FC2ブログ

機材や部品の輸入で関税がかかるか?



こんにちは。今回は関税について書こうと思います。

Shinya's Studioは音響機器の製造、販売を行なっています。
なので最近は特に2、3日に1度は海外から部品が届きます。そこで今回は関税について書こうと思います。

関税とは国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される税(wikipediaより)

ということですが、結論から言いますと音響機器や部品には関税はかかったことがないです。

関税がかかるものについては下記を参考にしてみてください。

それでもFedexやUPS、DHL、USPSなど色々な会社から配達された時に数千円の料金を払ったことがあります。送料はすでに払っていたり送料無料のものがあるので送料ではない別の何かです。

他にも後日請求書が届くということもあります。果たしてこれはなんなのかといいますと、請求書にその内容がちゃんと記載されています。

その内容は主に消費税や通関時の手数料となります。

消費税は国によって税率が変わります。日本は10%まで上がって高くなった印象ですがヨーロッパ系は特に20%を超えているところが多いです。

大手の部品屋さん、例えばmouserなど日本の代理店があるところは出国の際に日本の消費税率で消費税をプラスされて発送されますが、小売などは特に消費税を含まずに発送されることが多いです。

その場合は税関で検査をされ商品価格が約20,000円を超えるものに関しては消費税や手数料が発生し請求されます。手数料は200円ほどです。約20,000円という金額に関して詳しく知りたい方は是非調べててください。

ちなみに小売店によっては20,000円のことを気にしてか、小包に添付されている領収書の金額が20,000円以下になっている時があります。なぜだろうなぁ()
消費税などの計算が必要ない場合は通関も早い気がします。

消費税は計算が少し複雑で手元のfedexの請求書には
消費税7.8%
地方消費税 22/78
と書かれています。そして国内でかかる消費税とは異なり、100円以下が切り捨て?になっているようです。

IMG_6706.jpg

一番上に書かれている関税は0になっているのがわかると思います。

UPS、DHL、USPS、Fedexなどはヤマト運輸や西濃など国内の業者が代わりに持ってくることがあります。クレジットカードが使えないことが多く突然もってくるので現金を用意しておく必要があります。。

USPSは100%郵便局が、
Fedexは西濃が、
UPSはUPSかヤマト運輸が、
DHLはDHLか佐川だったかな?

ということで関税はかかりませんが、あとで請求されるものは基本的に消費税となります。
これは国内で購入しても同じなのでしっかり支払ってください(笑)

ちょっとしたProToolsのオフラインバウンスの速度検証



みなさま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

twitterでは割と暇っぽく書き込み多めでやっておりますが、blogは意外と更新できておりません。
今年はblogも多めでいきたいと思います。

さて今回はprotoolsのオフラインバウンスの速度について検証して見ました。
エンジニア仕事では意外と2時間とかのライブものも多く、ラフとかチェックではオフラインでやってますが速いに越したことはありません。

そこでざっくりと検証して見ましたのでメモ程度に残しておきたいと思います。

IMG_5705.jpg
※イメージ

最近mac pro 2019が出て最高500万円とかで話題になっていましたが、あれにするとオフラインバウンスも早くなるのかなと思っていました。
ただ押さえるべきポイントを押さえると今の環境でも速くなったり、ポイントを間違うと500万円mac proでも遅いままだったりすると思い、今回ライブミックス仕事のついでに少し実験して見ました。

環境はスタジオのmac pro 2012(Xeon,メモリ32GBくらい)+HDXだったり、
家のmac mini2012(Core i7 2.6Ghz,メモリ16GB)+Protoolsノーマルだったりします。

速度は意外と家の方が速かったです。スタジオが2,8倍くらいで家が3,3倍くらいでした。
スタジオはmac pro自体にUSB3,0がついておらず拡張PCIでUSB3,0になっています。protoolsのセッションを入れているワークHDDは持ち運びできるようにポータブルのUSB3,0ケース+2,5"HDD 7200rpmなのでUSBの相性なのかなと思います。
またはHDX環境ではHDXで動くプラグインは勝手にAAX HDXに置き換わるのでそこがネックになっている可能性もあります。UADもオフラインバウンスは遅いイメージです。

どちらにせよあまり速い印象ではないので2つに共通しているHDDがネックになっているのではないかと思ってきました。
家で作業するときにMac miniのOSが入っているシステムディスクはSSDなので(mac miniに内蔵)そちらに40GBほどの同じセッションデータを移してみて再度検証するとなんと8倍まで速くなりました。

HDDの時も最初は8倍程度まであがりますが数秒で3倍くらいまで落ちました。
SSDは落ちることがほぼなく7倍くらいの速度で終わりまで行きました。この差は割と大きいと思います。2時間のもので20分以上変わってきます。これを何度か繰り返すと思うと数時間節約になります。

Mac純正のアクティビティモニタというappでCPU使用率も見ていましたがHDDの時は100%前後しかいかず真価を発揮できていない印象(8スレッドなので800%まで行きます)。
SSDにすると300%まで上がりました!

SS20200110.png
アクティビティモニタ

ちなみにマスターにOzone8 advを入れていましたが、オフにするとオフラインバウンス速度は10倍に、ディスクの動作はあまり変わらずCPU使用率は500%まであがりました(笑)
Ozone8自体はディスクではなくメモリに依存しているのかもしれないです。
FG-Xも遅くなる印象です(何に依存しているのかは検証していません)。

今回のセッションはトラック数が60くらいあったのでもう少しすくないと結果が変わってくるのかもしれないですね。

ということで速度を上げたい場合は
○システムに限らずワークもSSDにする(接続も速いやつ、トラック数が多いとなおさら)
○軽めのプラグインを使う。

プラグインが2択でどちらでもいいなんて時は速度を気にしつつ選ぶのもいいかもしれません。普通の5分くらいの曲であればなんでもいいですが、、、
500万円のMacproを買ったところで今回のワークHDDを使ってしまうとあまり意味がなくなってくるかもしれないです。
CPU、メモリ、HDD、どれも最強にするのが一番ですが、状況によってはHDDが重要なんだなと思いました。

できれば60倍くらい目指したいですね!!(笑)

DBXのコンプの違いを整理しておきたい!



ヤフオクでDBXのコンプをよく見るのですが違いがいまいちよくわからないので、よく見るものだけでも整理しておきたいなと思います。

その他は公式をご覧ください。
現行機種
https://dbxpro.com/en/product_families/dynamics-processors
ディスコン機種
https://dbxpro.com/en/discontinued_products

初めからすべて書くのはやる気が持たないので徐々に。。。
希望などありましたらお気軽にコメントなどください。
ちなみに私は166Aというモデルをヤフオクで買って見たのですが、こだわりはありません。。
並び順は年代、型番、種類などを考慮してます。

160 VU COMPRESSOR/LIMITTER
DBX160VU.jpg
1976年発表
wavesでも有名な2Uハーフラックモデル。
スレッショルド、レシオ、アウトプットゲインのみ。

162 STEREO COMPRESSOR/LIMITTER 
2U 2ch
スレッショルド、レシオ、アウトプットゲインをステレオで1つのツマミ。

165A OVER EASY COMPRESSOR/LIMITTER 
2U 1ch

160SL COMPRESSOR LIMITTER
DBX_160SL.jpg
2U2ch Blue 定価50万円弱?
Jensenの出力トランス。専用のVCA「V8」

162SL COMPRESSOR LIMITTER
DBX_162SL.jpg
2U2ch Violet 定価30万円?
Jensenの出力トランス。

160X
1U1ch 定番のコンプ
アタック/リリースなし。GRメーターとレベルメーター独立。
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。
日本版とUS版?がある。メンテした時は電源トランスの違いで日本版の方がノイズが少なかった印象。

160XT COMPRESSOR/LIMITTER
DBX_160XT.jpg
1U1ch
特徴は160Xにほぼ同じ。

160A COMPRESSOR/LIMITTER
dbx_160abb_la.jpg
1U1ch 実売45,000円
特徴は160Xにほぼ同じ。

166
1U2ch

166A COMPRESSOR LIMITTER
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター
OverEasyある。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースなし。

166XL Compressor/Limitter/Gate
DBX_166XL.jpg
1U2ch エキスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 定価 約25,000円
OverEasyあり。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースあり。

166xs Compressor/Limitter/Gate
DBX_166xs.jpg
1U2ch エキスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 実売2万円前後
OverEasyあり。LEDメーター。コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?

262 Compressor/Limitter
1U2ch

266XL Compressor/Gate
DBX_266XL.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、 定価3万円弱?
コンプ部アタック/リリースあり

266xs Compressor/Gate
dbx_266xsdd_la.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ 実売1万円前後
リミッターなし、コンプ部アタック/リリースあり。現行品

1046 Quad Compressor/Limitter
DBX_1046.jpg
4ch コンプ、リミッター 実売6万円前後
OverEasyある。LEDのGRメーターとレベルメーター独立。
コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。

1066 Compressor/Limitter/Gate
DBX_1066.jpg
1U2ch エクスパンダー、ゲート、コンプ、リミッター 実売6万円前後
OverEasyある。LEDのGRメーターとレベルメーター独立。
コンプ部にアタック/リリースあり。現行品?
Jensenのアウトプットトランスオプションがある。

903
DBX900シリーズ規格1ch

560A
DBX_560a.jpg
APIランチボックス規格1ch 実売2万5千円前後
基本的に160Aのランチボックス版。現行品

WavesのプラグインをインストールしたのにDAW側で表示されない時にやってみること



こんにちは。10月なのに今年はまだ暑い日が続きます。

さて、最近twitterをみているとwavesのプラグインをインストールしたにも関わらずDAW側で表示されないというツイートを見かけました。

この手の内容はとりあえず早く解決すればいいのですが、船頭が増えると余計ややこしくなって解決しづらくなります。そこで様子を伺っていましたが、一旦落ち着いたようで解決はしていないように見えました。

というわけでツイートに返信を行いましたが解決しそうにありません。。。
TLで連投になるのも双方フォロワーさんにご迷惑がかかると思いDMをしました(笑)
その結果解決したのですが、いろいろ遠回りをしてしまったので残しておこうと思います。
(長文です、、)

今回の環境は
○Waves V9とV10
○Mac OS
○DAWはProtools
という感じ。それぞれ細かいバージョンはよほど古くない限り特に関係ないかなと思いました。
その他の環境の方はこちらのページを参考程度に別の方法も検討ください。

考えられる原因としては
○Wavesのライセンス系
○Wavesプラグインのインストール系
○V9V10の混在問題系
くらいですが

現状をお聞きすると
ライセンスはUSBメモリに入っていて問題なさそう。
インストールもできてそう。
V9V10問題も対処されていて、しかもV10のみでもだめ。

ということで全て違いました(笑)

ライセンスもインストールも問題なさそうなのにWavesプラグインがProtoolsで1つも表示されないということで、気になったのはWavesをインストールして最初にProtoolsを立ち上げた時に出てくるあれ。

waves1_201910061757302ea.png

基本的にProtoolsのpluginは
MacのOS HDD > ライブラリ > application support > Avid > Audio > plug-ins
の中に入りますが、Wavesはその中にwaveshellというものができあがり(↓)アプリケーションフォルダ内のWavesフォルダにあるプラグインにリンクされます。

waves3_20191006175805624.png

Wavesインストール後のProtoolsの初回起動時にこのリンク先をチェックするのですが、何らかの事情でここがうまく行っていないのではと思いました。

Wavesのプラグインの再インストールなどは既に行っている状況。ここは乗りかかった船。
所詮DMなので「あれはどうですか、これはどうですか」とやり取りすると返ってぐちゃぐちゃになるので一旦やめて自分のどうでもいいMacで実験し、良さそうなら提案してみるという方針に(笑)

原因はおそらく上記で書いたリンクだろう。protoolsの起動時に上の画像(preferences)をもう一回出して設定し直したいのだけどwavesをアンインストール&再インストールしても出てこない。
wavesフォルダを消してもだめ。
キャッシュを掃除する系のアプリをやってもダメ。
画像に書いてあるpreferencesというファイルがあるのでは!とpreferencesでmac内をググってもでてこない。
そこでネットで「waves preferences」でぐぐると何個目かにwaves本家のサイトが。
https://www.waves.com/support/locate-the-waves-plug-ins-folder
なんか今回とは違う話っぽいけどWaves preferencesはここにあるよと書いてある
(finderの移動でライブラリに飛んでその中のpreferencesの中のwaves preferences)
これを一旦どこかに逃してprotools再起動でやっと出てきた!

先ほどの画像のrescanにチェックを入れok。フォルダの場所を聞かれたら指定してやる。
ちなみに先ほどのPlug-insフォルダ内にあるshellの個数分確認されます。
V9系はV9フォルダ、V10系はV10フォルダを指定。

ちなみに場所は
Mac OS HDD > アプリケーション > Wavesの中

waves4.png

こんな感じで、指定するのは赤丸の中のどれか。違ってたら怒られて再度促されるので安心してください(笑)

これで無事リンクができて解決!

分かりづらいところはご連絡ください。
waves preferencesは前述のようにいろいろやっても直接移動しない限り残っていて、最初にミスるとそのまま悪さをするっぽいです。

ちなみに現時点でV9はWaves CentralからオンラインでインストールできないのでWaves本家から全部入りのzipをダウンロードしてWavesCentralのオフラインインストールでzipを選択して必要なものをインストールしてください。
https://www.minet.jp/support/waves/wavesv9-legacy-install/

wavesをインストールして最初にProtools起動時にフォルダ指定するのはもちろんやったことがあるのだけど、再設定はやったことがなかったのでwaves preferencesの存在自体知らないし、その場所も知らなかったため手こずりました。
(mac内検索で出てこないのはシステム領域だからなのかな?)

私自身も勉強になりましたし、上記内容を知っていればもっと早く解決できたなと反省しております、、、

今回、ライセンス周りとか、その他インストールとか、V9V10混在問題などはとくに関係なかったので省きました。ググればでてくるのでそちらは是非ググってください。

アンバラとバランスの接続を考える。



ブログの更新が2ヶ月行われていませんでした(笑)

6月になり暑くなって来たかと思ったら梅雨に入り東京はかなり寒いです。

さて、たまにアンバラとバランスの接続についてお問い合わせがありますので改めて考えてみることにします。

基本的にアンバラとバランスを接続する場合はDIとかそう言った専用のもので変換してから接続することをオススメします。
ラインレベルでも専用の機材があります。

アンバラとバランスでは信号レベルの違いがある場合がありますので変換だけでは歪んだりSNが悪くなったりします。レベルも変換できる機材がオススメです。

さて、インピーダンスもレベルも問題なく、どうしてもケーブルでやりたい場合を考えてみます。
パターンは
アンバラ出力ーバランス入力(トランスバランス)
アンバラ出力ーバランス入力(電子バランス)

バランス出力(トランスバランス)ーアンバラ入力
バランス出力(電子バランス)ーアンバラ入力
の4つ考えられます。

アンバラ側をRCA、バランスをXLRとします。

アンバラ出力の場合は簡単です。
入力がトランス受けだろうと電子バランス受けだろうとRCAはホットとグランド、XLRもホットとグランドを半田付けしコールドはグランドに落としてください。(下図参照)
Balance1.png

電子バランス入力の場合はコールドをグランドに落とさなくてもいいですが入力インピーダンスが高い場合ノイズを拾う可能性があります。トランス入力の場合はグランドからフローティングされている場合があるのでグランドに落としたほうがいいです。

ではバランス出力の場合はどうでしょう。

出力がトランスの場合、信号は基本的にグランドからフローティングされている場合が多いのでコールドをグランドに落としてください。コールドをグランドに落とさないとホットの基準がなくなりうまく伝送されない場合があります。(下図参照)
Balance2.png


出力が電子バランスの場合、信号はグランドを基準に動いています。コールドもホットの逆相で出力されていますのでグランドに落とすと出力がショートした状態になり出力アンプにかなり負荷がかかります。最悪壊れます。イメージ的にはパワーアンプの出力をショートさせる感じでしょうか。
出力のコールドは何も繋がないか、理想を言えばホットと同じ負荷でグランドに落としたいです(1k〜10kΩくらいでしょうか)。(下図参照)
Balance3.png

出力はむやみにグランドに落とすと危険です。
出力に使われるアンプにはオペアンプの場合保護回路が入っているものもありますが、ディスクリートの場合ある程度耐えられるように巨大なヒートシンクが付いているものもあります。

なお、当たり前ですが伝送はいずれもアンバラ伝送になります。長く引回すとノイズを受けやすくなり受けたノイズは最終段まで残ります。

ただ、やはり中の回路による場合がありますので変換できる機材を挟むのが理想です。