FC2ブログ

Plugin Alliance MC77のオススメの使い方



こんにちは。1176系プラグイン研究家のShinya's Studioです(笑)

今日はPlugin Alliance Purple Audio MC77のオススメの使い方をご紹介したいと思います。

普通1176系は信号を入力しインプットを上げていっていい具合にかかったところでアウトを調整するという使い方になると思いますが、それをPlugin Alliance のMC77でやると画像のようになってしまいます。

MC77-1.png

これは1kHzの-16dBFSを入力しインプットをかかる寸前まで上げていき、アウトを-16dBFSになるようにつまみを調整した時の設定です。

アウトプットがかなり絞られた状態で違和感を感じます。

しかしこのMC77にはHEADROOMというつまみがあります。これがいわゆるスレッショルドになるのだと思います。

そこでオススメの手順としては下記になります。

1、inputを「36」にする。

2、アタック、リリース、レシオ、S.C.HPFなどをざっくり決める。

3、ヘッドルームでかかり具合を調整する

4、アウトのボリュームを調整する。

そうすると下記の画像ような状態になります。

MC77-2.png

-16dBFSを入力するとかなりみなれた状態になりました!
HEADROOMは-10dB付近になりましたので今後決め打ちでもいいかもしれません。

トラックの音量によっては各所調整する必要があると思います。

MC77はハードウェアのメンテをしたことがありますが、基本的にはRev.Dと回路は同じなのですが、このプラグインは少しクセが強いように思います。歌とかに使うのは難しいような。。。

クセを出すにはいいかもしれないです!

コメント

非公開コメント