FC2ブログ

Shinya's Studio 4000BusCompがついにPower Recさんから発売されました!



Shinya's Studioで主力製品の4000バスコンプがついにイケベ楽器、Power Recさんから発売されました!
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/649215

(※参考イメージ)
1U4000Bus-F.jpg
2019年も9月中旬になりすっかり涼しくなって来ました。

Shinya's StudioはPower Recさんにご協力いただき、これまでVUメーター、TransBox、VPR76など共同で販売させていただいておりますが、この度4000 BusCompも追加で販売させていただくこととなりました!
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/649215
(Power Recさん側の専用ページが出来次第、追加更新させていただきます!)

Shinya's Studio WebStore
ラインナップ品との違いについて

機能は現在Shinya's Studioでラインナップしているものと全く同じです。
電源のみ外部AC-ACアダプターを使用したモデルになります。

電源について
電源はACアダプターとなります。
ACアダプターと書きますと印象が悪い方もおられると思いますのでこちらでご説明します!

今回バスコンプに使用するACアダプターは100V交流入力/18V交流出力(予定)のAC-ACアダプターと呼ばれるタイプで、安価なスイッチング式ACアダプターを採用した設計とは全く違うモデルです。

現在Shinya's Studioでラインナップしているモデルと回路はほぼ変わらず、電源トランスのみを外に出しただけのイメージになります。他社様ですとAVALONのような回路イメージになります。
アダプターは変圧のみでこれまで通りバスコンプ内部で直流に変換します。
もちろんシリーズ電源です!
電源回路などはそのままに、今回専用AC-ACアダプター用に基板を再設計します!

メリットとしては4000バスコンプ自体はノイズに強い回路構成ですが、トランスを外に出すことによりさらに電源トランスの影響を受けにくくなることと、バスコンプ自体はトランス分軽くなります。

その他
さらにPower Recさんと協力することにより価格もさらにお求めやすくなる予定です!
そして基本的にはこれまでのPower Recさん取り扱い同様、在庫いただく形となりますのでShinya's Studio Webstoreの受注生産とは異なりほぼ即納となります(売り切れご注意ください)!

2MIXにかけるコンプが重要になってくる現代において、Shinya's Studioのバスコンプはかなり効果的ではないかと思います。もちろん録音時や録音されたトラックでもドラム、鍵盤、その他ステレオものなどかなり幅広く使えます。

3芯電源ケーブルバージョンのバスコンプはこれまで通りShinya's Studio Webstoreで受注生産にて販売しております!

是非ご検討ください!

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/649215

Transbox比較音源



Transboxの新ロットが完成しました!

Transbox_2nd_F.png 
NeveでおなじみイギリスのCarnhill製のトランスを使用しています。
トランスを使っていない機材の前後に入れてトランス感を出すことができます。

比較音源も作りました!リンクをWebstoreにそのまま貼りたかったのですが表示がうまくいかないのでのこちらからリンクします。
インサーションロスは負荷によって約0〜3dBありますが、今回は比較用にBypassとの音量差がゼロになるようにレベルを調整しています。

新ロットから600オームトランス受けでない機材用に600オームターミネーションスイッチもつけました。
今回はI/Oの行って来いなのでスイッチはオンにしています。





是非よろしくお願いします!

[Stomp Line]始まります!



こんにちは!

以前から妄想していたのですがランチボックスでコンパクトエフェクターを再現したら面白いんじゃないかと思い実現に向けて開発中です。

コンパクトエフェクターをそのまま使ってもいいのですが以下のようなことが懸念されます。

1、電源が9Vなのでレコーディングにはヘッドマージンがかなり低い可能性
2、主にギター用なのでレコーディングに使用するにはレンジが狭い可能性
3、アンバランス入力なので使いづらい

などなど。

最近時間に余裕が出てきたので[Stomp Line]と名前をつけて開発に挑戦してみようと思いました。

現状は4つご用意しました。価格は現状全て29,800円です。Shinya's Studioでは最安の位置です。
1、コンプレッサー
2、フェイザー
3、EQ

その他ランチボックスはどうしても本体を買わないと動きませんのでお持ちでない方にはネックになるかと思います。そこで同じ29,800円という超特価で3slotランチボックスも検討中です。
こちらは予算の都合上とStomp Lineということでスイッチング電源になる予定ですが、世界トップクラスの日本メーカーの電源を組み込みます。すでにメーカーの技術の方にいろいろ相談させていただきました。

ラインナップは現状4つですが、なにから開発しようか迷った末にtwitterでアンケートを取らせていただきました。その結果が下の写真です。

twitter_stomp_unkert.png 

なんと意外?にもEQが多い結果になりました!
そこで次に作るものが決定しました!フェイザーです!(笑)
Phaser90 v3 
あまのじゃくですみません、、、ただ理由はちゃんとあります。理由はこちらです。

まず今回の前提はコンパクトエフェクターをランチボックス化するということでした。
それでコンパクトエフェクターでEQというのはあまりこれといったものがなく分散したよう印象でした。そこでギターのアンプヘッドなどについているトーンを検討したのですがクセが割と強くレコーディングでは使いづらいかなといった印象でした。コンパクトエフェクターでもいくつかあって検討しましたが回路が複雑になるため要検討とさせていただきました。

次にオーバードライブに関してですがこちらも候補がいくつかあり、このStomp Lineを考えたきっかけもこのオーバードライブでした。歪みは倍音が大きく関係するためプラグインよりもやはりアナログの方が個人的には好きです(簡単に比較はできませんが)。
ただ、コンパクトエフェクターのようなギター入出力?をつけようとしたのですが歪み具合は入力レベルに大きく影響受けるためレベル管理がシビアです。そこでこちらも次回へ回しました。

最後にコンプですが候補は現状あの赤いパキパキコンプで決まりです。こちらも理由はオーバードライブと同じでレベルによりスレッショルドが複雑になるためとフェイザーより回路が複雑なためです。

要するにフェイザーが今回の設計では一番簡単であっているんです(笑)
もう基板は設計が終わり発注も済ませました。製作に一番時間がかかるのは板金ですがvpr76などのケースを流用するため上手くいけばデモ機が今月中(2018/6)に完成します。例によって渋谷の楽器屋さんに展示いただく予定です!

名前はHEY 90です。毎度センスがなくてすみません(笑)元ネタは私が好きなドナルドフェイゲンがRhodesなどで使用しているコンパクトエフェクターです。型番の意味は分かる人には分かります。

1U76やBuscompなどを設計、製作し直した身としてはエフェクターはかなり楽です。
しかも電源は9Vからランチボックスの+16V/-16V(3,5倍以上!)なのでヘッドマージンがかなり上がり、レンジもレコーディング用に広くする予定です。レコーディングにもアナログのエフェクトかけたいですよね!

是非ご検討ください!ご注文お待ちしております。
http://store.shinya-s-studio.com/?word=stomp

もちろん他の機材もよろしくお願いします!

Shinya's Studioの1Uケースは特注品です



今日はShinya's Studioの1Uケースについて書きます。

実はShinya's Studioの1Uケースは特注品なのです。
1Uケースというとタカチさん始め汎用品が出ていますがデザインなどで他と似通ったり、結局追加工が必要だったり、内部高が低かったりで希望のものがありません。

そこでShinya's Studioでは板金屋さんに特注してもらっています。

こだわっている部分としてはまず「素材」です。
多くのメーカーでは鉄を採用しています。鉄は剛性があり、磁性体なので電源トランスの磁束などによるハムノイズに強いです。
ただ鉄といっても日本だけでも工業規格のJISと、JFEや新日鉄など製鉄所がつくる規格によりかなり多くのものが存在します。汎用な鉄の場合、使用中に錆びやすいので塗装する必要がありますが塗装するとコストがかかります。板金屋さんでは自社で塗装をしているところが少なく外注するからです。

そこでShinya's Studioでは素材から厳選し
1、ノイズに強く
2、剛性が高く
3、塗装がなくても錆びづらく
4、見た目も綺麗
なものにこだわりました。

板金屋さんで加工してもらうにはその金属を板金屋さんが持っていないといけませんので板金屋さんを日本中で探してケースを作ってもらうところまでこぎつけました。

そしてケースのみならずそこで溶接、キャノンなどの穴加工を同時にお願いすることでさらにコストも抑えました。もちろん2UやVPRシリーズも同様です。

さらに設計面でも剛性を出しつつ内部高を高くすることで部品の選択肢を増やしました。内部高が1〜2mm程度高くなるだけで使える電源トランス、コンデンサ、入出力トランスなどがかなり増えます。

梱包材も特注です。
数年前に輸送中の破損事故が1件あり梱包材も特注品を設計し直し発注しました。旭化成製の特殊ポリエチレンを使ったShinya's Studio特注1Uケース用に合うものを型から起こしてもらい内部は浮いた構造に、ダンボールもかなり分厚いものをサイズからオーダーしています。もし購入していただいた際にはかなりお金がかかっていますので捨てずにメンテナンス時などにご利用ください。

10万円未満の商品はこちら!



個人事業主の皆様へ。当方も個人事業主ですが、もうすぐ年度末です。今年中に経費で機材を買いましょう!(笑)10万円以上だと申告がややこしくなって来ますね。(30万円未満ではまだ一括でできますが減価償却となります。)

今回はセールと相まって10万円未満の商品をご紹介します。
Shinya's Studioでは消費税はいただいておりません(察してください、、)。
Paypalの手数料も5万円以上は当分無料にします!
領収書も電子領収書で発行できます!

1、VPR76 /39,800円〜
IMG_0053.jpg
まずは今年完成したランチボックス用76です!有名コンプレッサーをランチボックスサイズにしました。メーターもSifamで海外の代理店を通して特注してもらいました。レシオボタンはプッシュスイッチ式を残し2;1、全押しもできます。メーターのベゼルも特注するこだわり。メーターの上にはブルーストライプをイメージしてランプがついています。

2、1U73 /78,000円〜
http://store.shinya-s-studio.com/ca3/82/p-r-s/
こちらは未完成ですが要望をいただきついにNeve Micpreへ着手します。といってもEQPなどでNeve バッファーを採用した実績があり初めて製作するわけではありません。1Uサイズで2chやEQ付きなど仕様が選択できます。

3、VUメーター /39,800円〜
過去に販売していましたがVUメーターの製作を復活させます。過去のものはいろいろなバージョンがありましたが、今回は小型に特化します!メーターはもちろんSifamです。ACアダプターで動きスルーアウトがついています。レベルは2パターンで切り替えられます。もう直ぐプロトタイプが完成します。

4、EQP Nutube /79,800円〜
http://store.shinya-s-studio.com/ca4/53/p2-r-s3/
KORGから最近出た新型真空管Nutubeを使ったEQPです!こちらは他のEQと違い歪みが出やすくなっていますが、Nutubeの特徴として歪みを求めておられる方にはぴったりだと思います。おすすめはハイ、ローのブースト方向。さらにEQPならではのローのブースト/カットの同時使用ができます。細かなカットなどはプラグインでもできますがこの機種特有のブーストはかなりおすすめです。

5、500 HA EQ /95,800円〜
http://store.shinya-s-studio.com/ca9/32/p2-r-s3/
ランチボックスサイズにMicpreと4000EQを収めました!EQにはHPFもついています。これとコンプがあればchストリップが完成します。MicpreはもちろんNeve系Carnhill製トランス入力、アンプは3種類選べます。

6、1U76 Opamp /59,800〜
http://store.shinya-s-studio.com/ca2/1/p-r-s/
1U76_64thT.jpg 
おかげさまで60台以上売れ続けています1U76のOpamp仕様です。まさか国内のみ、録音業界のみでここまで売れるとは思いませんでした。ありがとうございます。プロアマ問わずお使いいただいております。
今回はその廉価版Opamp仕様です。やはりトランス、その他電子部品が部品代の一部を占めますがOpampを使用することによりコスト、工賃を下げました。76の動作にこだわりがあるけど
通常版は手が出ないという方は是非。もちろんレシオ2;1など使い勝手はそのまま。その他通常版のインプットトランスレスも現時点で99,800円と10万円未満です。

その他にもいろいろあります!どれがいいかわからない方は是非お問い合わせください。
SNSなどのDMや、Lineもあります!
https://line.me/R/ti/p/%40rgw2067s

さらにブラックフライデーセール!Shinya's Studioもやります。クーポンコード「SSOP15」で15%オフです。対象商品は1U73,4000EQ,JohnHardyHA,1U78です!その他機材は個別にセール中です!

安い順に見るにはこちらから!
http://store.shinya-s-studio.com/?sort=3&ca=all