FC2ブログ

Plugin Alliance MC77のオススメの使い方



こんにちは。1176系プラグイン研究家のShinya's Studioです(笑)

今日はPlugin Alliance Purple Audio MC77のオススメの使い方をご紹介したいと思います。

普通1176系は信号を入力しインプットを上げていっていい具合にかかったところでアウトを調整するという使い方になると思いますが、それをPlugin Alliance のMC77でやると画像のようになってしまいます。

MC77-1.png

これは1kHzの-16dBFSを入力しインプットをかかる寸前まで上げていき、アウトを-16dBFSになるようにつまみを調整した時の設定です。

アウトプットがかなり絞られた状態で違和感を感じます。

しかしこのMC77にはHEADROOMというつまみがあります。これがいわゆるスレッショルドになるのだと思います。

そこでオススメの手順としては下記になります。

1、inputを「36」にする。

2、アタック、リリース、レシオ、S.C.HPFなどをざっくり決める。

3、ヘッドルームでかかり具合を調整する

4、アウトのボリュームを調整する。

そうすると下記の画像ような状態になります。

MC77-2.png

-16dBFSを入力するとかなりみなれた状態になりました!
HEADROOMは-10dB付近になりましたので今後決め打ちでもいいかもしれません。

トラックの音量によっては各所調整する必要があると思います。

MC77はハードウェアのメンテをしたことがありますが、基本的にはRev.Dと回路は同じなのですが、このプラグインは少しクセが強いように思います。歌とかに使うのは難しいような。。。

クセを出すにはいいかもしれないです!

1176系のプラグイン比較



1176系のプラグインはこれまでProtoolsに付属のBF76を使っていたのですが、Protools10になってくらいからグッと来ることがなくなって使うのをやめてしまいました。

そこから1176系のプラグインを探す旅が始まったのですが、いまだにいいものに出会っていません、、

そこで今回は今、手元の起動ディスクにインストールされている76系の周波数特性をwaves Q-clone/captureで測って見ました。

Q-clone/captureはサンプリングレート96kHzまで対応していますが見た目は20kHzくらいまでしか見られません。最近V11にしましたがそれは変わらずでした。そこまで需要はないのかな。。。

それでは早速行って見ます。

Bomb Factory / BF76
まずはProtoolsに付属のBomb factory BF76です。
76_BF.png

測定したセッティングを下に載せています。コンプはかかっていない状態です。スルーのレベルを0dBに合わせた以外は立ち上げたままの状態です。

上も下もかなり落ちていますね、、、1176のハードウェアをいくつも見てきた私としてはここまでひどくないと思うのですが、、、少なくても上は50kHzまでは伸びています。

以前(違和感を感じる前なのでProtools9か8?)も測定したことがありますがローはフラットだったように思います。ハイもここまで削れてなかったと思うのですが、、
以前の環境を見て見たい、、、

ハイファイなサウンドには合わなそうです。。

Waves / CLA76 Blacky

次はWavesの黒です。

76_CLA_D.png

1U76と同じくRev.Dをベースにしていると思います。

ほぼフラットですが上はちょっと落ちかけているのかな?

Waves / CLA-76 Bluey

次はWavesのRev.Aベースかなと。

76_CLA_A.png

こちらはBF76と同じくハイが落ちていますが、こちらの方が落ちる周波数は高めでカーブは鋭角ですね。12dB/octくらいでしょうか。

wavesは針の動きが速くてキモいです。あと立ち上げた時の設定がセンスがないです。
あとたまにバグるので個人的にはあまり使いたくないです、、、

Arturia / COMP FET-76

つぎはArturia 76です。

76_Art.png

76の中でも良さげな印象でしたがこちらもハイが落ちてますね、、
最初からインとアウトのつまみが連動するのはトリッキーです。
立ち上げた時にインが絞りきりでアウトがフルテンなのはビビりますねw


Black Rooster Audio / VLA-FET

BRAの76です。

76_BRA.png

こちらは上下が軽く落ちています。つまみの位置が変わっていてハードウェアに慣れている身としてはちょっと苦手でした。レシオの位置も逆です、、、

見た目がそんなに好きじゃない、、

Plugin Alliance / Purple Audio MC77

最後がPAのMC77です。

76_PA.png

モデルにしているものが違うということもありますが、上は綺麗に伸びています。下は1dBほど下がっていますが、コンプは叩くとローが出て来るので誤差かなと思います。

これもつまみの位置が変わっていますが良さそうではあります。

ということで

ざっくり比較して見ました。

ハードウェアの場合は可聴帯域の周波数特性はほぼフラットなので100kHzくらいまで測定してようやく違いが出てきます。他にも位相や歪率などを見ますが、プラグインの場合はサンプリングレート48kHzだと20kちょっとで切れてしまうので可聴帯域である程度個性を出そうとするのかもしれないですね。

可聴帯域の測定だけで結構違いが見て取れますね。

今UADが手元にないので機会があれば合わせて比較したいと思います。他にもオススメの76系があれば教えてください!

現状だと
ツマミの位置、使いやすさでいうとBF76、
ハイファイな音楽にはMC77、
その他音質は好みでという感じです。

BF76がグッとくれば針の動き、つまみの位置、見た目、動作の軽さ、互換性どれを取っても最強だと思うのですが。。。
ハイファイな音楽をやろうとするとBF76の後にEQでハイを補いつつ、ちょっと歪みを足すといいかもしれないですね!

音に関しては比較しているYoutubeを発見したのでリンクを貼っておきます。


ちなみにPlugin AllianceのPurple MC77はオススメの使い方ができたので、需要があれば近いうちにこちらで書きます!

ではでは。

Shinya's Studio中の人の最近のプラグイン事情



こんにちは。久しぶりにこちらを更新します。

最近ミックスをしていて久しぶりにプラグインが欲しくなってきました(笑)

大抵は自分でレコーディングしてミックスということが多いのでできるだけレコーディング時にハードウェアである程度完成させてミックス時はサクッとプラグインをかけて終われればいいと思っています。

機材も作ってますが、ミックス依頼も随時募集してます!
過去の仕事はこちら。
https://store.shinya-s-studio.com/userpage?id=83430

よく使うプラグイン


Dynamics III MainPlugin

よく使うプラグインと言えば

ch系で
ダイナミクスはAvid純正のDYN3、Bomb Factoryの76、WavesのF6
EQもAvidのEQ3
リバーブはAvidのD-verb、WavesのR-verb

Master系で
ダイナミクスはR-Comp、L2、L3 Multi、FG-X、
EQはDigital V2

など。もちろん他にもいろいろ使いますが、、、

しかし、最近はライブミックスも増えてきて一からミックスすることも出てきました。
さらにProtoolsが進化したせいか、Bomb Factory76やR-verbなどしっくりこなくなってきました。
あと、流石に飽きてきたという感じ。

ちなみにいろいろ更新したいところはありますが、やはり歌のコンプが機になるところだったのでTwitterで聞いてみると意外にもみなさんから返信をいただきました!(笑)
あとLineでも1名返信が(笑)


そこで最近のセールを見つつプラグインをいくつか購入しました。

最近購入したプラグイン


購入したものは

Plugin AllianceのMC77


Purple-Audio_MC77-action-808ef1c0.jpg

セールとバウチャーで29ドルだったので購入しました!

発売当初にデモをした時はツマミの位置など使い勝手が違うかなと思って終わったのですが、今回の返信でもその他でもみなさん好印象だったこともあり導入しまして見ました。

76系のプラグインってしっくりくるの悩みますよねぇ。MC77はツマミがちょっと多いかなぁ。
WavesのCLA76もありますが、バグがあるんですよねぇ。V9だからかな。V11にすればいいのかな。
UADも良さそうなんですけどハードウェア必要なのがなぁ。せめてドングルにならないかなぁ。

76系ではないですがAROUSORも気になります。

Plugin AllianceのLindell Audio 6X-500と7X-500


https://www.plugin-alliance.com/en/products/lindell_7x-500.html

こちらはバウチャーお代わりで20ドルがまたきたのですが、2つ合わせてちょうど20ドルで出費ゼロだったのでこれにしました(笑)

正直使わないと思いますがせっかくなのでまた使ってみようと思います。

Lindellはハードウェアは安いイメージがありますが、プラグインはNeve 80シリーズとかは評判いいみたいですね。

WavesのSmack、J37 Tape、Abbey Road Chambers


smack-attack.png

Wavesは今回3つですがどれも29ドルで、50ドル以上買うと29ドルプラグインが1つもらえるということで前者2つを購入し、最後の1つをゲットしました。

Waves持ってない方は今は常にセールしてますのでGoldとかDiamondとか予算に合わせてバンドルを持っておくといいと思います。

Wavesはダメ、87aiはダメ、900STはダメといったあまのじゃくさんもたまにいますが、そこは個人にお任せします(笑)

Smackと聞くとAvidのコンプを想像しますが、こちらはトランジェントシェイパー系かな。
某漫才風にいうと、このタイプはなんぼあってもいいですからね!!

J37 Tapeはテープ系を買おうとして、前回間違ってAbbey Road Vinylを買ってしまったので今回無事リベンジ。テープ系もなんぼあってm(

Abbey Road Chambersはリバーブ。同系統のAbbey Road Reverb Platesも欲しいのですが確か重かったのでこっちにしました。こっちも重いかな?

できるだけ単発は購入したくないのですが、今回の予算的にこうなりました。
Wavesはなるはやで全部盛りのMercury+SSL+ Abbey Roadにしたいです。あと数万円かな!

次に欲しいもの


次に欲しいものはいろいろありますが、何個か書いておきたいと思います。

Valhallaのリバーブ系


ValhallaVintageVerb70sGUI-960x384.jpg

有名なのはVintage Verbかな。同社の個別プラグインの中で一番プリセットが多いみたいです。

個人的にはUIがピンと来ず特に興味なかったのですが、みんなゴリ押しで定番になってますし持っておこうかなという感じ。

リバーブのUIはR-VerbみたいなADSR的なのが見えた方がなんかしっくりくるんですよねぇ。
D-Verbはリバーブのメインとして使わないので見た目はなんでもいいです(笑)

Valhallaは各種50ドルと元から安くて、セールも特になさそうなので必要な時に買おうかなと思っています。

Plugin Alliance各種


持っていないものもまだありますが、サブスクに入る予定は今の所ないです。
バウチャーが来たら少しずつ追加したいと思っています。

Console系、SPL系、BrainWorx系、その他コンプ数種くらいかな。

またバウチャーおかわりが来たら5〜10ドルくらいのStomp系、ギター系も集めたいですね。

T-Racks Max


今まさにノーマルのT-Racks 5が50ドルでセールしていますね。

T-Racksは昔使ったことがありそんなに印象がなかったのですが、最近いろいろプラグインが増えてきてTwitterでもよく見かけるようになり気になってます。

ノーマルのバンドルはやはり入っているプラグインが少ないのでできればT-Racks 5 Maxにしたいところです。
クロスグレードで買えばセール時で20,000円程度。
Jam Pointもあるのでさらに30%程度もう少し安く買えるかなと思っています。

Vari-mu、33609、76、LA2、670などをベースにしたものやTape系が気になります。

その他


あとはiZotope系、Waves系その他のアップグレードかな。
最近でたGML先生のMDW EQ6も気になりますが、Digital V2でいいかなという気も、、、

個人的なプラグインを導入するときのポイントは

いろんなメーカー、いろんな種類のプラグインはインストールしたくない。
できればAvid、Waves、Plugin Alliance、+αくらいにしたい。
使い勝手がいい、動作が軽いでしょうか(笑)

軽いのはオフラインバウンスの速度にかなり影響します。正義です!

WavesのDAW Tracks Liveを使って見た!



こんにちは!Shinya's Studioです!

みなさまWavesのフリーのDAW?Tracks Liveをご存知でしょうか。今回はそのTracks Liveについてです。

最近Youtube用に動画を撮る機会が増えて来ましたが、動画を撮ってアップするまでの工程をもう少し改善したいなと思っていました。

その一つが音の部分

Youtuberの方は基本的に一眼レフに動画も音声もRecされているのだろうと思いますが、Shinya's Studioはラインレベルの録音が主なので一眼レフにちゃんとしたライン入力がなくProtoolsから出した音を機材に通してまたProtoolsに戻して録るという感じにして来ました。

しかし同じProtoolsで録音と再生をするので、歌を通しているときに間奏でスキップすることができないのです、、、録音を止めて再び録音してもいいですが、ファイルがたくさんできるので編集が複雑になります。

録音を切り離す

そこで戻って来た音をProtoolsで録音するのではなく他のソフトウェアでやってみようと思いました。

さて、私のMacの中に録音できるソフトはあるか考えてみると、、意外とない!(笑)

調べてみるとMacに最初から入っているappで録音できるものの一つでQuick timeがでてきましたが、Quick timeはm4aという形式でしか書き出しできませんでした、、

次にGarage band。こちらは録音というよりLogicの廉価版のDAWです。
正直なところ、録音できればよかったのですが久しぶりに使って見ました。しかし、こちらは44,1kでしか録音できない、、、普段48kで作業しているのでちょっと厳しい、、

ちなみに映像の編集は複雑なことをしない限りはiMovieでやっています。複雑なことというのは過去に何度かやりましたがSSL 9000Jのチェックで見やすくするために4画面に分割したものです。



あ、チャンネル登録お願いします(笑)

これはiMovieではできないので、Avidの無料のソフト Media composer firstでやっています。

で、iMovieで録音できれば一番楽だなと思いましたが、どうやらiMovieは動画が入っていないと録音できない仕様みたいです。
動画は一眼レフで撮ってからiMovieに貼り付けるのでリアルタイムでは動画はまだありません、、

他にもAudacityというソフトなどありましたがこちらの環境の入力が複雑で、入力の設定がうまくいかず諦めました、、

Waves のTracks Live!
tracks-live.jpg

そんな状況でtwitterにぼそっと録音できるソフトがないかつぶやいてみました。


その結果、フォロワーさんからwavesのTracks Liveを教えていただきました!
https://www.waves.com/mixers-racks/tracks-live#presenting-tracks-live

WavesのTracks Liveはプラグインで有名な、音楽関係のひとなら誰でも使ってる!?Wavesのフリーウェア。そういえばなんか見たことあるなと思っていました全く記憶にありませんでした。

ちなみにフリーではありますが、Wavesのアカウントが必要ですのでお持ちじゃない方はアカウントのみ作ってください。iLokやライセンスなどはいりません。

見た目はDAWっぽいのですが、録音のみという感じでプラグインメーカーなのにプラグインは挿せそうにありません(笑)MIDIとかも無理そうなので本当にライブレコーディングようなのかなと思います。

その代わりかなりシンプルで、48kHzでももちろん録れるし、入力の切り替えもできるし今回のやりたいことはできました!これでProtools上でストップ、再生を繰り返しても一眼の動画とWavesのTracks Liveの音は同期し続けます!

それで作った動画がこちら。



というわけでWaves Tracks Liveを使って見た話でした。Youtubeの音の部分はしばらくこれでいこうと思います。CubaseやS1みたいな他のDAWを持っていればよかったのですが、おそらく無駄な機能がない分Wavesの方が軽いのではと思っています。

Behringerも今DAWを作っているようですが気になりますね!


コテ先のクリーニング。スポンジでやるかタワシでやるか



こんにちは!3月も後半になって来てだいぶ暖かくなって来ました。

今回はコテ先のクリーニングについて書きます。タイトルは某映画っぽくして見ました(笑)

いままでは

Shinya's Studioの中の人は半田ごてのコテ先のクリーニングにはスポンジタイプを使って来ました。まさにこれです。


半田ごてが2本刺さるし、スポンジの真ん中に穴が空いてて便利でしたが、半田ごては温度調節機能付きを買ってから一本で良くなりました。

アンケートして見た

そして最近よく見かけるワイヤータイプのクリーナーも気になって来ました。
そこでtwitterでアンケートを取って見ました。すると以下のような反応が。

sponji.png

期間を長く取ったおかげか53票もいただきました!
スポンジがやはり一番多いものの金属タワシが意外と多かったです!
金属タワシは以下のようなもの。


試しに

ちょっと気になって来たし、新しい時代を生き抜くのに固定概念に縛られてはいけないと思い(大げさだけど)使ってみることにしました!
うちでは、中国で謎な激安半田ごてを買って見た時に一緒について来たタワシ型クリーナーがあったなと思ってまずはそれを使って見ました。

その結果、、
割といいかも!!

メリット

メリットとしてはコテ先が冷めないということがあるそうです。

今までは水を染み込ませたスポンジでクリーニングしてたのでコテ先をクリーニングするたびに冷めていました。しかしタワシ型は金属の冷たさはあるものの、水ほどの冷却機能はないので冷める心配が少ない気がします。

そして個人的には、今までは半田付けをするたびにスポンジを濡らさないといけなかったのですが、タワシ型は不要です!乾燥している時とかエアコンが聞いているとスポンジのことを気にしてましたがその心配もなくなりました。

スポンジ型はハンダのゴミがたまると数日おきに捨ててましたが、その回数も減りそう。
タワシ型のデメリットは今の所なさそうです。

タワシ型はハンダのゴミはどこへ?
タワシ型はハンダのゴミはどこへ行くんだろうと思っていました。

タワシに絡まったら掃除するのめんどくさいな。買い替えかな?と思ってましたが、タワシが入っている容器の下に落ちていました。タワシを容器からどけるとゴミが出て来ます。

ちなみに変えのタワシも激安で売ってます。


ちなみにスポンジはノーブランドだともっと激安の50枚999円で売っています(笑)


タワシへたった?
1ヶ月ほどタワシ型クリーナーを使ってタワシがへたって来た気もします。特によく使っている中央から手前の部分。でもこれは激安半田ごてに付属のやつだからかなとも思いますし、まだ使えなくなったというわけではなさそう。あと数ヶ月は余裕で使えそうだし、一般の人の使用量だと数年は持つ気がします(笑)

というわけで、半田ごてのクリーナーをタワシ型に変えて見た話でした。まだ使ったことのない方は是非!