FC2ブログ

fader compをつくるぞ!その1



こんばんは。Shinya's Studioです。

noteは週1で更新しているのですが、こちらのblogの方はかなり開いてしまいました。
ちなみにnoteはこちら。

さて、今回はfader compを作りたい!ということで書いて行きたいと思いますが、まだできていませんのでできるまで分割で紹介したいと思います。

今回は導入編です。
普段はお客さんから問い合わせいただいて特注開始となるのですが、今回はShinya's Studio発案です。

まずはfader compそのものについてです。どう言ったものかというとwavesのvocal riderが分かりやすいかと思います。
https://www.waves.com/plugins/vocal-rider#achieving-perfect-vocal-levels-with-vocal-rider

vocal-rider-live.jpg
fader compはその名の通りfaderがコンプレッサーの素子となります。プラグインだとフェーダーが動くだけですが、ハードウェアだとモーターフェーダーで実際に動くことになります。

ハードウェアはカレントさんが出されているようですが、実際動作している様子を見たことがありません(笑)

カレントさんのコンプはこちら。
http://www.crnt.co.jp/csp400.html

カレントさんはShinya's Studioよりもっと業者向けのメーカーさんのイメージですのでステレオではありますがかなりいいお値段します、、(汗

Shinya's Studioではフェーダーを縦にしたいなぁと思っています。アンブレラさんのフェーダーみたいな感じかなぁ。

他のコンプとの違い

1、他のコンプとの違いはまず、音の変化が少ないこと。

コンプレッサーというものは音を圧縮する際に素子が必要になって来ます。VCAだったりFETだったりOptoカプラーだったりバリミュー管だったりですが、その素子を通ることで音が変わります。

フェーダーはただのボリュームなので他の素子に比べると変わりづらいですし、ボリューム程度であればマイクプリなどにもついています。

2、つぎに音を圧縮する素子とGR(ゲインリダクション)メーターの素子が全く同じこと。

たとえば1176の場合は音を圧縮するためにFETをつかいますが、GRメーター用にもFETが入っていて2つのマッチングされたFETでどれだけGRされているかを目視で確認できます。

他のコンプも大抵はアナログかデジタルかのメーターがついていて間接的に確認ができますが、フェーダーコンプは音のGRと目視が同時にできます。分かりやすくシンプルです。

3、タッチセンスをつけて人間の手でマニュアルで補える。

これはGRの素子がボリュームということが大きいですが、動いているフェーダーにタッチするとモーターが無効になり人のマニュアル操作ができます。

ここはコンプをかけたくないとか、この場面は自分でやりたいということができます。
これはプラグインでは難しいと思いますし、主に歌やベース、弦などの録音時を想定しているのでプラグインでは厳しいと思います。

4、小さい時はボリュームを上げられる。

フェーダーを見たことがある方は分かるかと思いますが、フェーダーはマスターフェーダー以外突き上げで10dBとかになっています(フェーダーの後に単純に10dBのアンプが入っているだけですが、、)。

基本的にはVocal Riderに似た形で上から8割のところに0dBがあり、そこにフェーダーツマミが待機していてスレッショルドより大きい場合は下に、小さい場合は上に動くという感じにしたいです。

もちろん無音など小さすぎる場合はあげてもSNが悪くなるだけなのでそこはうまいことします。

これは他のコンプレッサーではないとおもいます。そもそも構造的にVCA系以外はできないです。しようとすると少し複雑になります。

以上

というわけでやりたいのですが、オーディオ部分とコントロール部分はできましたがモーター制御部分がまだ知識不足でどうやっても分かりません。そこで、、、

外注しました(笑)

すごいですね。その道のプロはすぐに上がって来ます。自分発案の機材で外注するというのは非常に楽しいです。自分のアルバムでエンジニアを雇うみたいなものでしょうか。

用途を話して設計してもらいましたが、納品が回路図なのでなんとなく「こうすればよかったんだ」と理解できて次につながります。

あたりまえですがトランジスタ等のディスクリート、オペアンプ、ロジック、専用ICを適材適所で使われているのが分かり感動します。

さっそく実験動画を上げました。



過去にフェーダーのモーターに直接電源をつないで駆動させたことはあったのですが、今回は一歩進んでモーター用のドライバICで制御しています。ボタンを2つ交互に押すことで正転、逆転できます。

これはまだ初歩の初歩ではあるので、正直飛ばしていい行程だったのですが少し思うところがあり仕様変更になりそうです。やってよかったです。

これをコンプの回路で制御できればコンプの完成です。そんな簡単なことではないのですが。。。

興味のある方は少しでもいいのでカンパを是非お願いします。
ドネーション、今流行りだと投げ銭、スパチャですね!完成までの速度が上がります!

https://store.shinya-s-studio.com/ca8/95/p-r-s/



USPSの遅延(遅延しませんでした)



こんにちはShinya's Studioです。

2020年4月現在USPSの遅延が発生しているようです。

--------------------------------
2020.4.26追記
私が4/10に発注したものはFirst Class mailでしたが無事4/24に到着しました。
むしろ早い方でした。
USPSの方、日本郵便の方ありがとうございました!
--------------------------------

今回はUSPSとは何かと遅延の原因を書きます。

まずUSPSですが、名前はUPSと似ていますが全く違う企業でUSPSは
「United States Postal Service」
の略、アメリカ版の日本でいう郵便局みたいなものです。

UPSは「United Parcel Service」の略で DHL、Fedexなどのような民間の企業です。日本で言えば規模は全く違いますがヤマト運輸みたいなものでしょうか。

遅延の原因はズバリ民間かどうかによるもので、UPS、Fedex、DHLは自分で飛行機を持っていますが、USPSは飛行機を所有しておらず旅客機に貨物を積んでいます。今その旅客機が90%ほど減便ということで遅延が出ているようです。

USPSはアメリカのサービスですが、Shinya's Studioでもアメリカから頻繁に輸入をしております。
Mouserなどの割と大きな企業から輸入する場合はむしろUSPSは使わずUPSやFedexが一般的なのですが、小規模な会社とやりとりする場合USPSが一般的なようで、遅延もしくは国外出荷見合わせとなっています。

USPSでもアメリカ国内、もしくはアメリカからカナダorイギリス方面は遅延が現状で問題ないと輸入元から通達が来ました。

現状、中国はわりと再開しているようですがアメリカは工場の閉鎖であったりUSPSの遅延、ヨーロッパも割と影響が出ているように感じます。

中国の基板屋さんの比較をざっくりと。



こんにちは!Shinya's Studioでは10年前くらいから試作などで中国の基板屋さんをいくつか使ってきました。
ちなみに私の環境はMacでAutodeskになる前からEagleを入れて、ガーバー出力してファイルを投げています。

昔は基板といえばブルガリアのolimexという会社でしたが、今はどうか知りません、、
今は基板といえば中国系が大半ですが、その影響もあって今年の2月、3月はみなさんコロナで苦労されたのではないでしょうか。特に今年2020年は春節が早くスタートしたのでその影響もありました。

さて、せっかくなので今回はその基板屋さんを備忘録的にも比較、違いなどを買いておきたいと思います。ちなみにクオリティなどはどこも同じか、最終的に似てくるので触れないことにします。

個人的に有名だと思う順番に書いていきます。

なにか他にも情報があればコメントいただければと思います!

1位 Seeed Studio/Fusion PCB
https://www.seeedstudio.com/fusion_pcb.html

中国の基板屋さんといえばまずこちらだと思います。昔はFusion PCB一択だったので結構ここを使っていましたが、最近はあまり使わなくなってきました。
他と比較して早いわけでも安いわけでもクオイティがいいわけでもなくなってしまいました。

2位 Elecrow
http://www.elecrow.com
次に有名なのはこのElecrowというところだと思いますが、こちらも今となっては普通で選択肢の1つという印象です。

他と違うところはアクリルカットやCNCなどのサービスがあります。こちらも無駄な会話をすることなくファイルを投げれば作ってくれるので必要な方にはオススメです。何かのケースをアクリル板で作るなんてこともできます。

あと、ANA/OCSという配送サービスに対応していて、他の基板屋さんが対応しているDHLやFedexなどより1、2日ほど早いのが売りでしたが、最近は早くもない印象で他の基板屋さんもANA/OCSの取り扱いがスタートしたところも出てきました。

DHLも決して遅いわけではなく、中国と日本も近いですし日本の場所にもよるかと思いますが2、3日でくると思います。

3位 PCB GOGO
https://www.pcbgogo.jp
3位以下は知名度はほぼ一律だと思います。

こちらのPCB GOGOはHPが日本語です。メールで問い合わせた時も日本人だとわかると日本語で返してくれます。

基板製作の進捗状況が細かく表示されわかりやすいですが、これも最近では他の会社も似通いつつあります。

3位 ALL PCB
https://www.allpcb.com
個人的には最近一番利用していると思います。

その理由は大きな基板が他より安いです。大きいという基準は100mm x 100mm以上ということ。
中国の基板屋さんはどこも100mm x 100mmまで10枚5ドル+送料というのがベースになっていますが、100mmを1mmでも超えるとかなり値上がりします。
極端な話、101mm x 50mmのPCBでも20ドルとかになります。

ここはその点、大きくなってもあまり変わりません。基板の色や厚みなどを変えてもほぼ同じです。
もしかすると将来的に値上げになるのかも、、

他よりもデメリットは100mm x 100mm で5ドルなのは5枚ということ。10枚だと7ドルとかで少し値上がりします。小さい基板をたくさん作りたい方には合わないのかも。。

3位 JLC PCB
ここはあまり使ったことがありませんが、安くてよかった印象です。

今回のコロナの影響で色々工場が閉まっていたのでその時の選択肢の一つとして、動いていたら試す価値ありかもしれません。同じ中国でも工場の場所によって営業の方針が違うようです。

3位 PCB Way
https://www.pcbway.com
こちらの会社はinstagramのバナーとかでよく見かけるような気がします(笑)
確か使ったことはあったと思いますが、少なすぎて覚えていません、、、

twitterもされていて、RTの内容を見ると日本の方も利用されているようなので問題ないと思います。
こちらも選択肢の一つに。。。

以上。。
他にも会社があるか、利用して違いが見えてきたら更新しようと思います。
ちなみに今回ご紹介した会社は全てブックマークしています。

どこも基板のサイズと数量と色、厚みなどを入れれば価格がすぐわかるので会社にこだわりがなければその時に比較して安いところにオーダーするのもいいかもしれないですね。

送料はDHLもANA/OCSも15ドル、20ドルあたり〜重量によってという感じです。
基板は値段が変わらないなら枚数は多いに越したことはないと思っていましたが、一度にたくさんの種類を発注するなら枚数を減らして必要最低限にした方が全体の重量も軽くなって送料も安くなることもあります。

他にいい会社があれば是非教えてください!

私の電気の師匠の話



私には人生の師匠となる方が何人かいますが、電気の分野でも師匠がいました。
今回はその師匠についてです。回想します。

師匠との出会い

師匠との出会いは今からうん十うん年前(笑)。当時インターネットでチャットが全盛でした。
その中でヤフーチャットというものがありました。
ヤフーチャットは2007年に縮小し、2014年で終了したとwikipediaにあります(笑)

当時確か中学生だった私は、某BBSに入り浸ってアナログシンセを作っていました。
両電源という言葉すら知りませんでしたので、全くちゃんと動かすことができずにのたうち回ってました。

そんなときにチャットで聞けばリアルタイムで答えてくれるんじゃないかと思い、適切な部屋(チャットで集まっているグループ?)を探していると、、見つけました。

アマチュア無線の部屋(笑)

これは回路に詳しい人がきっといるに違いないと思って入った時に出会ったのが私の師匠でした。
師匠は電気系なら誰もがお世話になっているトランジスタ技術(通称:トラ技)という電気系の雑誌などに何度も記事が載るほど有名な方で、「普通はお金がかかるんだからね〜(笑)」と言いながら中学生という職権を乱用して色々教えていただくようになりました。

私はあまりアマチュア無線に興味はありませんでしたが、その部屋はアマチュア無線の部屋ですのでなんとなく話を合わせながら途切れたところで本題を切り出す。またアマチュア無線の内容を聞くという繰り返し(笑)。すこしだけアマチュア無線の知識も増えました(免許は持っていません)。

アマチュア無線用語でも載せておきましょう(偏っています)
OM Old Manで男性とか先輩
YL Young Ladyで女性
RR 了解
FB Fine Businessで素晴らしい
9V これは9V電池の話題の時に教えてもらいましたが、無線では「ナインブイ」といいシンガポールを表すようです(笑)

これだけでも割と会話ができます!

ブランク期間

さて中学校3年は受験シーズン。このころだけはチャットは控えめに無事に高校入学。
その後も色々教えていただき、専門学校くらいからあまりチャットはしなくなってしまいました。

無事東京のスタジオに就職し、数年が経った時に機材の製作を開始しましたがちょうどチャットがなくなるかどうかという時でみんなでskypeに移動しました。ただskypeは以前から使ってはいましたが、みんなでチャットをするにはヤフーチャットとはかなり違い、新しく部屋に入った方とのコミュニケーションなどもありあまり使わなくなってしまいました。

スタジオでの仕事が忙しく、チャット部屋のことも忘れかけていましたが、久しぶりにSkypeをすると当時からお世話になっているロシア在住の日本のOMさん(無線用語で男性)からメッセージがあり、師匠が亡くなったとのことでした。

まだ師匠は当時60代でしたのでかなり驚いたのを覚えています。

弟子は師匠の元へ

師匠にとって私のような弟子は私を含めて無線の部屋に3人いて(歳がバラバラですが)、
師匠は広島、私は出会った当初実家の兵庫でしたが亡くなられた当時は既に東京、その他二人も別々ですが広島に行こうということになりました。私は確かすでにスタジオの社員を離れてある程度日程に都合がついたので有無を言わさず向かいました。

実は師匠とはチャットのみ(文字と音声だけ)で顔を見たことは数回程度、会ったことは結局ありませんでした。遺影を見ましたが正直ピンと来ないことをそこで知りました。。。
お葬式などもすでに終わったあとでしたが、師匠の部屋は私と同じような感じで部品と工具まみれ。弟子3人とご家族のかた1人で2日間ほど部屋を整理し戻ってきました。

ご家族の方から何か持って行ってほしいということでしたのでハンダリールのスタンドと師匠の名刺をいただいてきました。

回想

当時師匠にわからないことを聞くと、「君はこの時代珍しい。しかもやってからわからないことを聞くからいい」と褒めてくださいました。
ただ、私が聞いたことは即答せず答えまでの原理を教えてくれました。当時中学生だった私は即答して欲しかったのですが(笑)師匠が亡くなった時、自分で考えることが身についたことに気づかされました。
今でも師匠に聞きたいことはたくさんあります、、、

師匠は電気のみの方でオーディオにはあまり興味がなく、真空管の話をすると「なぜそんなもの使うの?」と不思議がっていました。
最新のオペアンプが出ると「これはSNがすごくいい」と教えてくれました。
有名なレコーディング機材の回路図を見せると「ここがだめだ、これはこういう原理だけどもっといい回路にできる」とおっしゃってました(笑)

Shinya's Studioが今あるのは間違いなく師匠のおかげだと思います。できれば元気な時にお会いしたかったですが、また機会があればお墓参りに行きたいです。

長文失礼しました。

WavesのDAW Tracks Liveを使って見た!



こんにちは!Shinya's Studioです!

みなさまWavesのフリーのDAW?Tracks Liveをご存知でしょうか。今回はそのTracks Liveについてです。

最近Youtube用に動画を撮る機会が増えて来ましたが、動画を撮ってアップするまでの工程をもう少し改善したいなと思っていました。

その一つが音の部分

Youtuberの方は基本的に一眼レフに動画も音声もRecされているのだろうと思いますが、Shinya's Studioはラインレベルの録音が主なので一眼レフにちゃんとしたライン入力がなくProtoolsから出した音を機材に通してまたProtoolsに戻して録るという感じにして来ました。

しかし同じProtoolsで録音と再生をするので、歌を通しているときに間奏でスキップすることができないのです、、、録音を止めて再び録音してもいいですが、ファイルがたくさんできるので編集が複雑になります。

録音を切り離す

そこで戻って来た音をProtoolsで録音するのではなく他のソフトウェアでやってみようと思いました。

さて、私のMacの中に録音できるソフトはあるか考えてみると、、意外とない!(笑)

調べてみるとMacに最初から入っているappで録音できるものの一つでQuick timeがでてきましたが、Quick timeはm4aという形式でしか書き出しできませんでした、、

次にGarage band。こちらは録音というよりLogicの廉価版のDAWです。
正直なところ、録音できればよかったのですが久しぶりに使って見ました。しかし、こちらは44,1kでしか録音できない、、、普段48kで作業しているのでちょっと厳しい、、

ちなみに映像の編集は複雑なことをしない限りはiMovieでやっています。複雑なことというのは過去に何度かやりましたがSSL 9000Jのチェックで見やすくするために4画面に分割したものです。



あ、チャンネル登録お願いします(笑)

これはiMovieではできないので、Avidの無料のソフト Media composer firstでやっています。

で、iMovieで録音できれば一番楽だなと思いましたが、どうやらiMovieは動画が入っていないと録音できない仕様みたいです。
動画は一眼レフで撮ってからiMovieに貼り付けるのでリアルタイムでは動画はまだありません、、

他にもAudacityというソフトなどありましたがこちらの環境の入力が複雑で、入力の設定がうまくいかず諦めました、、

Waves のTracks Live!
tracks-live.jpg

そんな状況でtwitterにぼそっと録音できるソフトがないかつぶやいてみました。


その結果、フォロワーさんからwavesのTracks Liveを教えていただきました!
https://www.waves.com/mixers-racks/tracks-live#presenting-tracks-live

WavesのTracks Liveはプラグインで有名な、音楽関係のひとなら誰でも使ってる!?Wavesのフリーウェア。そういえばなんか見たことあるなと思っていました全く記憶にありませんでした。

ちなみにフリーではありますが、Wavesのアカウントが必要ですのでお持ちじゃない方はアカウントのみ作ってください。iLokやライセンスなどはいりません。

見た目はDAWっぽいのですが、録音のみという感じでプラグインメーカーなのにプラグインは挿せそうにありません(笑)MIDIとかも無理そうなので本当にライブレコーディングようなのかなと思います。

その代わりかなりシンプルで、48kHzでももちろん録れるし、入力の切り替えもできるし今回のやりたいことはできました!これでProtools上でストップ、再生を繰り返しても一眼の動画とWavesのTracks Liveの音は同期し続けます!

それで作った動画がこちら。



というわけでWaves Tracks Liveを使って見た話でした。Youtubeの音の部分はしばらくこれでいこうと思います。CubaseやS1みたいな他のDAWを持っていればよかったのですが、おそらく無駄な機能がない分Wavesの方が軽いのではと思っています。

Behringerも今DAWを作っているようですが気になりますね!