FC2ブログ

Plugin Alliance MC77のオススメの使い方



こんにちは。1176系プラグイン研究家のShinya's Studioです(笑)

今日はPlugin Alliance Purple Audio MC77のオススメの使い方をご紹介したいと思います。

普通1176系は信号を入力しインプットを上げていっていい具合にかかったところでアウトを調整するという使い方になると思いますが、それをPlugin Alliance のMC77でやると画像のようになってしまいます。

MC77-1.png

これは1kHzの-16dBFSを入力しインプットをかかる寸前まで上げていき、アウトを-16dBFSになるようにつまみを調整した時の設定です。

アウトプットがかなり絞られた状態で違和感を感じます。

しかしこのMC77にはHEADROOMというつまみがあります。これがいわゆるスレッショルドになるのだと思います。

そこでオススメの手順としては下記になります。

1、inputを「36」にする。

2、アタック、リリース、レシオ、S.C.HPFなどをざっくり決める。

3、ヘッドルームでかかり具合を調整する

4、アウトのボリュームを調整する。

そうすると下記の画像ような状態になります。

MC77-2.png

-16dBFSを入力するとかなりみなれた状態になりました!
HEADROOMは-10dB付近になりましたので今後決め打ちでもいいかもしれません。

トラックの音量によっては各所調整する必要があると思います。

MC77はハードウェアのメンテをしたことがありますが、基本的にはRev.Dと回路は同じなのですが、このプラグインは少しクセが強いように思います。歌とかに使うのは難しいような。。。

クセを出すにはいいかもしれないです!

1176系のプラグイン比較



1176系のプラグインはこれまでProtoolsに付属のBF76を使っていたのですが、Protools10になってくらいからグッと来ることがなくなって使うのをやめてしまいました。

そこから1176系のプラグインを探す旅が始まったのですが、いまだにいいものに出会っていません、、

そこで今回は今、手元の起動ディスクにインストールされている76系の周波数特性をwaves Q-clone/captureで測って見ました。

Q-clone/captureはサンプリングレート96kHzまで対応していますが見た目は20kHzくらいまでしか見られません。最近V11にしましたがそれは変わらずでした。そこまで需要はないのかな。。。

それでは早速行って見ます。

Bomb Factory / BF76
まずはProtoolsに付属のBomb factory BF76です。
76_BF.png

測定したセッティングを下に載せています。コンプはかかっていない状態です。スルーのレベルを0dBに合わせた以外は立ち上げたままの状態です。

上も下もかなり落ちていますね、、、1176のハードウェアをいくつも見てきた私としてはここまでひどくないと思うのですが、、、少なくても上は50kHzまでは伸びています。

以前(違和感を感じる前なのでProtools9か8?)も測定したことがありますがローはフラットだったように思います。ハイもここまで削れてなかったと思うのですが、、
以前の環境を見て見たい、、、

ハイファイなサウンドには合わなそうです。。

Waves / CLA76 Blacky

次はWavesの黒です。

76_CLA_D.png

1U76と同じくRev.Dをベースにしていると思います。

ほぼフラットですが上はちょっと落ちかけているのかな?

Waves / CLA-76 Bluey

次はWavesのRev.Aベースかなと。

76_CLA_A.png

こちらはBF76と同じくハイが落ちていますが、こちらの方が落ちる周波数は高めでカーブは鋭角ですね。12dB/octくらいでしょうか。

wavesは針の動きが速くてキモいです。あと立ち上げた時の設定がセンスがないです。
あとたまにバグるので個人的にはあまり使いたくないです、、、

Arturia / COMP FET-76

つぎはArturia 76です。

76_Art.png

76の中でも良さげな印象でしたがこちらもハイが落ちてますね、、
最初からインとアウトのつまみが連動するのはトリッキーです。
立ち上げた時にインが絞りきりでアウトがフルテンなのはビビりますねw


Black Rooster Audio / VLA-FET

BRAの76です。

76_BRA.png

こちらは上下が軽く落ちています。つまみの位置が変わっていてハードウェアに慣れている身としてはちょっと苦手でした。レシオの位置も逆です、、、

見た目がそんなに好きじゃない、、

Plugin Alliance / Purple Audio MC77

最後がPAのMC77です。

76_PA.png

モデルにしているものが違うということもありますが、上は綺麗に伸びています。下は1dBほど下がっていますが、コンプは叩くとローが出て来るので誤差かなと思います。

これもつまみの位置が変わっていますが良さそうではあります。

ということで

ざっくり比較して見ました。

ハードウェアの場合は可聴帯域の周波数特性はほぼフラットなので100kHzくらいまで測定してようやく違いが出てきます。他にも位相や歪率などを見ますが、プラグインの場合はサンプリングレート48kHzだと20kちょっとで切れてしまうので可聴帯域である程度個性を出そうとするのかもしれないですね。

可聴帯域の測定だけで結構違いが見て取れますね。

今UADが手元にないので機会があれば合わせて比較したいと思います。他にもオススメの76系があれば教えてください!

現状だと
ツマミの位置、使いやすさでいうとBF76、
ハイファイな音楽にはMC77、
その他音質は好みでという感じです。

BF76がグッとくれば針の動き、つまみの位置、見た目、動作の軽さ、互換性どれを取っても最強だと思うのですが。。。
ハイファイな音楽をやろうとするとBF76の後にEQでハイを補いつつ、ちょっと歪みを足すといいかもしれないですね!

音に関しては比較しているYoutubeを発見したのでリンクを貼っておきます。


ちなみにPlugin AllianceのPurple MC77はオススメの使い方ができたので、需要があれば近いうちにこちらで書きます!

ではでは。

Shinya's Studio 中の人が持っているプラグイン



自分のためにもShinya's Studio 中の人が持っているプラグイン、ソフトウェアを書いておこうと思います。

適当に買ったけど使ってないものとかは書きません。

Antares

Auto-Tune 8 Native

Avid

Protools

iZotope

Ozone 8 Advanced(これでなくてもよさそう)
RX 7 Standard(そんなに使ってない)
Trash 2(いいかんじ)
その他

McDSP
Analog Channel Native v6(そんなに使ってない)
CompressorBank Native v6(そんなに使ってない)
その他(そんなに使ってない)

Plugin Alliance

ADPTR AUDIO Metric AB(いいかんじ)
Brainworx bx_console SSL 4000 G
Brainworx bx_digital V2(いいかんじ)
Brainworx bx_digital V3
Purple Audio MC77
Shadow Hills Mastering Compressor Class A
SPL Transient Designer Plus
SPL TwinTube(結構使うけどもっといいの探してる)
Vertigo VSC-2(そんなに使ってない)
その他

Slate Digital

FG-X Virtual Mastering Console(割と使うけど進化して欲しい)
Trigger

Solid State Logic

SSL Native Bus Compressor
(Bus compはWavesの方がいいけど、S.C.HPFついてるのでたまに使う)

Valhalla DSP

Valhalla VintageVerb(そんなに使ってない)

Waves

**V11
Abbey Road Chambers(そんなに使ってない)
Abbey Road Vinyl(そんなに使ってない)
API Collection(そんなに使ってない)
dbx® 160 Compressor / Limiter(そんなに使ってない)
Horizon + Restoration + Saphira + NLS
Smack Attack(そんなに使ってない)
Waves Tune
その他

**V10
F6 Floating-Band Dynamic EQ (結構使う)
IR1 Convolution Reverb(そんなに使ってない)
その他

**V9
EMI TG12345 Channel Strip(たまに使う)
Jack Joseph Puig Signature Series(そんなに使ってない)
Manny Marroquin Distortion(たまに使う)
SSL 4000 Collection
その他

おすすめの1軍があれば教えてください!

機材や部品の輸入で関税がかかるか?



こんにちは。今回は関税について書こうと思います。

Shinya's Studioは音響機器の製造、販売を行なっています。
なので最近は特に2、3日に1度は海外から部品が届きます。そこで今回は関税について書こうと思います。

関税とは国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される税(wikipediaより)

ということですが、結論から言いますと音響機器や部品には関税はかかったことがないです。

関税がかかるものについては下記を参考にしてみてください。

それでもFedexやUPS、DHL、USPSなど色々な会社から配達された時に数千円の料金を払ったことがあります。送料はすでに払っていたり送料無料のものがあるので送料ではない別の何かです。

他にも後日請求書が届くということもあります。果たしてこれはなんなのかといいますと、請求書にその内容がちゃんと記載されています。

その内容は主に消費税や通関時の手数料となります。

消費税は国によって税率が変わります。日本は10%まで上がって高くなった印象ですがヨーロッパ系は特に20%を超えているところが多いです。

大手の部品屋さん、例えばmouserなど日本の代理店があるところは出国の際に日本の消費税率で消費税をプラスされて発送されますが、小売などは特に消費税を含まずに発送されることが多いです。

その場合は税関で検査をされ商品価格が約20,000円を超えるものに関しては消費税や手数料が発生し請求されます。手数料は200円ほどです。約20,000円という金額に関して詳しく知りたい方は是非調べててください。

ちなみに小売店によっては20,000円のことを気にしてか、小包に添付されている領収書の金額が20,000円以下になっている時があります。なぜだろうなぁ()
消費税などの計算が必要ない場合は通関も早い気がします。

消費税は計算が少し複雑で手元のfedexの請求書には
消費税7.8%
地方消費税 22/78
と書かれています。そして国内でかかる消費税とは異なり、100円以下が切り捨て?になっているようです。

IMG_6706.jpg

一番上に書かれている関税は0になっているのがわかると思います。

UPS、DHL、USPS、Fedexなどはヤマト運輸や西濃など国内の業者が代わりに持ってくることがあります。クレジットカードが使えないことが多く突然もってくるので現金を用意しておく必要があります。。

USPSは100%郵便局が、
Fedexは西濃が、
UPSはUPSかヤマト運輸が、
DHLはDHLか佐川だったかな?

ということで関税はかかりませんが、あとで請求されるものは基本的に消費税となります。
これは国内で購入しても同じなのでしっかり支払ってください(笑)

ロードバイクを買いまして、、



こんにちは。
やはり8月は暑いですね、、

さてこの度ロードバイクを買いました。
理由はいくつかあるのですがいちばんの理由はまず東京に来て14年くらい、ずっと乗っていたママチャリがさすがにやばくなってきたのです。

ママチャリは東急セレクトの2万円くらいのやつですが、さすがにそのままずっと乗っているわけではないです。メンテをしてというわけでもなく鬼改造して乗っていました(笑)

まずホイールですが元は27インチだったと思いますが前は700にごっそり変えて、後ろは変えられなかったのでハブ(中心の金具)だけ残してリムを700にしてスポークを組み直しました(笑)細さは24Cです(笑)フレンチバルブです。

チェーンカバーも外したかったのですが、専用の工具が必要で数千円のものが何個かいるので自転車屋さんに工賃払ってやってもらいました。

切り替えもついてなかったのですが7段をつけました(笑)

サドルもクロスバイク用のやつに変更してシートポストも追加してかなり上まで上がるようになりました。見た目はフレームが特殊なクロスバイクって感じです。

TOTEM

さて、そんな東急の鬼改造されたママチャリですが14年も乗って外に置いている影響もあり寿命が近づいてきました。

あと最近の給付金などで購入意欲が湧いてきたこともありました。またコロナによりジムに行けない日々も影響しました。

次買うとしても700x25Cくらいがいいな。切り替えは欲しいなと思ってました。ロードはドロップハンドルになるのでできればそのままクロスが良かったのですが、クロスは28Cくらいからっぽいので数ヶ月ネットを見ながら悩んでいましたが、ついに買いました。

出オチですがTOTEMの15B408というロードです。

IMG_6651.jpg

5,000ポイントほど使ったので送料込みで3万円くらいでした。
中国産の激安ロードですが、以前のママチャリもおそらく中国産。価格もそれより高いし、14年も新しいモデルです。

ロードガチ勢からすると笑われるかもしれませんが、前の鬼改造東急セレクトよりはマシだと思います。

ガチのロードは結局20万円くらいからで、盗まれる危険もあるのでロードガチじゃない勢としてはこれで十分かなと思います。差額の17万円あればいい機材変えますからね。

と言いつつ、泥除けとかライトとか色々買わないと行けません。
今のものから移植してもいいのですがそれもボロボロで外すだけで終わりそうなので、この機会に新品を買いました。

ライト、泥除け、自転車カバー、キックスタンド。
これだけで1万円弱しましたがポイントで全部買いました。ポイントがなかったらすぐには買わなかったかもしれないです(笑)

買ったものはこれ。

            

その他サイクルコンピューターとかも欲しいです。その他諸々オススメがあれば教えてください。コスパ優先で!

自転車のアップグレードとしてはブレーキを変えたほうがいいらしい。確かにちょっと効きが悪い気もするけど、ロードのブレーキレバー?に慣れていないということもあります。

ドロップハンドルは初めてでしたが、コの字型ということもあり安定感がすごいです!
フレームは480mmですが身長低めなので乗り降りがちょっとつらいです(笑)