FC2ブログ

mouse works復活?



今回は機材と違ってトラックボールのお話です。今回もニッチな話になります(笑)

Mouse works

mouse worksというソフトをご存知でしょうか?レコーディング業界標準、みんな大好きケンジントンのトラックボール用の設定ソフトでした!過去形なのは今はtrackball worksというものに変わっています。たしかMAC OSの10,8くらいで変わったかと?

私が使っているケンジントンのトラックボールはこのタイプです。

今安いですね、、、買った当時は15,000円はしていたかと、、、

Trackball worksとの違い

普段、Protoolsでたまに複雑な複数のショートカットを1つのボタンで実行したい衝動に駆られます。例えば編集画面で「下、ペースト、上、tab」というようなこと。
これは主にドラムトラックの差し替えの時に使用します。
参考にするトラックを用意しておき、差し替えるための空トラックをその下に。
あらかじめコピーしておいた素材を貼り付けて参考トラックに戻り次の波形まで行くというものです。これでクリックするたびに素材が貼られていきます(笑)。

ご存知の方もおられると思いますが、昔は上記の内容が「mouse works」でできていました。ところが「trackball works」というソフトに変わってできなくなってしまいました。そこでいろいろ探していてようやくKarabinerというソフトで出来ることがわかりました。今回は自分のためにもその方法をここに書いておこうと思います。当方環境がMacなのでMacでの解説となります。

Mouse works復活まで

さて、まずTrackball worksでボタンの設定をします。
設定したいボタンを分かりやすく変更します。
スクリーンショット 2018-08-24-1 

ここではあまり使わない左上のボタンを参考に「ボタン4」へ変更しました。
「ボタン4」は「追加」→「マウスとキーボード」の中にあります。

次に「Karabiner」というアプリをインストールします。
最新のver12では仕様が変わったようでやり方がわからないためver10.22.0を使います。
(ご存知の方は教えて下さい。mac os 10.12 sierraでは動きました。)
https://pqrs.org/osx/karabiner/

インストールが終わったら「Karabiner」を開いて設定をします。
開くと「Misc & Uninstall」というタブの中に「Open private.xml」というボタンがあるのでクリックします。

するとFinderに「private.xml」が出てきますのでテキストエディットとかのアプリで開きます。
最初は以下のようになっているかと思います。

<?xml version="1.0"?>
<root>
</root>

そこにとりあえず下記のようにコピペして下さい(笑)。

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <item>
    <name>Change button4 to the past</name>
    <identifier>remap.button4_to_p</identifier>
    <autogen>
      __KeyToKey__ 
      PointingButton::BUTTON4, 
      KeyCode::SEMICOLON, KeyCode::V, KeyCode::P, KeyCode::TAB,
    </autogen>
  </item>
</root>

name欄は分かりやすければなんでもいいです。
意味は「ボタン4」を「;」「V」「P」「TAB」へ変えるぞ!ということなので必要に応じて適宜変えて下さい。これでprivate.xmlを保存して閉じる。

そしてKarabinerアプリのChange keyタブのReload XMLをクリックすると
「Change button 4 to the past」が出てくるのでこれをチェック。これで完了です。

使ってみる

お待たせしました。さてこれでprotoolsで使って見ましょう。
コマンドは「下」「ペースト」「上」「タブ(次へ)」なので適当にスネアトラックとその下に貼り付けるための空トラックを用意して、クリップボードには貼り付けたいオーディオをコピーしておきます。

あとは最初にカーソルを貼りたい波形の頭に持ってきてポチポチすると高速で貼られていきます(笑)
たまにゴーストノートとかキックのカブリで引っかかるのでTabで飛ばして下さい。
20180824blog.gif 

最後に

以上でmouse works復活です!あまりプログラミング系は詳しく無いのでもっと簡単にできる方法や最新のkarabinerでできる方法がありましたらおしらせください。

今回はスネアを差し替えるコマンドでしたが、スネアを貼るのはプラグインでもできますので他のコマンドにも流用して見て下さい。

トラックボールは昔4つボタン以外にもさらに6つボタンがついたものがありました。


protoolsにまだプレイリストを表chへコピーする機能がない頃、私がアシでmouse worksだった頃、これを駆使して高速でテイク切り替えておられるエンジニアさんがいらっしゃいました(笑)
やり方はテイク1から6まで並べて置いて
ボタン1に「下、コピー、上、ペースト」
ボタン2に「下、下、コピー、上、上、ペースト」
という具合(笑)初めて見たときは衝撃でした。

これをprotools以外でやってしまうとバグるので(笑)trackball worksの設定は全てのアプリケーションではなくprotoolsのみにしておくか使うときだけ設定する方がいいと思います。

他にも便利なコマンドはいろいろあると思いますので是非試して見て下さい。
簡単な「command + =」などはtrackball worksのみでできます。

9000Jをノックダウンしよう!



こんばんは。

今日は9000Jのノックダウンの仕方について書きます。される方はいないと思いますので私の備忘録です(笑)
9000J_test1.png 

まず9000JというのはSSLのコンソールで4000シリーズの後に出たモデルです。5000とか6000とかありますが4000と9000が有名では無いでしょうか。

4000はかなりノックダウンしてきましたが9000は4000のように各セクションカードになっておりませんのでそのままノックダウンすることが定石のようです。大抵はHA、EQ、DYNセクションのみで他を切り落として19インチに横型にラックマウントするようですがShinya's Studioではそのままノックダウンできるようにケースを設計しました(笑)
http://store.shinya-s-studio.com/ca3/97/p-r-s/

海外で木製のケースに入れてあるものを見ますがやはり木製だと重くなってしまったり、かさばったり、あと放熱の面で心配になります。

ケースは基本的にコンソールと同じく縦型に使用します。スタンドを外せば横にも使えますが文字などが横になりますので使うときに顔を横にしないといけません。

さてコンソールをみるとかなり複雑そうな感じがしますが必要なのは電源とインアウトだけですがこの電源がやっかいです。ピン配置はお調べください。

電源は+18V/-18V/+22V/-25V/+8V/+5V/+48Vの7種類くらい必要です。。。
18Vの両電源は主にオーディオ用オペアンプなどの電源、
+22Vはデジタル系FETのバイアスかな?テストのときにも無いとすごい発熱と思います。
-25VもオーディオのFETスイッチ用に使用します。無いと音が出ません(笑)
+48Vはファンタムです。ファンタムが必要なければなくてもいいです。
+8VはLEDやロジックに使用します。
+5Vも外からロジックをオンするのに使用します。なくてもそれなりに動作しますがRECモードなど指定してやる必要があります。

この中で電流を食うのは18Vの両電源とLEDなど用の+8Vです。
必要な部分だけ使えば少ないのですが今回のようにスモールフェーダーを生かしたりBUS SWを点灯させるにはだいたいモジュール1本につきそれぞれ1Aくらい必要です。
9000シリーズの電源はスイッチング電源ですが今回のノックダウンではシリーズ電源でやります。
シリーズ電源は入出力のドロップに3V程度必要なので2chで約18Wの熱が出ます。
いつも19インチラックでやるときはせいぜい1Wくらいなので18倍のヒートシンクが必要です。。。

ヒートシンクは外に出して巨大なものを3つつけます(+18V/-18V/+8V用)

消費電力は150W予定です。いつもは20W程度なので7〜8倍でしょうか。
150Wというと家電的には多くもなく、少なくもなくという感じで100Wの電球と60Wの電球をつけたくらい?mac mini 2台分くらいかなと。
電源は中に入れる予定ですが20kg程度になる予定です。果たしてこれは発送できるのでしょうか?
専用の分厚い段ボールも設計しないといけません。

また需要があれば気が向いたときに続きを書きます。

Canonのミラーレス一眼買いました!



今回はShinya's Studioの機材ではなく、Canonのカメラについての記事です。機材についてのみ興味のある方はスルーしてください(笑)今回はカメラについてのみ書きます!

さてついにCanonのミラーレス一眼を買いました!


私の一眼レフ歴としては
Canon EOS kiss F
Canon EOS kiss X6i
そして今回のCanon EOS kiss Mとなります。

電気屋さんで見た時は白のモデルしかなくボディはプラスチックで光沢仕様だったのでしょぼかったのですが、黒はマットでかっこいいです!

ミラーレス一眼といえばソニーの一択となりつつありますが理由をお聞きください(笑)
今回カメラを買った理由は旅行など外出時に軽いカメラが欲しかった。そしてCanon EF-M 22mm f2.0というレンズが個人的にかなり前から気に入っていました。そこでボディもCanon一択だったわけです。

SONYのミラーレスのα7シリーズはいいのですがやはり高いのと、フルサイズなのでセンサーが大きくて綺麗なのですがレンズも大きくなり重くなります、、、

EF-M 22mm f2.0はパンケーキレンズということですごく薄くて軽い!EOS kiss Mもミラーレスで軽いので全部で超軽い!
22mmという割とAPS-Cでは使いやすい広さでF2.0という明るさは個人的には神レンズです。
他にEF 50mm F1.8という安いレンズがありますがAPS-Cで50mmはかなり望遠です、、、
このレンズはそれこそカフェでシャレオツなカプチーノを撮る女子に向いています!(笑)

というわけで早速写真を撮って見ました!
IMG_1583.jpg 

実はレンズ自体気に入っていてすでにレンズだけ買っていました。ボディは当時まだいいのが出ていなくてM2とかM3という以前のモデルをレンタルして試していました。なのであまり感動はありません。

今回購入に至ったわけはkiss Mになって液晶がバリアングルになったこと。
以前のミラーレスモデルは液晶が動くものでもチルト式というタイプで上下にしか傾けられませんでした。今回はX6iと同じく左右にもできます!

あとミラーレスのデメリットであるファインダーがないのでEVF搭載な点。ついていないモデルorオプションのモデルもあります。

そして一眼の心臓部である映像エンジン(パソコンで言うCPU?)がDIGIC8になりました!
X6iはDIGIC5です(一気に3つ上がりました)。
DIGICが新しいとどうなるかというと連写性能があがったり、暗い時にゲインを上げた時のノイズが少なくなったり、動画だと今回ついに4Kに対応しています(なんちゃってではありますが、、、)。

先代のX6iと今回のkiss Mを比較をしました。
 
[ kiss X6i ] [ kiss M ]
映像エンジンDIGIC5DIGIC8
動画FHD 30p4K 24P
連写性能5コマ/秒10コマ/秒
最高ISO2560051200
Wifiなしあり
電子水準器なしあり
重量(バッテリー+カード有り)575g387g

ミラーレス用のマウントEF-Mと普通のマウントEF/EF-Sのアダプターも買ってあるのでこれまでのレンズも使えます。重いですが、、、

そして今回買った最大の理由は分割払いです!!(笑)
今回はマップカメラさんで買いました。人気のモデルのようでどこも品薄でしたがマップカメラさんでは在庫がありました。そして48回まで金利手数料無料!さすがに定価6万円なので12回の月5千円で買いました!(笑)一気にハードルが下がりますね!!
マップカメラさんは以前もレンズ?を買いました。なんかおしゃれなコースターが付いてきて好印象だったのですが今回はありませんでした、、、(笑)

ミラーレスはデメリットもあります。

ミラーがないのでファインダーは電子ファインダーになります。液晶をちっちゃくしたやつを覗くだけです。常になにかしらの液晶をみているのでミラーあり一眼より電池を食います、、、

あと電子ファインダーでも本体液晶でも照明がフリッカーを起こしていると撮る時邪魔です(笑)
ミラーあり一眼は撮る時はファインダーでみて撮った確認は静止画なので動画を録る時以外はフリッカーを目視することはないです。

そして一眼レフのいいところはレンズを変えられる点なのですが、ミラーがないためセンサーむき出しになりレンズ交換の時にセンサーに傷がつく確率がぐっとあがります。センサーに傷がついたらカメラとして終わりです、、、普通の一眼レフの場合はミラーがありセンサーの前にカバーがついています。シャッター押した時だけミラーが上がりカバーが開くので2重で防げますがCanonのミラーレスにはカバーすらありません。。。

あと今回のEOS KISS Mになって本体のダイヤルが1つ減りました、、、撮る時にいろいろな設定を各ダイヤルで調整するのですが、ダイヤルの機能を別ボタンで切り替えないといけなくなりました。

と、ミラーレスにはデメリットも多いですが仕事でなにか動きの速いものを撮るわけではないので、それ以上のメリットで今回購入になりました!

世間的にはSONY一択な感じですが個人的にはCanonさんはいいところを言っていると思います。重量的にミラーレスに近いKiss x7とかx9もいいですね。EF-M 22mm F2.0が使えてセンサーが同じだったら欲しかったです。

あとはセンサーにフタをつけてもらってダイヤルを増やしてもらって4Kの60Pに対応していただければ完璧です!APS-Cでお願いします!

持ち歩かずに機材紹介の動画専用ということであればSONYのα7シリーズも欲しいですがレンズを持っていないのでなにかしら合わせて買わないといけません。

というわけでこの日を境にもう少しましな商品画像、商品動画になるかなと思います!
今後とも宜しくお願いします!
ひきつづき動画用の音源募集しております!

動画用の音源提供に是非ご協力ください!



Shinya's Studioでは機材を作るたびに参考用動画を作っていますが動画用の音源を用意することがネックとなっています。

twitterに10秒くらいあげる程度でしたら適当にCDを流してiPhoneで撮ればいいのですが、ちゃんと一眼で撮ってyoutubeにアップとなるとやはり著作権の問題でいろいろ困難になって来ます。
(一応youtubeのポリシーで個別にチェックしていますが、のちに変わることもあるようで、、、)

そこで是非みなさまお持ちの(または新録で)オリジナル音源のご提供をお願いします!!
音源はShinya's Studioの機材紹介(主にComp,EQ,HAなど)に使わせていただきます。
https://www.youtube.com/channel/UCUNVctkfoCiNwOiyVPUAdIw

音源を提供いただくにあたってこちらの希望をまとめました。

1、データの形式について
データは24bit48kHz WAVをメインとしていますがmp3でなければwav,aiff 16~32bit/44,1~192kなど基本なんでも大丈夫です。
提供いただく際に特に変換などされずそのままで大丈夫です!

2、音源の長さについて
参考用動画の長さは大体いつも10分程度になっており、その中で機材のつまみをいじっておりますので音源の長さについても10分程度あればありがたいのですが、大抵は1〜5分程度の音源かと思いますので1分以上あればこちらで適当にループさせていただきます。

3、音源の種類について
音源は打ち込みではない歌、アコギ、ベース、ドラム(パラ or 2MIX)、オルガン、2MIXなどがありがたいです!
特にコンプ用としては歌、アコギがわかりやすいかなと思います。ドラムは最悪自分で打ち込んでいます。
歌は素での提供が厳しい場合は後ろで薄く2mixを流すことも可能です!

4、データはなるべくエフェクトの掛かっていないもの希望です!
コンプやEQをかけることを想定していますので薄めに掛かっているものであれば問題ありません。
エレキなどに関してはむしろラインの素の音よりはアンプの音の方がすぐ使えます!
また、打ち込みでない方がいいです。

5、コンプ用にはとくにアタックがあるもの、ある程度BPMがある方がわかりやすいかと思います!

6、音源のレベル(音量)的には大きすぎず、小さすぎずで録ったままが最高です!

その他こんな音源がわかりやすいと思うよとか、この音源使えばいいかもなどご提案いただいてもありがたいです。

お礼は機材購入時に値引きを検討させていただきます!その他音源の広告にもご使用ください。
(せっかくご提供いただいても諸事情により使用できない場合があります。何卒ご了承ください。)

VUメーターのつなぎ方(DAWでパラってみる)



久しぶりの記事になってしまいました。

おかげさまで新しいVUメーターが好評いただいておりまして次で11台目となります!
VU2018_T.png 
コンパクトで
レベルが4つ切り替えられて
Sifam製のVUなのにお買い得なのが最大のウリです!

まだの方は是非ご検討ください。
Power Rec様でもご購入いただけます。
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/576084

さて、VUメーターを買ったはいいものどうやって繋ごうと思ったことはありませんか?
Shinya's StudioのVUメーターにはもちろんスルーアウトがついていますので

インターフェース出力

VU IN
VU スルーOUT

モニタースピーカー

とすればいいのですが、なんとなくVU通った音を聞きたくないと思われるかもしれません。
スルーアウトはその名の通りスルーなのでVUメーターの電源が入っていなくてもスルーされます。
イメージ的にはすごく短いケーブルをつなぐようなものです。
ただ、やはり気持ち的に気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そこでオススメのつなぎ方をご紹介します。特に裏技ではないのでご存知の方はスルーアウトしてください(笑)

今回はProtoolsでパラって2系統のアナログ出力から出し1つをこれまで通りスピーカーへ、もう1つをVUメーターへ送るやり方をご説明します。Protoolsと2系統以上のアナログ出力があるインターフェースがあることが前提です(ほかのDAWでもできると思います)。

Protoolsではマスターフェーダー以外のトラックはミックス画面からパラで出力することができます。1つ目を選択後に「Ctrl」を押しながら2つ目を選択すればできます。
ただマスターフェーダーをパラで出力するのはできないのとセンドもありませんのでミックス画面からは実質できません。

そこで別の方法でパラ出力を設定します。

1、まずprotoolsを立ち上げ、適当なセッションを開きます。
2、IO設定を開いて「バス」のタブを選択(IOによって名前が変わりますがこういった画面です。)
180726_1.png 

3、今マスターフェーダーで使っている出力(画像だとMain Out 1-2)のところを「Ctrl」を押しながら2つ目の出力を追加。すると下画像のように増えます。
180726_2.png 

4、これで「OK」を押してマスターフェーダーを見てみると「+A 1-2」となっており、出力の選択画面でも追加されていることがわかります。
180726_3.png 180726_4.png

以上でパラ出力の完成です。あとはモニタースピーカーはそのままの回線で、VUメーターは追加した出力につなげばOKです!セッションごとにauxを立ち上げてややこしい設定をする必要はありません。

もちろんマスターフェーダーにインサートしたコンプやEQはどちらも噛んでいます。
この場合VUのスルーアウトは使いませんのでスルーアウトを他のメーター等に繋いだり、DAWに戻してアナライザーを立ち上げるとスピーカーを噛まないメーター群の出来上がりです。

同様にBusとアナログ出力のパラも可能かと思いますのでShinya's StudioのVUをたくさん買って、ドラムのBusのみをVUで見つつミックスするというのもできますね!(笑)

アナログでパラにするにはやはり何かをかまさないといけないですし、今回はデジタルとアナログマルチ出力の合わせ技でした。

他にもっといい方法があるとか
他のDAWでもこうやったらできるとか
この方法はデメリットがあるなどありましたらお知らせ下さい〜。

IO独自の内部ミキサーなどがあればそれでいけるかもしれないですね。

「VUメーターとは」「VUメーターの使い方、調整の仕方」は過去のBlogをご覧ください。