Eagle CAD TIPS1



今回はEagle CAD TIPSと題して普段PCBの設計で使用しているCAD SOFTのEagleについてTIPS(コツ)を書いていこうと思います。カテゴリーもEagle専用のものを追加しました!

かなりニッチな分野でほぼ自分の備忘録として書きますので興味ない方は飛ばしてください。
不定期で更新しますが徐々に内容が薄くなるかと思います(笑)

Eagleは年に4万円払っています。元を取るために基板はもちろん板金屋さんに出す用の3面図、フロントパネル加工用の平面図、設計などもこれでやっています。あとSNS用の説明画像などもこれでつくります。結構便利です。

さて今回は普段Eagleで設定しているショートカットについて書いていきます。
ショートカットはMACを想定しています。

Eagleではショートカットを決めることができます。Protoolsなど他のソフトと似せた仕様にして自分の使いやすさを上げています。

ショートカットは基板を書くBRD、回路図を書くSCH、部品のLBRの3種類ありますがほぼ同じなのでBRDについて書きます。

Cmd+C Copy
Cmd+D Delete
F1 Grid; (Grid On/OFF)
F2 Window fit
Cmd+G Group
Cmd+I Info
Cmd+M Move
Cmd+R Route
Ctrl+R Ratsnest
Ctrl+V Value
Ctrl+I grid inch 0.05 alt inch 0.025 ;
Ctrl+M grid mm 1 alt mm 0.5 ;

こんな感じに設定しています。

Ctrl+I、Ctrl+Mはグリッドをミリとインチで切り替えるショートカットです。
Eagleはmic,mm,mil,inchの4つの単位が使えますがmic,milはほぼ使わないのでinchとmmの切り替えを設定しています。指定の仕方は

grid (単位記号) (グリッド幅) (multiple幅) alt (単位記号) (グリッド幅) ;

となります。multipleやalt以降は必要ない場合は省略可能で、現状multipleは省いています。
これにより切り替えがスムーズにできます。
altはmacではoptionを押した時に細かく動いてくれる値でgrid幅の1/2や1/4、1/10とかに設定します。

またOS側で
Swtich to schematic
Switch to board
をCmd+=に設定しています。Protoolsのmixer,track画面切り替えと同じです。
そしてトラックボールの右下をこのCmd+=にしています。
これでボタン一つで回路図とPCBを行き来できます。
当方は回路図とPCBを同時に作っていく派ですのでこれは便利です。

Cmd+SのSaveなどは最初から登録されています。

History of recording gear



History of recording gearと題して今回は有名なレコーディング機材の年表をまとめて見ました。
自分用でもあります。
追加希望のものがあればコメント下さい。または情報がありましたらソースを添えてコメント下さい。
一応1970年あたり〜現状までとしていますが書き換えやすいように画像ではなくテキストにしていますので60年代やそれ以前もまた気が向いたら追加します。


         
SSLNEVEOther
1970---1073/1066/336091176 Rev.C
1971API 550A
19731176 Rev.D.E.F
19741081
1980---SL 4000E
1986V1U87 Ai
1987V3
1988VR
1989SL 4000GSONY 3348
1990---
1991VR LegendProtools 1
1994SL 9000JAMEK 9098
1997Protools 24
2000---1176 Re-Issue
200188R
2002XL 9000KProtools HD
2004AWS900
2006Duality
20081176 AE/TLM67
2010---
2011Protools HDX
 

スライダックを買いました。



スライダックを買いました。ヤフオクで送料入れても3,000円くらいでした。周辺のケーブルはついてませんので自作します。

Slidac.jpeg 

以前から持っておかないとと思っていましたが、この年末年始に知り合いの某有名ガレージメーカーさんを数社回る機会がありましてそこでスライダックの話になり購入に至りました。

ガレージメーカーさんは皆さんご存知のところで、いろいろと相談させていただきました。そういう意味ではやはり兵庫出身の自分としては東京は便利だなと思います。ニューヨークにしか憧れはないのですが、、、(笑)

スライダックというものをご存知ない方がいらっしゃると思いますのでここで触れておきます。PAさんではおなじみではないでしょうか。スライダックは商用電源100Vを0〜130V程度に可変させる装置です。現場では100Vが下回った時に機器を安定して動作させるために100Vまで上げる用途で使用します。メーカーや仕様により200V入力などあります。「スライダック」というのは東芝の商標で今はやってませんので山菱の「ボルトスライダー」や東京理工舎の「スライドトランス」というのが現行になるかと思います。エレクトーン的な感じですね。
今回購入したものは山菱製です。これでいろんな電圧を想定した設計が楽にできます。これまでは内部の電源トランスを変えていました。先日購入した電圧、電流計と組み合わせるといい感じになります。

電圧を可変するものは可変抵抗やトランス、モーターコントローラー内部のトライアックなどがあります。可変抵抗は昇圧はできず、抵抗器で電圧を降下させるのみです。そのため1Aで30V落とすと約30W熱が発生します。電子部品などの可変抵抗であれば一発で燃えます。

トライアックは100Vの波形の位相を変化させて電圧を変えているので発熱は少ないですがオーディオ機器には使えません。うちにある自作のものはボール盤やディスクグラインダーなどの速度調整に使用しています。

スライダックはトランスの仕組みでトランスのコイル上を動いて電圧を変えているので昇圧と降圧どちらも可能です。昇圧トランスと降圧トランスがくっついたような感じです。電圧、電流を変換しているので熱も出にくいですし波形も変化しづらいです。

117Vの機器を動かす昇圧トランスの代わりに使ってもいいですが100W、300Wくらいからしかないのと、あまりちゃんとしたシールドがされていないので磁場を撒き散らすと思います。入出力がトランスの機器や内部がハイインピの機器を使用する際は十分に離してください(笑)

今回のものは300VAですが意外と小さく重さも3kg以下です。2Lペットボトル1,5個分ですかね。

あと安定化はされていないのと昇圧トランスのように100V→117Vと良くも悪くも固定されていないのでテスターはあったほうがいいです。元が100Vから前後すると出力も前後します。
今年は測定器系にも投資を増やしたいと思っていますのでこちらでも触れていきます。

電圧電流電力計 PR10-E 購入



こんにちは。今回は商品レビューです。
PR10-Eという測定器を購入しました。まだあまりレビューがないようでしたのでこちらで紹介します。

IMG_0424.jpg 

まず今回の商品は交流100Vの電圧計、電流計、電力計などが同時に見られる測定器です。
実はずっと前からShinya's Studioの商品開発用に電流計を探していたのですがあまりいいものが国内で見当たりませんでした。そこで海外に目を広げてみるとaliexpressという中国マーケットでいいものを見つけました。

IMG_0415.jpg IMG_0414.jpg

このaliexpressはアリババグループが運営する日本でいう楽天みたいなものだと思います。
アリババ自体も商品購入できますがおもにロット1000とか業者向け、aliexpressは個人向けの印象です。当方もすでに何回か利用しておりアメリカでいうeBay的な感じで特に違和感などもありません。

自分的に必要だったのは

1、電圧計、電流計、電力計がついていること
2、それらが全て同時に見られること
3、電圧計は1V単位、電流計は0,1A単位、電力計は1W単位でそれぞれ十分

という内容でした。日本のアマゾンや楽天、ヤフーその他では見つけられませんでしたがaliexpressでようやく見つけました。価格は送料無料、45USDだったかと思います。

この製品は上記の希望を満たすどころか分解能はもっとあります。精度はまだわかりませんが20Wの電球で20Wと出ているので実用十分です。あと説明を読むとパワーレコーダーということで記録してくれたり、電気料金を計算できるそうですがそんな機能は不要です。用途としては機材を製作する上で電源トランスの容量を決定するときの目安にします。

メーカーもZHURUIという中国メーカーっぽいです。中国製というとあまりいい印象ではない方もおられるかもしれませんが、最近の電化製品は中身が中国製ということはよくあると思いますしカメラの機材なども台頭してきています。最初商品画像を見たときにあまりに綺麗だったのではめ込み合成かなと思っていたのですがそのままでした。綺麗な液晶です。日本のサンワサプライとかより全然クオリティが高いです。

型番PR10-Eの末尾「E」はどうやらプラグの種類で決定するようでヨーロッパ向け等にPR10-A,PR10-B,PR10-C,PR10-D,PR10-Fなどもあります。日本向けのものはなくアメリカ仕様の3芯となっています。メス側はそのままで使えますが、オスは変換する必要があります。アースはねじ式で取れますがオスネジが本体側に残る仕様で少し怖いです。取ることは想定してないような気がします。

ただ、3芯のオス側、アースは本体の上にくるのでそのまま壁コンセントにさせるアメリカ本国では、壁コンセントに刺そうとすると本体が上下逆さまになるので不評なようです(笑)そこは中国クオリティなのでしょうかね。

今回はあまりレビューがない中で人柱的に購入してみましたがShinya's Studio的には現状で大満足です。技適やらそこらへんは微妙だと思いますので販売代行業などはしません(笑)購入される方は自己責任でお願いします。

サブスクリプションが増えてきました、、、



どうも!もう年末ですね。
Shinya's Studioはこのところロゴの製作を検討しており、有料サービスを含めて色々とお願いしていたのですがまさかのフォロワーさんからDMいただき採用させていただきました!!
ロゴは下記2パターンとイラストのみを切り取ったもので早速SNS、ストア、ブログなど変更しました!これからもShinya's Studioをよろしくお願いします!

300x1200.png  300x300.png
さて、今回はサブスクリプションについてです。最近Shinya's Studioでも買い切りではなく1年ごとなどで支払うサブスクリプション形式のソフトが増えつつあります。特に今回は知識的なことはありませんがメモとしてこちらに箇条書きにしておきます。

●AVID Protools 12
DAWですね。これがなくてはエンジニアもShinya's Studioもできません。1年で約1万円です。

●Autodesk Eagle 8
基板製作用のCADです。去年くらいにAutodeskの仲間入りしました。1年で約4万円です。
本来約8万円なのですが半額セールが来たので2年分(約8万円)購入しました、、、

●MoneyForward MFクラウド確定申告
青色申告用のソフトです。青色は複式必須なのでソフトが必要です。1年で8,800円です。
当方Macで以前から「やるぞ!」を使っていましたがWindowsからのコンバート感やもっさり感があり、微妙でした、、、
これはクラウド型でオフラインではできませんが銀行口座、クレジットカードなどを登録すると自動で読み込み、仕分けしてくれます!あとは勘定科目などをチェックしてOKするだけです。手動でしていた去年が馬鹿らしくなります。。基本的に帳簿は小まめにつける必要がありましたが、これだと1年分が1日で終わります(笑)現金のやりとりは手動打ち込みです。
月に15仕分け以内だと無料ですが仕事で15仕分け以内は厳しいです。

●Adobe CCフォトプラン
LightroomとPhotoshopのセットです。1年で約1万円です。
写真をする人にとって必須なのは分かっていましたがYoutube用にPremiereも追加しようかなとか、Illustratorも必要かなとか、セールはあるかなとか考えてたら導入が遅れてしまいました。
そしてついに最近購入しました。まだまだ勉強中ですがやはり素晴らしいです。ただ編集が手間なのでできるだけ撮って出しできればなと思います。

現状はこの4種、年間で約7万円です、、、忘れているものとかあれば追加します。