FC2ブログ

なぜ電源で音が変わるのか



こんにちは。レコーディング機器メーカーのShinya's Studioです。

今日は電源についてのお話です。
巷ではオーディオ機器に関して高級な電源ケーブルや絶縁トランス、my電柱など電源に関わる話が割と出て来ると思います。

電源で音は変わるのか


そもそも電源で音は変わるのか。Shinya's Studioとしてはもちろん変わると言う認識です。
そこで今回はなぜ音が変わるのか解説したいと思います。

なぜ電源で音が変わるのか


なぜ機材の電源で音がわかるのでしょうか。

それは電源の音を聞いているからです。
一気に怪しくなって来ましたね〜(笑)

でもShinya's Studioはプロ用レコーディング機器メーカー。プラシーボではなくちゃんと解説します。
(分かりやすくするためにざっくりとではありますが、、)

アクティブ素子には3つ以上の端子がある


音を増幅するには何かしらのアンプを使います。

アンプの中にはアクティブ素子が必ず入っています。アクティブ素子とは真空管、トランジスタ、FET、オペアンプなど電源が必要なものです。

トランスで昇圧することもできますが、トランスはエネルギーの変換を行っているだけです。電圧をあげれば電流が小さくなります。

アクティブ素子には3つ以上の端子があります。それぞれ回路によって使い方は異なりますが、増幅回路の場合
・入力用
・電源用(出力兼用の場合がある)
・グランド用
の3つは必ずあります。

Transistor.png
上にトランジスタを使っためちゃくちゃ簡単な回路図をのせました。
四角で囲まれている部品がトランジスタです。

トランジスタは3本の足があります。真空管やFETもほぼ同じです。
3本の足のうち、
B(ベース)という足に信号を入力、
E(エミッタ)と言う足にGND、
C(コレクタ)と言う足に抵抗を介して電源(図では+18V)を接続します。

するとコレクタから入力信号が大きくなったものが出て来ます。

これが簡単なアンプの構造です。

アンプの動作原理は入力信号が直接出て来るわけではない


先ほど入力信号が大きくなって出て来ると書きましたが直接出て来るわけではなりません。

「アンプの仕組みはよくわかってないけど、ボリュームを回せば入力信号が大きくなるんでしょ?」
と思っている方もおられるかもしれませんが違います(笑)

イメージとしては入力信号が電源をコントロールして、入力信号の大きい版を電源から生成して出力しています。

もっとイメージしやすくすると人間が金属をつかって巨大な人型のガンダムを作る感じでしょうか?(笑)
人間が大きくなったわけではなく人間に似たロボットを金属でつくるイメージです。

オーディオアンプでいう電源は、ここでいうロボットの材料、金属にあたります。つまり金属の量以上の大きさのロボットは作ることができません。

アンプも電源が18Vだとすると18V以上出力することはできません。回路の定数によって出力しようとすることはできますが、電源電圧を越える時に波形の形が18V以下で止まります。それが歪みです。
(ロボットでいうと材料以上の大きさのものを作った時にどこか部品が足りない状態)

そして、電源の質が悪いとどうなるかはもうお分かりになるかと思います。
電源を用いて「入力さん」が「出力さん」を作りますので「出力さん」の質も悪くなります。

錆びた金属でガンダムを作ると錆びたガンダムができます(笑)
アルミニウムでガンダムを作るとアルミニウムのガンダm(

例えば電源にノイズが乗っている場合、出力にも同じノイズが現れます。
この場合出力のノイズをEQでカットすると音の周波数特性にも影響が出ますが、電源にフィルターを入れたりノイズの対策をすることで出力の音の周波数特性に影響を与えることなくノイズを除去することができます。

電源の対策については?


電源にも気を配った方がいいですが、電源の対策についてはまた別の話。
電源ケーブルで音が変わるかという質問には、「現状電源ケーブルが問題点であれば変わる」ということだと思います。他にもっと問題点があればそちらを解決した方が効果はあります。

例えば家の環境だと
電源タップにフィルター付きのものを使ってみる。
冷蔵庫やエアコンなどノイズを出しそうなものとはタップやブレーカーを分けてみる。
など。

ハムノイズなども実際50〜120Hz程度であればブーンとは聞こえないと思いますが、商用電源は基本的に歪んでおりその倍音成分が耳につくように思います。
電源対策をしてその歪みをできるだけ改善することでハムノイズが出ていたとしてもブーンとは聞こえないようにもできると思います。

またランチボックスなど電源が選択できる場合は何個か試してみる、または用途に合わせて選んでみるなど。

ランチボックスについては懐疑的な方もいらっしゃいますが、SSLやNeveのコンソールももちろんスロット式、APIはむしろランチボックス自体。
ランチボックスは±16Vの32Vですが、Neve 1073は+24Vなので1073よりヘッドマージンが取れます。ちゃんと設計されたものであれば問題ないと思っています。

先日TascamのAV-P250Sを買いました。これは電源の質を改善する目的もありましたが、アクティブスピーカーを導入したのでディレイ付きの電源スイッチで電源管理をしたい目的に導入しました。

音に関してはかなりスッキリした印象がありますが、同時に机の高さも変えてしまったのでその影響もあるかと思います(汗

というわけで


今回は電源で音が変わる原理についてでした。
ぜひ原理を理解された上で意味のある改善をしていただければと思っています。


1U76、1176のGRメーター調整方法



こんにちはShinya's Studioです。

今日は1U76、1176、1176系コンプレッサーのGRメーター調整方法について書いておこうと思います。

1176系のコンプは電源(特にメーターが関係する-10V側)がディスクリート回路でできていることがあります。
通常電源は専用ICで組まれていることが多いですが、1176系はシンプルになっています。

デメリットの1つとしては部品周辺の温度や入力電圧によって出力も若干ふらつきます。それが影響してGRメーターのゼロ位置が動くことがあります。そのため1176系のコンプには調整用のトリムがついています。

ちなみに本家マニュアルは下記です。

英文ですが25ページに解説があります。

それでは調整の仕方を解説していきます。

0、調整の前に


調整の前に注意点をかきます。

VUメーターの下にいかにも調整できそうなトリムがありますが、これはVUメーター自体の調整をするものですのでGR調整時には触らないでください。

1176-2.jpg

調整をしたい時、とりあえず目についたものを回したい気持ちは分からなくもないですが、知らない場合は説明書を見るか、知っている方(できれば販売店、代理店またはメーカー)に聞いてください。

触ってしまった場合は、まず元に戻すことをします。
1176の電源を切った状態でメーターの針が下がっているときに画像のゼロ%の位置まで針が来るように調整してください。

1、電源をいれてしばらく待つ


前述の通り、ディスクリート(今回は特にダイオード)は周辺温度や電源電圧によって出力の電圧も変化し、GRメーターの針が動きます。

1U76の電源を入れてメーターはGRモードに切り替えてください。リリースつまみはメーターの動作に影響しますので最速(時計回りに回しきった状態)にしてください。

電源投入後すぐは内部の温度が上がり続けるため30分程度待ってください。冬場は1〜2時間ほど必要な場合があります。

逆にいうと使い始める1時間前くらいには電源を入れたいです。

2、GRメーターの針が上がってきて落ち着いたら調整を開始する


針が落ち着いてきたら調整をします。
電源投入時すぐに調整をしたところでまだ上がり切ってない状態だと調整する意味がありません。

調整するトリムは下記の画像の部分にあります。

1176-3.jpg

1U76AC_InFPF_F_GR.png

InputとOutputの間にある穴の中にトリムがあります。外には露出していません。
1U76も同様です。

これを右に回せば針が右に、左に回せば左に回ります。これで以上になります。

その他注意点


機材を外に持ち出す場合、調整した環境と電源電圧が違う場合は再度調整する必要があります。

1U76、1176は基本的に117V動作ですので100Vなど明らかに電圧が違う場合はメーターの位置もおかしくなります。メーター位置がいつもよりかなりずれている場合は電源電圧を疑ってください。
1U76の100V仕様のモデル等はかならず100Vでご使用ください。
(他メーカーでユニバーサル電源の場合は問題ない場合があります)

ご自身の所有物ではなくレコスタ、リハスタなどの機材を使用する場合はマナーとして勝手に調整したりせずスタッフに一声かけるか、スタッフに調整をお願いしてください。

wavesをアップグレードしました!



こんにちはShinya's Studioです。

最近おかげさまで機材の受注が詰まっております。
コロナ需要でしょうか。みなさまありがとうございます!

板金の件もあり新規に受けづらい状況ではありますが、時間はありますのでブログの更新を増やせられたらと思っております。

さて、wavesのアップグレードをしました。2ヶ月前の8月にもアップグレードしましたが、ミックスも増えてきてプラグインを増やしたいのと給付金の関係もあり、またwavesのセールも影響してついにMercuryにしました。

waves1_20201017135455ffa.png
すでに8月にV11にしたHorizonなどいろいろ持っていたのでセールの40%OFFと含めて50,000円くらいでした。

MercuryはWavesの全部入りではなく他にSSL、Abbey Road、その他音源系が入っていません。

SSLはV9ですが持っています。Abbey Roadは単発で5個くらいありましたがあと7個くらい足りません。Mercuryにすることで2個プラグインをもらえるので足りないうちの2つをもらいました。

しかしもう何を持ってないか考えるのが面倒なのでAbbey Roadバンドルもアプグレしました。

waves2_202010171354577ae.png
元はセール価格で103ドルでしたが、無料の2個をもらって77ドルまで下がりました。
無料のプラグインは29ドルが2個なのでちょっと損をした形ですが、他に持ってないプラグインはほぼないので仕方ないです(笑)

そしてAbbey Roadも77ドルなので無料で1つプラグインがもらえます。なにか無限の錬金術みたいになってますね、、

もうMercuryとSSLとAbbey Roadはゲットしたのであとはおそらく音源のみ、、

クラビかローズてきなやつが欲しいなぁと思ってます。
もらうならどれかオススメがありましたら教えてください!

他にもIKのTotal Maxのセール気になってます。というか買います。
あとはPAのサブスクとFabfilterのバンドルかな。。。

Autodesk Eagleが最大40%OFF!



AutodeskのEagleが最大40%OFFのセールをしています。


今回のセールは2020/10/16までです。備忘録でこちらに買いておきます。確か期間は1ヶ月だった気がします。

前回のセールが確か8月ごろで50%OFFだったので、今回のは見送ってまた年末までに50%OFFが来たら購入しようと思っています。

年間61,600円ですからね、、10%はかなり大きいです。以前の160㎠が2,200円/月を復活してくれればいいのですが。

中国の試作基板屋さんが10x10cm(100㎠)まで500円なのに、Eagleのフリーで設計できる範囲が80㎠まではさすがに厳しいです。。。

Avid HD Nativeのいろいろな不明点の答え合わせ



こんにちはShinya's Studioです。

Shinya's Studioは機材メーカーなのですが、中の人は一応レコーディングエンジニアなのでレコーディングやミックスももちろんしていますが、基本的にはスタジオでやっていたので自宅にはあまり機材がありませんでした。

しかし最近のいろいろな事情が絡んで来て家での作業が増えたのと補助金などもあって家での機材を揃えつつあります。

そのなかでオーディオインターフェースもある程度しっかりしたものを用意したいと思ってきました。
これまではMOTUの893mk3を10年近く使ってきましたが、そろそろ買い換えたいなと思っていました。

Shinya's Studioは機材メーカー。できればアナログの入出力が8ch以上でアナログ機材を「行って来い」させたい。ただ8chのしっかりしたAD/DAがついているI/Oはかなりお値段がする、、

IMG_6812.jpg

そこでHD Native Thunderbolt+192I/Oをまさかの2020年に自宅用に導入しました(笑)
192I/Oはもう10年以上前の機種。デジタル機材としてはアウトのような気がしますが、数年前まではレコーディングスタジオと言えばコレでした。192I/Oを否定してしまうと数年前のレコーディングスタジオを全て敵に回すことになります(笑)

今数十万円出せばもっといいものは手に入りますが192I/Oは前述の通り「信頼と実績」が他と全く違います(笑)

と言うわけで、お待たせしました不明点を箇条書きで答え合わせしたいと思います。

1、まずHD nativeとはなにか

まずHD nativeについて詳しくは調べていただきたいのですが、ThunderboltがついているMacでDigilink接続のインターフェースを動作させることができます。ProtoolsはUltimateで使用可能です。
動作はDSPを積んでいないのでCPU負荷になります。

HDXだとやはり導入コストが高いのと、PCIeなのでMacProを買うか、マグマ的なシャーシが必要になります。システムが大きくなりますね。。

HD nativeは定価13万円です。中古で89,800円くらいであればいいなと思っていたのですが、某楽器店で55,000円で買えました!いい買い物でした。ヤフオクではもう少しお得に買えるかもしれませんが保障という面ではちゃんとしたところで買ったほうが安心です。

2、I/Oは何が使えるか

I/OはAVID系だとHDIOやOMNIなどMini Digilinkが付いているものですが192I/Oも使えました!
今回導入するきっかけになったのも192I/Oが使えるかと言うことでした。

なぜ192I/Oを使うかと言うと前述の「信頼と実績」、あとは価格です。

192I/Oはヤフオクで買いましたが、出品者は日頃お世話になっている目黒の某ショップ(笑)
何かあっても安心です!HD nativeは再登録ができましたがこちらはできないと言うことを前提で送料入れて2万円弱で購入できました!

付いていたカードはADが1枚(8ch)、DAが2枚(16ch)、DDが1枚です(8ch)。
これだけで「アナログ行って来い」が8chできます。

I/Oは他にfocusrite、prism、apogeeなどいろいろ出ていると思います。

IMG_6818.jpg

3、ProtoolsはUltimateが必要か

HD nativeはHDシステムを動作させるためのものなのでUltimateがあるに越したことはないのですが、Ultimateも結構高い、、(笑)

しかしHDシステムとして使わないでCore audioのI/Oとして使えばいわゆる無印のProtoolsで使用可能です。メリットは192I/Oなどを使うことができると言う点。

protools firstは試してないのでわかりませんがおそらく使えると思います。

4、I/OなしでHD Native Thunderboltのヘッドホン端子だけで使えるか

これはAvidに聞きましたが無理だそうです。実際ダメでした。192I/Oをつなぐと使えました。出先でMBOX的な使い方ができるのかなと思っていましたがダメみたいですね。

ヘッドホンアウトがI/Oに影響しているということは192I/Oじゃなく他のI/Oをつなぐとヘッドホンアウトの音質も変わるのでしょうか?気になりますね。

5、Digilink I/Oライセンスは必要か?

まずDigilink I/Oライセンスについてですが、Ultimate環境でDigilink機器を使う場合「Digilink I/Oライセンス」と言うものが必要になってきます。私はこの機会に知りました、、

HDIOなどAvid製品を買うと付いてくるらしいのですが、サードパーティ製を買うと別途このライセンスが必要になるそうです。ちなみにこのライセンスはiLok管理ですが4万円もします(笑)

で、192I/Oには付いていないので本来は必要なのですが、前述の通りCoreAudioで使う場合こちらも不要になります。買わなくてよかったです、、

6、Protoolsは最新バージョンでも動くか

これはProtools 12以降192I/Oは怪しいのではと言う声もいただいたのですが、ひとまず現状で最新のProtools 2020で音を出すことはできました(笑)

メーカー的にサポートしているかは不明ですが何か不具合があればまた追記したいと思います。

IMG_6829.jpg

7、最低限必要なものは何か

つまり192I/Oから音を入出力する上で最低限必要なものはなんでしょうか。

○Thunderboltのついたmac(またはwindows?)
○HD native Thunderbolt
(Thundeboltケーブル、Mini Digilinkケーブルが付いてきます)
○192I/O
○Protools
○Digilink変換ケーブル(MiniDigilinkケーブルを192I/OのDigilinkにつなぐために変換が必要になります)
○D-subケーブル(192I/Oのアナログ入出力はキャノンではないのでD-subケーブルが必要です)

変換ケーブルは6,400円ほどですが、イケベさんポイントがあったので3,000円弱で購入できました!

D-subケーブルは買えば1万円くらいするのかな?自分で作ればとりあえず2ch出すだけなら2千円でできるかも。

MacやProtoolsは持っていたので今回購入したのはHD native、192I/O、変換ケーブルで合計8万円ほどでした。



まとめ

というわけでざっくりと導入時に気になった不明点を書いてみました。
もしI/Oを増設したい場合もまた2万円で192I/Oを買ってI/O同士をつなぐDigilinkケーブルやBNCケーブルなど追加すればいいだけなのでかなりコスパはいいと思います(笑)

今回はまずMac book air2012で試してみましたが、実際はMac mini 2012で使う予定です。
8年前のモデルですが、Corei7のクアッドコア2,6GHz、メモリ16GB、SSD 500GBの割と全部盛り+High Sierraにしているのでまだ戦える気がします。

他にも疑問点があればどこかにコメントください。

何かあっても責任は取れませんがHD nativeと192I/Oオススメです。MOTU 896mk3から192I/Oに変えてやはり聞きなれた音になりました(笑)

ちなみに24インチのメインディスプレイをThunderbolt経由のDVI、23インチのサブディスプレイをHDMIで表示させていたので今メインディスプレイが映りません(笑)
HD native ThunderboltにThunderboltのパラがあればよかったのですが。。

ひとまずHDMI-DVIケーブルを買ってサブディスプレイはUSB3,0とかで動かそうと思います。

ではでは。