡単にできる方法や最新のkarabinerでできる方法がありましたらおしらせください。

今回はスネアを差し替えるコマンドでしたが、スネアを貼るのはプラグインでもできますので他のコマンドにも流用して見て下さい。

トラックボールは昔4つボタン以外にもさらに6つボタンがついたものがありました。


protoolsにまだプレイリストを表chへコピーする機能がない頃、私がアシでmouse worksだった頃、これを駆使して高速でテイク切り替えておられるエンジニアさんがいらっしゃいました(笑)
やり方はテイク1から6まで並べて置いて
ボタン1に「下、コピー、上、ペースト」
ボタン2に「下、下、コピー、上、上、ペースト」
という具合(笑)初めて見たときは衝撃でした。

これをprotools以外でやってしまうとバグるので(笑)trackball worksの設定は全てのアプリケーションではなくprotoolsのみにしておくか使うときだけ設定する方がいいと思います。

他にも便利なコマンドはいろいろあると思いますので是非試して見て下さい。
簡単な「command + =」などはtrackball worksのみでできます。

9000Jをノックダウンしよう!



こんばんは。

今日は9000Jのノックダウンの仕方について書きます。される方はいないと思いますので私の備忘録です(笑)
9000J_test1.png 

まず9000JというのはSSLのコンソールで4000シリーズの後に出たモデルです。5000とか6000とかありますが4000と9000が有名では無いでしょうか。

4000はかなりノックダウンしてきましたが9000は4000のように各セクションカードになっておりませんのでそのままノックダウンすることが定石のようです。大抵はHA、EQ、DYNセクションのみで他を切り落として19インチに横型にラックマウントするようですがShinya's Studioではそのままノックダウンできるようにケースを設計しました(笑)
http://store.shinya-s-studio.com/ca3/97/p-r-s/

海外で木製のケースに入れてあるものを見ますがやはり木製だと重くなってしまったり、かさばったり、あと放熱の面で心配になります。

ケースは基本的にコンソールと同じく縦型に使用します。スタンドを外せば横にも使えますが文字などが横になりますので使うときに顔を横にしないといけません。

さてコンソールをみるとかなり複雑そうな感じがしますが必要なのは電源とインアウトだけですがこの電源がやっかいです。ピン配置はお調べください。

電源は+18V/-18V/+22V/-25V/+8V/+5V/+48Vの7種類くらい必要です。。。
18Vの両電源は主にオーディオ用オペアンプなどの電源、
+22Vはデジタル系FETのバイアスかな?テストのときにも無いとすごい発熱と思います。
-25VもオーディオのFETスイッチ用に使用します。無いと音が出ません(笑)
+48Vはファンタムです。ファンタムが必要なければなくてもいいです。
+8VはLEDやロジックに使用します。
+5Vも外からロジックをオンするのに使用します。なくてもそれなりに動作しますがRECモードなど指定してやる必要があります。

この中で電流を食うのは18Vの両電源とLEDなど用の+8Vです。
必要な部分だけ使えば少ないのですが今回のようにスモールフェーダーを生かしたりBUS SWを点灯させるにはだいたいモジュール1本につきそれぞれ1Aくらい必要です。
9000シリーズの電源はスイッチング電源ですが今回のノックダウンではシリーズ電源でやります。
シリーズ電源は入出力のドロップに3V程度必要なので2chで約18Wの熱が出ます。
いつも19インチラックでやるときはせいぜい1Wくらいなので18倍のヒートシンクが必要です。。。

ヒートシンクは外に出して巨大なものを3つつけます(+18V/-18V/+8V用)

消費電力は150W予定です。いつもは20W程度なので7〜8倍でしょうか。
150Wというと家電的には多くもなく、少なくもなくという感じで100Wの電球と60Wの電球をつけたくらい?mac mini 2台分くらいかなと。
電源は中に入れる予定ですが20kg程度になる予定です。果たしてこれは発送できるのでしょうか?
専用の分厚い段ボールも設計しないといけません。

また需要があれば気が向いたときに続きを書きます。

Canonのミラーレス一眼買いました!



今回はShinya's Studioの機材ではなく、Canonのカメラについての記事です。機材についてのみ興味のある方はスルーしてください(笑)今回はカメラについてのみ書きます!

さてついにCanonのミラーレス一眼を買いました!


私の一眼レフ歴としては
Canon EOS kiss F
Canon EOS kiss X6i
そして今回のCanon EOS kiss Mとなります。

電気屋さんで見た時は白のモデルしかなくボディはプラスチックで光沢仕様だったのでしょぼかったのですが、黒はマットでかっこいいです!

ミラーレス一眼といえばソニーの一択となりつつありますが理由をお聞きください(笑)
今回カメラを買った理由は旅行など外出時に軽いカメラが欲しかった。そしてCanon EF-M 22mm f2.0というレンズが個人的にかなり前から気に入っていました。そこでボディもCanon一択だったわけです。

SONYのミラーレスのα7シリーズはいいのですがやはり高いのと、フルサイズなのでセンサーが大きくて綺麗なのですがレンズも大きくなり重くなります、、、

EF-M 22mm f2.0はパンケーキレンズということですごく薄くて軽い!EOS kiss Mもミラーレスで軽いので全部で超軽い!
22mmという割とAPS-Cでは使いやすい広さでF2.0という明るさは個人的には神レンズです。
他にEF 50mm F1.8という安いレンズがありますがAPS-Cで50mmはかなり望遠です、、、
このレンズはそれこそカフェでシャレオツなカプチーノを撮る女子に向いています!(笑)

というわけで早速写真を撮って見ました!
IMG_1583.jpg 

実はレンズ自体気に入っていてすでにレンズだけ買っていました。ボディは当時まだいいのが出ていなくてM2とかM3という以前のモデルをレンタルして試していました。なのであまり感動はありません。

今回購入に至ったわけはkiss Mになって液晶がバリアングルになったこと。
以前のミラーレスモデルは液晶が動くものでもチルト式というタイプで上下にしか傾けられませんでした。今回はX6iと同じく左右にもできます!

あとミラーレスのデメリットであるファインダーがないのでEVF搭載な点。ついていないモデルorオプションのモデルもあります。

そして一眼の心臓部である映像エンジン(パソコンで言うCPU?)がDIGIC8になりました!
X6iはDIGIC5です(一気に3つ上がりました)。
DIGICが新しいとどうなるかというと連写性能があがったり、暗い時にゲインを上げた時のノイズが少なくなったり、動画だと今回ついに4Kに対応しています(なんちゃってではありますが、、、)。

先代のX6iと今回のkiss Mを比較をしました。
 
[ kiss X6i ] [ kiss M ]
映像エンジンDIGIC5DIGIC8
動画FHD 30p4K 24P
連写性能5コマ/秒10コマ/秒
最高ISO2560051200
Wifiなしあり
電子水準器なしあり
重量(バッテリー+カード有り)575g387g

ミラーレス用のマウントEF-Mと普通のマウントEF/EF-Sのアダプターも買ってあるのでこれまでのレンズも使えます。重いですが、、、

そして今回買った最大の理由は分割払いです!!(笑)
今回はマップカメラさんで買いました。人気のモデルのようでどこも品薄でしたがマップカメラさんでは在庫がありました。そして48回まで金利手数料無料!さすがに定価6万円なので12回の月5千円で買いました!(笑)一気にハードルが下がりますね!!
マップカメラさんは以前もレンズ?を買いました。なんかおしゃれなコースターが付いてきて好印象だったのですが今回はありませんでした、、、(笑)

ミラーレスはデメリットもあります。

ミラーがないのでファインダーは電子ファインダーになります。液晶をちっちゃくしたやつを覗くだけです。常になにかしらの液晶をみているのでミラーあり一眼より電池を食います、、、

あと電子ファインダーでも本体液晶でも照明がフリッカーを起こしていると撮る時邪魔です(笑)
ミラーあり一眼は撮る時はファインダーでみて撮った確認は静止画なので動画を録る時以外はフリッカーを目視することはないです。

そして一眼レフのいいところはレンズを変えられる点なのですが、ミラーがないためセンサーむき出しになりレンズ交換の時にセンサーに傷がつく確率がぐっとあがります。センサーに傷がついたらカメラとして終わりです、、、普通の一眼レフの場合はミラーがありセンサーの前にカバーがついています。シャッター押した時だけミラーが上がりカバーが開くので2重で防げますがCanonのミラーレスにはカバーすらありません。。。

あと今回のEOS KISS Mになって本体のダイヤルが1つ減りました、、、撮る時にいろいろな設定を各ダイヤルで調整するのですが、ダイヤルの機能を別ボタンで切り替えないといけなくなりました。

と、ミラーレスにはデメリットも多いですが仕事でなにか動きの速いものを撮るわけではないので、それ以上のメリットで今回購入になりました!

世間的にはSONY一択な感じですが個人的にはCanonさんはいいところを言っていると思います。重量的にミラーレスに近いKiss x7とかx9もいいですね。EF-M 22mm F2.0が使えてセンサーが同じだったら欲しかったです。

あとはセンサーにフタをつけてもらってダイヤルを増やしてもらって4Kの60Pに対応していただければ完璧です!APS-Cでお願いします!

持ち歩かずに機材紹介の動画専用ということであればSONYのα7シリーズも欲しいですがレンズを持っていないのでなにかしら合わせて買わないといけません。

というわけでこの日を境にもう少しましな商品画像、商品動画になるかなと思います!
今後とも宜しくお願いします!
ひきつづき動画用の音源募集しております!