FC2ブログ

WavesのDAW Tracks Liveを使って見た!



こんにちは!Shinya's Studioです!

みなさまWavesのフリーのDAW?Tracks Liveをご存知でしょうか。今回はそのTracks Liveについてです。

最近Youtube用に動画を撮る機会が増えて来ましたが、動画を撮ってアップするまでの工程をもう少し改善したいなと思っていました。

その一つが音の部分

Youtuberの方は基本的に一眼レフに動画も音声もRecされているのだろうと思いますが、Shinya's Studioはラインレベルの録音が主なので一眼レフにちゃんとしたライン入力がなくProtoolsから出した音を機材に通してまたProtoolsに戻して録るという感じにして来ました。

しかし同じProtoolsで録音と再生をするので、歌を通しているときに間奏でスキップすることができないのです、、、録音を止めて再び録音してもいいですが、ファイルがたくさんできるので編集が複雑になります。

録音を切り離す

そこで戻って来た音をProtoolsで録音するのではなく他のソフトウェアでやってみようと思いました。

さて、私のMacの中に録音できるソフトはあるか考えてみると、、意外とない!(笑)

調べてみるとMacに最初から入っているappで録音できるものの一つでQuick timeがでてきましたが、Quick timeはm4aという形式でしか書き出しできませんでした、、

次にGarage band。こちらは録音というよりLogicの廉価版のDAWです。
正直なところ、録音できればよかったのですが久しぶりに使って見ました。しかし、こちらは44,1kでしか録音できない、、、普段48kで作業しているのでちょっと厳しい、、

ちなみに映像の編集は複雑なことをしない限りはiMovieでやっています。複雑なことというのは過去に何度かやりましたがSSL 9000Jのチェックで見やすくするために4画面に分割したものです。



あ、チャンネル登録お願いします(笑)

これはiMovieではできないので、Avidの無料のソフト Media composer firstでやっています。

で、iMovieで録音できれば一番楽だなと思いましたが、どうやらiMovieは動画が入っていないと録音できない仕様みたいです。
動画は一眼レフで撮ってからiMovieに貼り付けるのでリアルタイムでは動画はまだありません、、

他にもAudacityというソフトなどありましたがこちらの環境の入力が複雑で、入力の設定がうまくいかず諦めました、、

Waves のTracks Live!
tracks-live.jpg

そんな状況でtwitterにぼそっと録音できるソフトがないかつぶやいてみました。


その結果、フォロワーさんからwavesのTracks Liveを教えていただきました!
https://www.waves.com/mixers-racks/tracks-live#presenting-tracks-live

WavesのTracks Liveはプラグインで有名な、音楽関係のひとなら誰でも使ってる!?Wavesのフリーウェア。そういえばなんか見たことあるなと思っていました全く記憶にありませんでした。

ちなみにフリーではありますが、Wavesのアカウントが必要ですのでお持ちじゃない方はアカウントのみ作ってください。iLokやライセンスなどはいりません。

見た目はDAWっぽいのですが、録音のみという感じでプラグインメーカーなのにプラグインは挿せそうにありません(笑)MIDIとかも無理そうなので本当にライブレコーディングようなのかなと思います。

その代わりかなりシンプルで、48kHzでももちろん録れるし、入力の切り替えもできるし今回のやりたいことはできました!これでProtools上でストップ、再生を繰り返しても一眼の動画とWavesのTracks Liveの音は同期し続けます!

それで作った動画がこちら。



というわけでWaves Tracks Liveを使って見た話でした。Youtubeの音の部分はしばらくこれでいこうと思います。CubaseやS1みたいな他のDAWを持っていればよかったのですが、おそらく無駄な機能がない分Wavesの方が軽いのではと思っています。

Behringerも今DAWを作っているようですが気になりますね!


コテ先のクリーニング。スポンジでやるかタワシでやるか



こんにちは!3月も後半になって来てだいぶ暖かくなって来ました。

今回はコテ先のクリーニングについて書きます。タイトルは某映画っぽくして見ました(笑)

いままでは

Shinya's Studioの中の人は半田ごてのコテ先のクリーニングにはスポンジタイプを使って来ました。まさにこれです。


半田ごてが2本刺さるし、スポンジの真ん中に穴が空いてて便利でしたが、半田ごては温度調節機能付きを買ってから一本で良くなりました。

アンケートして見た

そして最近よく見かけるワイヤータイプのクリーナーも気になって来ました。
そこでtwitterでアンケートを取って見ました。すると以下のような反応が。

sponji.png

期間を長く取ったおかげか53票もいただきました!
スポンジがやはり一番多いものの金属タワシが意外と多かったです!
金属タワシは以下のようなもの。


試しに

ちょっと気になって来たし、新しい時代を生き抜くのに固定概念に縛られてはいけないと思い(大げさだけど)使ってみることにしました!
うちでは、中国で謎な激安半田ごてを買って見た時に一緒について来たタワシ型クリーナーがあったなと思ってまずはそれを使って見ました。

その結果、、
割といいかも!!

メリット

メリットとしてはコテ先が冷めないということがあるそうです。

今までは水を染み込ませたスポンジでクリーニングしてたのでコテ先をクリーニングするたびに冷めていました。しかしタワシ型は金属の冷たさはあるものの、水ほどの冷却機能はないので冷める心配が少ない気がします。

そして個人的には、今までは半田付けをするたびにスポンジを濡らさないといけなかったのですが、タワシ型は不要です!乾燥している時とかエアコンが聞いているとスポンジのことを気にしてましたがその心配もなくなりました。

スポンジ型はハンダのゴミがたまると数日おきに捨ててましたが、その回数も減りそう。
タワシ型のデメリットは今の所なさそうです。

タワシ型はハンダのゴミはどこへ?
タワシ型はハンダのゴミはどこへ行くんだろうと思っていました。

タワシに絡まったら掃除するのめんどくさいな。買い替えかな?と思ってましたが、タワシが入っている容器の下に落ちていました。タワシを容器からどけるとゴミが出て来ます。

ちなみに変えのタワシも激安で売ってます。


ちなみにスポンジはノーブランドだともっと激安の50枚999円で売っています(笑)


タワシへたった?
1ヶ月ほどタワシ型クリーナーを使ってタワシがへたって来た気もします。特によく使っている中央から手前の部分。でもこれは激安半田ごてに付属のやつだからかなとも思いますし、まだ使えなくなったというわけではなさそう。あと数ヶ月は余裕で使えそうだし、一般の人の使用量だと数年は持つ気がします(笑)

というわけで、半田ごてのクリーナーをタワシ型に変えて見た話でした。まだ使ったことのない方は是非!

今欲しいもの[その1]



こんにちは。
週1くらいでブログを書きたいなと思っていますが話題がないので今欲しいものでも描こうかなと思います。
ちなみにメルマガも週1でやってましたが、特に反応がなさそうなのでやめました(笑)

さて、今欲しいものはAmazonでまとめています。

欲しいものは他ジャンルに渡りますが、、、
さてまず1つ目はBehringerのフィジコン!

今ミックスでMackieのコントローラー使っていますが、古いタイプでMIDI接続なのでMIDIインターフェースが別途必要です。さらに古いので少し重たくフェーダーが8本のうち2本くらい死にかけです、、、

ベリンガーは新し目なのとUSBで軽そう、薄そうなので欲しいなぁと思っています。
すこしLEDの色が多くてチカチカなのがネックですが、白とかで統一できるならいいかなと思います。

さて2つ目はFLIRのサーモグラフィです。
これは機材の熱関係の設計時に有効です。目で周辺温度が測定できるので便利です。
リンクはiPhoneなどにつなぐタイプでこれが一番安いみたいです。接続がLightningなので折れないか不安なのとiPhoneが将来的に使えなくなると自動的に使えなくなるのがネックです。

スタンドアローンのものもありますが高いのでこれがいいかなと思います。
他にも中国製のものがありますがサーモグラフィでいうとFLIRが有名かなと思います。

ちなみに中国製のスタンドアローンはこんな感じ。


他にも欲しいものはたくさんありますが今週はこんな感じにしておきます。
他にブログの話題や、欲しいもので気になるジャンルなどあればご連絡ください。

Canonのミラーレス一眼買いました!



今回はShinya's Studioの機材ではなく、Canonのカメラについての記事です。機材についてのみ興味のある方はスルーしてください(笑)今回はカメラについてのみ書きます!

さてついにCanonのミラーレス一眼を買いました!


私の一眼レフ歴としては
Canon EOS kiss F
Canon EOS kiss X6i
そして今回のCanon EOS kiss Mとなります。

電気屋さんで見た時は白のモデルしかなくボディはプラスチックで光沢仕様だったのでしょぼかったのですが、黒はマットでかっこいいです!

ミラーレス一眼といえばソニーの一択となりつつありますが理由をお聞きください(笑)
今回カメラを買った理由は旅行など外出時に軽いカメラが欲しかった。そしてCanon EF-M 22mm f2.0というレンズが個人的にかなり前から気に入っていました。そこでボディもCanon一択だったわけです。

SONYのミラーレスのα7シリーズはいいのですがやはり高いのと、フルサイズなのでセンサーが大きくて綺麗なのですがレンズも大きくなり重くなります、、、

EF-M 22mm f2.0はパンケーキレンズということですごく薄くて軽い!EOS kiss Mもミラーレスで軽いので全部で超軽い!
22mmという割とAPS-Cでは使いやすい広さでF2.0という明るさは個人的には神レンズです。
他にEF 50mm F1.8という安いレンズがありますがAPS-Cで50mmはかなり望遠です、、、
このレンズはそれこそカフェでシャレオツなカプチーノを撮る女子に向いています!(笑)

というわけで早速写真を撮って見ました!
IMG_1583.jpg 

実はレンズ自体気に入っていてすでにレンズだけ買っていました。ボディは当時まだいいのが出ていなくてM2とかM3という以前のモデルをレンタルして試していました。なのであまり感動はありません。

今回購入に至ったわけはkiss Mになって液晶がバリアングルになったこと。
以前のミラーレスモデルは液晶が動くものでもチルト式というタイプで上下にしか傾けられませんでした。今回はX6iと同じく左右にもできます!

あとミラーレスのデメリットであるファインダーがないのでEVF搭載な点。ついていないモデルorオプションのモデルもあります。

そして一眼の心臓部である映像エンジン(パソコンで言うCPU?)がDIGIC8になりました!
X6iはDIGIC5です(一気に3つ上がりました)。
DIGICが新しいとどうなるかというと連写性能があがったり、暗い時にゲインを上げた時のノイズが少なくなったり、動画だと今回ついに4Kに対応しています(なんちゃってではありますが、、、)。

先代のX6iと今回のkiss Mを比較をしました。
 
[ kiss X6i ] [ kiss M ]
映像エンジンDIGIC5DIGIC8
動画FHD 30p4K 24P
連写性能5コマ/秒10コマ/秒
最高ISO2560051200
Wifiなしあり
電子水準器なしあり
重量(バッテリー+カード有り)575g387g

ミラーレス用のマウントEF-Mと普通のマウントEF/EF-Sのアダプターも買ってあるのでこれまでのレンズも使えます。重いですが、、、

そして今回買った最大の理由は分割払いです!!(笑)
今回はマップカメラさんで買いました。人気のモデルのようでどこも品薄でしたがマップカメラさんでは在庫がありました。そして48回まで金利手数料無料!さすがに定価6万円なので12回の月5千円で買いました!(笑)一気にハードルが下がりますね!!
マップカメラさんは以前もレンズ?を買いました。なんかおしゃれなコースターが付いてきて好印象だったのですが今回はありませんでした、、、(笑)

ミラーレスはデメリットもあります。

ミラーがないのでファインダーは電子ファインダーになります。液晶をちっちゃくしたやつを覗くだけです。常になにかしらの液晶をみているのでミラーあり一眼より電池を食います、、、

あと電子ファインダーでも本体液晶でも照明がフリッカーを起こしていると撮る時邪魔です(笑)
ミラーあり一眼は撮る時はファインダーでみて撮った確認は静止画なので動画を録る時以外はフリッカーを目視することはないです。

そして一眼レフのいいところはレンズを変えられる点なのですが、ミラーがないためセンサーむき出しになりレンズ交換の時にセンサーに傷がつく確率がぐっとあがります。センサーに傷がついたらカメラとして終わりです、、、普通の一眼レフの場合はミラーがありセンサーの前にカバーがついています。シャッター押した時だけミラーが上がりカバーが開くので2重で防げますがCanonのミラーレスにはカバーすらありません。。。

あと今回のEOS KISS Mになって本体のダイヤルが1つ減りました、、、撮る時にいろいろな設定を各ダイヤルで調整するのですが、ダイヤルの機能を別ボタンで切り替えないといけなくなりました。

と、ミラーレスにはデメリットも多いですが仕事でなにか動きの速いものを撮るわけではないので、それ以上のメリットで今回購入になりました!

世間的にはSONY一択な感じですが個人的にはCanonさんはいいところを言っていると思います。重量的にミラーレスに近いKiss x7とかx9もいいですね。EF-M 22mm F2.0が使えてセンサーが同じだったら欲しかったです。

あとはセンサーにフタをつけてもらってダイヤルを増やしてもらって4Kの60Pに対応していただければ完璧です!APS-Cでお願いします!

持ち歩かずに機材紹介の動画専用ということであればSONYのα7シリーズも欲しいですがレンズを持っていないのでなにかしら合わせて買わないといけません。

というわけでこの日を境にもう少しましな商品画像、商品動画になるかなと思います!
今後とも宜しくお願いします!
ひきつづき動画用の音源募集しております!

電圧電流電力計 PR10-E 購入



こんにちは。今回は商品レビューです。
PR10-Eという測定器を購入しました。まだあまりレビューがないようでしたのでこちらで紹介します。

IMG_0424.jpg 

まず今回の商品は交流100Vの電圧計、電流計、電力計などが同時に見られる測定器です。
実はずっと前からShinya's Studioの商品開発用に電流計を探していたのですがあまりいいものが国内で見当たりませんでした。そこで海外に目を広げてみるとaliexpressという中国マーケットでいいものを見つけました。

IMG_0415.jpg IMG_0414.jpg

このaliexpressはアリババグループが運営する日本でいう楽天みたいなものだと思います。
アリババ自体も商品購入できますがおもにロット1000とか業者向け、aliexpressは個人向けの印象です。当方もすでに何回か利用しておりアメリカでいうeBay的な感じで特に違和感などもありません。

自分的に必要だったのは

1、電圧計、電流計、電力計がついていること
2、それらが全て同時に見られること
3、電圧計は1V単位、電流計は0,1A単位、電力計は1W単位でそれぞれ十分

という内容でした。日本のアマゾンや楽天、ヤフーその他では見つけられませんでしたがaliexpressでようやく見つけました。価格は送料無料、45USDだったかと思います。

この製品は上記の希望を満たすどころか分解能はもっとあります。精度はまだわかりませんが20Wの電球で20Wと出ているので実用十分です。あと説明を読むとパワーレコーダーということで記録してくれたり、電気料金を計算できるそうですがそんな機能は不要です。用途としては機材を製作する上で電源トランスの容量を決定するときの目安にします。

メーカーもZHURUIという中国メーカーっぽいです。中国製というとあまりいい印象ではない方もおられるかもしれませんが、最近の電化製品は中身が中国製ということはよくあると思いますしカメラの機材なども台頭してきています。最初商品画像を見たときにあまりに綺麗だったのではめ込み合成かなと思っていたのですがそのままでした。綺麗な液晶です。日本のサンワサプライとかより全然クオリティが高いです。

型番PR10-Eの末尾「E」はどうやらプラグの種類で決定するようでヨーロッパ向け等にPR10-A,PR10-B,PR10-C,PR10-D,PR10-Fなどもあります。日本向けのものはなくアメリカ仕様の3芯となっています。メス側はそのままで使えますが、オスは変換する必要があります。アースはねじ式で取れますがオスネジが本体側に残る仕様で少し怖いです。取ることは想定してないような気がします。

ただ、3芯のオス側、アースは本体の上にくるのでそのまま壁コンセントにさせるアメリカ本国では、壁コンセントに刺そうとすると本体が上下逆さまになるので不評なようです(笑)そこは中国クオリティなのでしょうかね。

今回はあまりレビューがない中で人柱的に購入してみましたがShinya's Studio的には現状で大満足です。技適やらそこらへんは微妙だと思いますので販売代行業などはしません(笑)購入される方は自己責任でお願いします。